奥田元宋・小由女美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 奥田元宋・小由女美術館
Okuda Genso Sayume
Art Museum
GensoSayume.JPG
奥田元宋・小由女美術館
施設情報
正式名称 奥田元宋・小由女美術館
専門分野 奥田元宋・小由女夫妻の作品
管理運営 公益財団法人 奥田元宋・小由女美術館
建物設計 柳澤孝彦[1]
延床面積 4,891m2
開館 2006年4月15日
所在地 728-0023
広島県三次市東酒屋町453番地6
位置 北緯34度46分35秒 東経132度52分6秒 / 北緯34.77639度 東経132.86833度 / 34.77639; 132.86833座標: 北緯34度46分35秒 東経132度52分6秒 / 北緯34.77639度 東経132.86833度 / 34.77639; 132.86833
公式サイト www.genso-sayume.jp/index2.html
プロジェクト:GLAM

奥田元宋・小由女美術館(おくだげんそうさゆめびじゅつかん)は、広島県三次市の市街地に近い南東部にある美術館2006年(平成18年)4月15日開館。

概要[編集]

奥田元宋小由女夫妻の作品を収集・保管・展示公開し、その業績を広く顕彰すること、および地元ゆかりの芸術家を紹介したり、国内外の優れた美術作品や文化を紹介する特別企画展覧会を実施している[2]。また「市民参加型の美術館」として美術館ボランティア、市内学生の学習支援活動などの協力を得て美術館運営がなされている[2]

日本画作品16点と写生作品4点、人形作品36点の計56点が夫妻から三次市に寄贈され、公開されている。

2015年4月10日には日本郵便と提携し開館10周年を記念した記念切手が販売開始された[3]

常設展示[編集]

2018年7月12日現在の常設展示品は奥田元宋作品が計18点、児玉希望作品3点、三上巴峡4点、奥田小由女17点、奥田元宋・小由女共作1点となっている[4]

企画展[編集]

2018年までにヘレン・シャルフベック[5]など70回ほどの企画展が開催されている[6]

常設展示観覧料[編集]

  • 大人 800円
  • 大学生 400円
  • 高校生以下 無料

団体割引あり[注釈 1]

開館時間・休館日[編集]

開館時間:
9:30 - 17:00[注釈 2]
休館日
毎月第2水曜日、および年末年始[注釈 3]

駐車場[編集]

無料・乗用車:240台/バス:10台

アクセス[編集]

近隣施設[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 特別展・企画展観覧料は別途設定[7]
  2. ^ 入館は閉館時間の30分前まで
  3. ^ その他、臨時に開館・休館する日がある。
出典
  1. ^ TAK建築研究所
  2. ^ a b "奥田元宋・小由女美術館とは". 奥田元宋・小由女美術館. 2018年7月22日閲覧. 
  3. ^ "開館10周年記念 奥田元宋・小由女美術館』の販売開始と贈呈式の開催" (PDF). 日本郵便. 2015年4月10日. 2018年7月22日閲覧. 
  4. ^ "奥田元宋・小由女美術館 平成30年度 第2期常設展 展示室別作品リスト" (PDF). 奥田元宋・小由女美術館. 2018年7月12日. 2018年7月22日閲覧. 
  5. ^ "過去の特別展 ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし". 奥田元宋・小由女美術館. 2015年10月30日. 2018年7月22日閲覧. 
  6. ^ "過去の企画展". 奥田元宋・小由女美術館. 2018年7月22日閲覧. 
  7. ^ 広島観光ナビ