奥村易英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
奥村易英
時代 江戸時代
生誕 元亀2年(1571年
死没 寛永20年12月21日1644年1月30日
改名 又十郎→可郷→栄郷→易英
別名 又十郎、主殿、備後守、因幡守、栄卿
戒名 放光院傑心自英居士[1]
墓所 野田山墓地
主君 前田利家利長利常光高
加賀国加賀藩
氏族 奥村氏
父母 父:奥村永福 
兄弟 栄明易英栄頼
横山長隆の女
和忠、易貞、篠原監物重好室、多賀秀識室、正富(養子、多賀秀識の次男)
テンプレートを表示

奥村 易英(おくむら やすひで)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将前田家の家臣、加賀藩年寄。加賀八家奥村分家初代当主。発給文書で確認される実名は可郷(慶長期)[2]栄郷(元和期)→易英(寛永期)。

生涯[編集]

元亀2年(1571年)、前田氏家家臣・奥村永福の子として誕生。

天正12年(1584年)、佐々成政末森城を攻められた際に父や兄と共に城を守る(末森城の戦い)。その後、1000石の知行を賜り世子、前田利常に仕える。天正18年(1590年)、豊臣氏小田原征伐に出陣し八王子城攻めで戦功を立てる。また、慶長5年(1600年)、大聖寺城攻めで戦功を立て2000石加増される。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に従軍して真田丸の戦闘に参加し、4500石を加増される。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では父・永福と共に金沢城の留守居を務めた。元和2年(1616年)に加賀藩家老となり、前田利次前田利治誕生の際には蟇目役を務めた。また父の死後、遺領3300石を相続している。

寛永20年(1643年)10月光高の江戸出仕の際に、前田貞里と共に金沢城代に任命された(再任)[3]が、同年12月21日に死去、享年73。

家督は嫡男・和忠が先立って死去したため、奥村庸礼が嫡孫承祖した。また外孫の正富も養子となり1000石を賜り、分家して馬廻組となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『野田山 加賀八家墓所調査報告書』P71.
  2. ^ 白山万句奉納の奥村孝行(栄頼)、横山長知横山康玄主催の連歌会に名前が見える。
  3. ^ 『金沢城代と横山家文書の研究』

参考文献[編集]

  • 『金沢城代と横山家文書の研究』「金沢城史料叢書5」石川県教育委員会文化財課金沢城研究調査室編集、2007年
  • 『野田山加賀八家墓所調査報告書』「金沢市文化財紀要280」金沢市、2012年
  • 『加賀藩史稿』