奥田朋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
奥田 朋子
基本情報
本名 奥田 朋子
(おくだ ともこ)
階級 バンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-04-21) 1983年4月21日(38歳)
出身地 岐阜県各務原市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 12
勝ち 7
KO勝ち 1
敗け 3
引き分け 2
テンプレートを表示

奥田 朋子(おくだ ともこ、1983年4月21日 - )は、日本の女子プロボクサー岐阜県各務原市出身。鶯谷高等学校立命館大学文学部卒業。ミツキボクシングジム所属。第2代日本女子バンタム級王者、第7代OPBF東洋太平洋女子同級王者。第6代WBO女子世界スーパーフライ級王者。

来歴[編集]

高校、大学では柔道部で活躍し、卒業後は高校の保健体育教諭を務める[1]

ある時、怪我のため入院し、その際に井岡一翔の世界タイトルマッチを目にしたのがきっかけで、30歳でボクシングを始めた[2]

2015年4月5日、後の日本・東洋太平洋女子フェザー級王者藤原芽子相手にデビューも、4回KO負け。

12月6日、稲森綾子に判定で初勝利。4連勝まで伸ばす。

2018年8月20日、初の後楽園ホールで日本女子バンタム級王座挑戦者決定戦として若狭与志枝と対戦も判定負け。

2019年9月16日、堺市大浜体育館にて元極真空手世界王者の谷山佳菜子とOPBF東洋太平洋・日本女子バンタム級王座決定戦に挑むが引き分けのため王座はお預け[3]

2020年1月28日、後楽園ホールにて再戦を負傷判定で勝利し2冠獲得[4]

12月13日、エディオンアリーナ大阪第第二競技場にて吉田実代が持つWBO女子世界スーパーフライ級王座に挑み、1回にダウンを奪うも、5回に偶然のバッティングが起こり一旦試合停止、6回で試合続行不可能となるが、3-0の負傷判定で勝利し世界王座奪取に成功[5]

2021年6月29日、後楽園ホールにて初防衛戦として吉田実代とダイレクトリマッチを行うが、1-2判定で王座陥落[6]

戦績[編集]

  • プロ:12戦7勝1KO3敗2分

獲得タイトル[編集]

  • 第2代日本女子バンタム級王座(防衛0=返上)
  • 第7代OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座(防衛0=返上)
  • 第6代WBO女子世界スーパーフライ級王座(防衛0=陥落)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
吉田実代
第2代日本女子バンタム級王者

2020年1月28日 - 12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
谷山佳菜子
空位
前タイトル保持者
吉田実代
第7代OPBF女子東洋太平洋バンタム級王者

2020年1月28日 - 12月(返上)

空位
次タイトル獲得者
N/A
前王者
吉田実代
第5代WBO女子世界スーパーフライ級王者

2020年12月13日 - 2021年6月29日

次王者
吉田実代