奥田家住宅 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
奥田家住宅
Okuda House,Hirano.jpg
長屋門 (2020年6月)
所在地 大阪府大阪市平野区加美鞍作1丁目8-5
位置 北緯34度37分31.8秒 東経135度33分57.9秒 / 北緯34.625500度 東経135.566083度 / 34.625500; 135.566083座標: 北緯34度37分31.8秒 東経135度33分57.9秒 / 北緯34.625500度 東経135.566083度 / 34.625500; 135.566083
類型 庄屋
形式・構造 入母屋造、茅葺き
敷地面積 約3,300m2
建築年 江戸時代中期
テンプレートを表示

奥田家住宅(おくだけじゅうたく)は、大阪府大阪市平野区加美に所在する歴史的建築物。表門、主屋等が国の重要文化財となっている。

概要[編集]

当家は江戸時代を通じて河内国渋川郡鞍作村の庄屋を務め、周囲10か村の庄屋総代も務めた豪農で、苗字帯刀も許されていたと考えられる。約3300平方メートルという広大な敷地に主屋、表門、乾蔵等が立ち並んでいる。大坂の陣の際に徳川家康が立ち寄り、当家で摂食したという逸話も残る[1]大阪市都市景観資源となっている[2]

文化財[編集]

1969年 (昭和44年) 6月20日、以下が重要文化財に指定された[3]

現地情報[編集]

所在地[編集]

公開[編集]

  • 公開日 – 毎月第4日曜日

交通アクセス[編集]

周辺施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 奥田家住宅奥田邸”. 旅ぐるたび. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 平野区の都市景観資源”. 大阪市. 2020年7月18日閲覧。
  3. ^ 奥田家住宅 主屋 表門 乾蔵 旧綿蔵 納屋 米蔵2棟”. 文化遺産オンライン. 2020年7月18日閲覧。

関連項目[編集]