奥村和忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥村 和忠 (おくむら かずただ、慶長8年3月27日1603年5月8日) - 寛永16年10月27日1639年11月22日))は、加賀藩加賀八家奥村家分家の嫡男。

父は加賀藩年寄奥村易英。弟は奥村易貞。正室は成瀬吉正の娘。子は奥村庸礼通称主殿、初名栄之。

生涯[編集]

慶長8年(1603年)3月27日、加賀藩年寄奥村易英の長男として生まれる。元和2年(1616年)、14歳で初めて藩主前田利常に仕える。後、知行1000石を与えられ世子前田光高に仕える。寛永16年(1639年)10月27日、父易英に先立ち京都で死去する。享年37。嫡男庸礼が易英の家督を嫡孫承祖し、1万450石の知行を継いだ。

参考文献[編集]

  • 『加賀藩史稿』
  • 『加能郷土辞彙』