奥村栄同

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

奥村 栄同(おくむら てるあつ、1886年(明治19年)7月5日[1] - 1944年(昭和19年)12月30日[1])は、大正から昭和期の華族男爵)。

経歴[編集]

加賀藩重臣奥村宗家第14代当主奥村栄滋の子として生まれる[1]1923年5月10日、父の死去に伴い男爵を襲爵した[1]

早稲田大学を卒業し金沢市役所に勤務した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻:くら
  • 養子:純松(実弟)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、373頁。
  2. ^ 松村敏 (2010, pp. 218)
  3. ^ 『官報』第358号「叙任及辞令」1928年3月10日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
奥村栄滋
男爵
奥村家(河内守家)第2代
1923年 - 1944年
次代:
奥村純松