奥津城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
奥津城
千葉県
別名 興津城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 佐久間氏
築城年 正嘉2年(1258年)か
主な城主 真里谷氏正木氏
廃城年 天正18年(1590年
遺構 空堀、曲輪、虎口
指定文化財 なし
位置 北緯35度08分44.1秒
東経140度15分02.6秒
地図
奥津城の位置(千葉県内)
奥津城
奥津城

奥津城(おくつじょう)は、上総国夷隅郡興津(現在の千葉県勝浦市興津字要害)にあった城。別名・興津城(おきつじょう)。

概要[編集]

伝承によれば、正嘉2年(1258年)に地元の武士である佐久間氏によって築城されたとされているが、城の実在を確認できるのは戦国時代に入ってからとされる。その後、真里谷氏正木氏の支配下に入った。

正木氏が奥津城を領したのは、天文13年(1544年)ごろとされているが、天正8年(1580年)に正木憲時里見義頼に叛旗を翻したときには、里見軍に攻められて「興津巣城計(すじろばかり)」すなわち城郭部分以外が撃破されて裸の状態になったという(『妙本寺文書』「里見義頼書状」)。その後、天正18年(1590年)の小田原征伐後に廃城になった。

外房地域の主要な湊であった興津から1km北にある丘陵の尾根の上にある。地形的には海に向かって伸びる丘陵の南端に位置しており、標高は約120m、城下があったと推定される北側の集落との高低差は30mほどである。南北400m・東西100mの規模で南側の南北100m・東西50mの方形の主郭が唯一の曲輪となっている。その東側には巨大な土塁が築かれ、北端には虎口を守るための櫓台が設けられた。城の北側には街道が、南側には興津の湊に続く尾根道があり、両者の交通を掌握するのに便があった。

参考文献[編集]

  • 千葉城郭研究会編 『図説 房総の城郭』 国書刊行会、2002年 
  • 川名登編 『図説 房総の城郭』 すべてわかる 戦国大名里見氏の歴史、2000年