奥田仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥田 仁(おくだ ひろし、1948年 - )は、日本経済学者農学博士(北海道大学)・元地方公務員

専門は、地域経済学・ヨーロッパの地域経済と北海道の比較研究。

来歴[1][編集]

北海道厚岸郡浜中町生まれ、2歳より東京都で育つ[2]

1967年東京教育大学付属駒場高等学校卒業。1974年東京都立大学(現 首都大学東京)経済学部卒業。1974年北海道庁農務部に入庁。1977年北海道立総合経済研究所(北海道庁研究機関)研究員。1980年北海道庁経済調査室調査専門員。1987年北海道庁経済調査室主任調査専門員。1992年(平成4年)北海学園大学経済学部助教授に就く。1995年同経済学部教授・同大学院経済研究科教授。2002年北海道大学にて農学博士号を取得。論題名は「地域経済発展と労働市場:転換期の地域と経済」[3]。2004年北海学園大学開発研究所所長。2010年北海学園大学経済学部長。2015年同大学院経済研究科長。2017年北海学園大学定年退職。同名誉教授。同経済学部非常勤講師。

著書[編集]

  • 安井安信ほか編『北海道経済図説』(共同執筆, 北大図書刊行会, 1990年)
  • 大沼盛男ほか編『揺れ動く現代世界の経済政策』(共同執筆, 日本経済評論社, 1995年)
  • 岩崎徹編『農業雇用と地域労働市場』(共同執筆, 北海道大学図書刊行会, 1997年)
  • 『地域経済発展と労働市場 : 転換期の地域と北海道』(日本経済評論社, 2001年)
  • 大沼盛男編『北海道産業史』(共同執筆, 北海道大学図書刊行会, 2002年)
  • 仲村政文ほか編『地域ルネッサンスとネットワーク』(共同執筆, ミネルヴァ書房, 2005年)
  • 神沼公三郎, 佐藤信, 前田憲と共編『北海道北部の地域社会 : 分析と提言』(筑波書房, 2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『北海学園大学経済論集 第64巻第4号』(北海学園大学経済学会、2017年3月)
  2. ^ 北海学園大学経済学部報econ18 私の履歴書
  3. ^ 博士論文データベースによる。