奥田継夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

奥田 継夫(おくだ つぐお 1934年10月28日 - )は、日本児童文学作家、評論家、翻訳家。

来歴・人物[編集]

大阪府出身。旧制住吉中学進学、同級生には眉村卓がいた[1]。卒業後、同志社大学文学部国文科進学。在学中に乙骨淑子柴田道子山下明生掛川恭子らと同人誌「こだま」に参加、卒業後に創作活動に専念。

1968年に自らの集団疎開の体験をもとに書いた処女作『ボクちゃんの戦場』にてデビューし、後に映画化された。また『いやしんぼ』は「包丁いっぽん~夢見てますか~」というタイトルで1993年NHKによってテレビドラマ化された(主演・萩原聖人)。

そのほかの作品に『中学時代』、『続いていた青い空』、『夏時間』戦後三部作をはじめ、『少年の時』、『ピースボートの夏』、『この心さわぐ冒険 愛』などの多数の著書・エッセイ・翻訳がある。なお、主要著作は『奥田継夫ベストコレクション』(ポプラ社・全10巻)に収められている。

著書[編集]

創作
  • 『ボクちゃんの戦場』しらいみのる絵 理論社 1969
  • 『中学時代 男女共学第1期生』鈴木琢磨絵 講談社 1973 のち文庫
  • 『日付のないLove Letters』理論社 1974
  • 『かげぼうしがきえるとき』永田力絵 大日本図書 1975
  • 『影ぼうしはどこへ行った?』すばる書房盛光社 1975
  • 『魔法おしえます』米倉斉加年偕成社 1975
  • 『泳ぐ夏休み』東君平絵 アリス館牧新社 1976
  • 『夏時間』山口幸平絵 偕成社 1976
  • 『続いていた青い空』司修PHP研究所 1976
  • 『とりだす魚』長新太, 司修,吉田たろう絵 PHP研究所 1977
  • 『星にいったパイプじいさん』井上洋介絵 ポプラ社 1978
  • 『あまがささかさま』粟津謙太郎絵 編集工房ノア 手のひら文庫 1979
  • 『海の時間のまま』国井節絵 ポプラ社 1979
  • 『はだかんぼうがふたり おとなっていいなあこどもっていいなあ』関屋敏隆絵 サンリード 1979
  • 『おかえりなさいおとうさん』小野千世絵 PHP研究所 1980
  • 『さかな石ゆうれいばなし 楽語』関屋敏隆画 岩崎書店 1980
  • 『さくらさん、おばあさんになる』米倉斉加年絵 冬樹社 1980
  • 『少年の時』山口幸平画 小学館 1981
  • 『そんなことって、ある?』西村繁男絵 サンリード 1981
  • 『ぼうしのなかの女の子ぼうしのなかの男の子』鴨居羊子旺文社 1981
  • 『赤いかささーしてた女の子』遠藤てるよ絵 あかね書房 1982
  • 『いじっぱりっ子なみだっ子』奈良坂智子絵 ポプラ社 1982
  • 『いやしんぼ』田島征三絵 理論社 1982
  • 『イルカのおよぐ日』かみやしん国土社 1982
  • 『おじいちゃんとあくしゅ』かみやしん絵 あかね書房 1982
  • 『かがみよかがみ…』長新太絵 サンリード 1982
  • 『三角の部屋』太田大八ほるぷ出版 1982
  • 『清水一郎のふしぎな話』片山健絵 佑学社 1982
  • 『手品でございます』藤田龍児ほか絵 学校図書 1982
  • 『はいたつされたふしぎなじゅもん』かすや昌宏絵 大日本図書 1982
  • 『おばあちゃんのスイート・ポテト』小沢良吉絵 金の星社 1983
  • 『お母ちゃんお母ちゃーんむかえにきて 集団疎開の絵本』梶山俊夫小峰書店 日本のえほん 1985
  • 『クリスマス急行』小沢摩純絵 ほるぷ出版 1986
  • 『あさ子ちゃん、さようならあさ子ちゃん、こんにちは』梅田俊作絵 岩崎書店 1987
  • 『おかあちゃんきてください』関屋敏隆絵 くもん出版 1987
  • 『くつくつさいた花さいた』奈良坂智子絵 教育画劇 スピカの幼年どうわ 1987
  • 『この心さわぐ冒険、愛』ほるぷ出版 1987
  • 『魔女シャーホ』小沢摩純絵 佼成出版社 1987
  • 『サンドイッチは夢のとき』浜田洋子絵 くもん出版 1989
  • 『はらぺこホットケーキ・ソング』宮崎博和絵 国土社 1989
  • 『ゆめがとびだしたケーキ』小沢摩純絵 佼成出版社 1989
  • 『ヒツジくんのカレー』佐々木麻こ絵 岩崎書店 1992
  • 『先生志願』岩崎書店 ヤング・アダルト文庫 1993
  • 『いのちをうばった神さま』宮崎博和絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『おじいさんの奇妙な旅』磯田和一絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『鬼の子太郎』太田大輔絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『きえていく時間』味戸ケイコ絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『島太郎へんしん』太田大八絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『死んだスーパーマン』久住卓也絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『つりギツネをつった男』二俣英五郎絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『扉をあけるとふしぎな世界』浜田洋子絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『ねずみとかめのふしぎな時間』佐々木麻こ絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 『墓場のあかちゃん』関屋敏隆絵 大日本図書 こわい話ふしぎな話 1994
  • 奥田継夫ベストコレクション」ポプラ社 2001-02
影ぼうしはどこへ行った?
夏時間
中学時代
ボクちゃんの戦場
いやしんぼ
海の時間のまま
この心さわぐ冒険愛
こわい話・ふしぎな話
少年の時
先生志願
  • 『お正月さん』太田大八絵 ポプラ社 絵本の時間 2003
  • 『お父さんのeメール』ポプラ社 2004
  • 『スマトラ愛ストーリー』ポプラ社 2005
  • 『どこでねるの』岩村和朗チャイルド本社 はじめましてのえほん 2007
評論・エッセイ
  • 『絵本部屋にて』編集工房ノア 1978
  • 『子どもが大人になるとき』晶文社 1981
  • 『ティータイムには童話をどうぞ』国土社 1982
  • 『子どもの色、空の色』人文書院 1983
  • 『君たちは性をどう考えるか』筑摩書房 ちくま少年図書館 1984
  • 『かきく毛考さしす世相』北宋社 1986
  • 『酒の肴があれば、呑むことにしよう』編集工房ノア 1986
  • 『ピースボートの夏 ぼくの東南アジア航海記』ほるぷ出版 1988
  • 『映画に出演した少年たち 「ぼくちゃんの戦場」の戦場』ほるぷ出版 1990
  • 『少年の性』大月書店 1990
  • 『世界にも学童疎開があった』日本機関紙出版センター (発売) 1990
  • 『どこかで鬼の話 鬼の本をよみとく』人文書院 1990
  • 『親にも読ませたい子どもの本ガイド』大月書店 国民文庫 1991
  • 『世界映画ライブラリー』全2冊 大月書店 国民文庫 1991-92
  • 『食べて歩いてやっと旅人らしく』三一書房 1998 『五〇歳からの自由旅行』新潮OH!文庫
  • 『シリーズ映画で考える』全3巻 ポプラ社、2001
1『映画で考える学校・家族』
2『映画で考える青春・恋・性』
3『映画で考える戦争』
  • 『浪花のいやしんぼ語源自典』東方出版 2001
  • 『大人も読みたい子どもの絵本』大月書店 2006
  • 『語源で探るユダヤ・キリストの逆コード』彩流社 2006
  • 『魅せられてインド陰陽紀行』彩流社 2009
  • 徐福紀行 魅せられて中国、食彩と歴史空間』彩流社 2012

翻訳[編集]

  • アーノルド・ローベル『いえのなかを外へつれだしたおじいさん』アリス館牧新社 1976
  • ハンス・ピーターソン文 スベン・オットー絵『おじいちゃんにあいに』木村由利子共訳 アリス館牧新社 1976
  • レンナート・ヘルシング文 スベン・オット絵『かぼちゃひこうせんぷっくらこ』木村由利子共訳 アリス館牧新社 1976
  • エドリアン・アダムズ『魔女たちのあさ』アリス館牧新社 1977
  • フランス・ファン・アンローイ文 ヤープ・トウル絵『マリアンの海』アリス館牧新社 1978
  • スベン・オットー『タクシーのすきな犬』木村由利子共訳 評論社 1979
  • ルース・ボーンスタイン『ちいさいちいさいぞうのゆめ・・・です』ほるぷ出版 1979
    • ルース・ボーンスタイン『ちいさないぬのゆめ・・・でした』ほるぷ出版 1981
  • スベン・オットー『ティムとトリーネ』木村由利子共訳 評論社 1979
  • スベン・オットー『マスとミラリク グリーンランドの絵本』木村由利子共訳 評論社 1979
  • スベン・オットー『クリスマスの絵本』木村由利子共訳 評論社 1980
  • グン・ヤコブソン『ペーターの赤ちゃん』ケイコ・コックム共訳 国井節絵 ポプラ社 文学の館 1980
    • グン・ヤコブソン『ペーターと女友達』ケイコ・コックム共訳 国井節絵 ポプラ社 1981
  • マリー・ブランド『三びきのかなしいトロル』木村由利子共訳 岩崎書店 1981
  • ロンゾ・アンダーソン作 エイドリアン・アダムズ絵『魔女たちのパーティ』佑学社 アメリカ創作絵本シリーズ 1981
  • グンネル・リンデ『ママたちとパパたちと』木村由利子共訳 富山房 1981
  • ハンス・ハンセン『リトル・セックス』木村由利子共訳 晶文社 ダウンタウン・ブックス 1981
  • マリー・ブランド『おねぼうニコライ』木村由利子共訳 岩崎書店 1982
  • ニルス・ベルイクヴィスト『結婚ごっこ』木村由利子共訳 晶文社 ダウンタウン・ブックス 1982
  • グンネル・リンデ『ひみつの白い石』木村由利子共訳 富山房 1982
  • フランス・ベアリナー作 フルール・ブロフォス・アスムセン絵『白くまマリヌス』木村由利子共訳 大日本図書 1982
  • ニルス・イェンセン『荒野に生きる詩』木村由利子共訳 鈴木康司画 篠崎書林 1983
  • アンニカ・ホルム作 トーモズ・キッデ絵『誕生日の青い自転車』木村由利子共訳 大日本図書 1984
  • レンナルト・ヘルシング再話 イブ・スパング・オルセン絵『トンチンカンばあさん』ほるぷ出版 1984
  • フランス・ファン・アンローイ文 ヤープ・トウル絵『マリアンの海』アリス館 1986
  • リチャード・スキャリー「スキャリーおじさんのだいすきシリーズ」ブックローン出版
スニッフはたんていだいすき」1989
スモーキーはしょうぼうだいすき」1989
ドクターふうふはびょういんだいすき」1989
ハリーとラリーはりょうしがだいすき」1989
パトリックふうふはおひゃくしょうだいすき』1989
フランシスはしゅうぜんだいすき』1989
  • マイケル・フォアマン『ウォー・ボーイ 少年は最前線の村で大きくなった。』ほるぷ出版 1992
  • リチャード・スキャリー「せかいいち」シリーズ ブックローン出版 1996
せかいいちいそがしいぶたのしょうぼうし
せかいいちおいしいバナナ・スープ
せかいいちさわがしいかばのヒルダさん
せかいいちどじなぶたのフランブルさん
せかいいちはらぺこな3にんぐみ
せかいいちゆかいなとうさんねこのたんじょうび
  • R.スキャリー『スキャリーおじさんのにぎやかなビジータウン』BL出版 1999

脚注[編集]

  1. ^ 『中学時代』(講談社文庫)解説より