奮起湖駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奮起湖駅
ホーム
ホーム
奮起湖車站
フェンチーフー
Fenqihu
所在地 台湾嘉義県竹崎郷中和村奮起湖103号
所属事業者 阿里山森林鉄路林務局
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年10月1日
乗入路線
所属路線 阿里山線
駅番号 369
キロ程 45.8km(嘉義起点)
水社寮 (5.3km)
(5.1km) 多林
テンプレートを表示
奮起湖駅
各種表記
繁体字 奮起湖車站
簡体字 奋起湖车站
拼音 Fènqǐhú chēzhàn
注音符号 ㄈㄣˋ ㄑㄧˇ ㄏㄨˊ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: フェンチーフー チャーヂャン
台湾語白話字 Pùn-ki-ôo Tshia-tsām
日本語漢音読み ふんきこえき
英文 Fenqihu Station
テンプレートを表示
奮起湖弁当

奮起湖駅(ふんきこ-えき,フェンチーフーえき)は、台湾嘉義県竹崎郷にある阿里山森林鉄路阿里山線である。

概要[編集]

駅名は付近の旧称畚箕湖(Pùn-ki-ôo)が由来。「畚箕」と「湖」は閩南語でそれぞれちりとり窪地を意味し、当地周辺の地形と雲や霧に覆われた様子が湖のようにみえることからの命名であり、実際に湖があるわけではない。のちに同音の現在の地名に変えられた。

線内では最大の拠点駅で、標高1,403メートルに位置する。スイッチバックによる上下線列車同士の離合地点であり、かつ蒸気機関車時代はここで機関車の入れ替えや水・石炭の補給が行われていたため、停車時間を長く取っていた。そのため乗員乗客は待ち合わせ時間に街で休息や食事を取るようになり、元来から貨物の集積所であった当駅周辺の集落がより繁栄した。 そして行き交う人々に対して売りだした駅そばが車中での食事用に弁当に発展し、当地の駅弁文化が醸成され「奮起湖弁当奮起湖便當)」となった[1]。 当駅の地名を冠したこの弁当は現在台湾全土のセブンイレブンなどでもおなじみの存在となっている。蒸気時代の奮起湖車庫は現在県指定古跡[2]の車庫園区として退役車両が静態保存されている。

利用可能な鉄道路線[編集]

阿里山森林鉄路
阿里山線 

駅構造[編集]

単式ホーム島式ホーム2面2線の地上駅

画像[編集]

駅周辺[編集]

  • TW CHW169.svg県道169号
  • 奮起湖国家風景区
  • 奮起湖車庫園区
  • セブンイレブン奮起湖門市
  • 嘉義県阿里山鉄道文化協会
  • 台湾電力奮起湖営業所
  • 奮起湖大飯店
  • 奮起湖老街
  • 奮起湖老街大飯店
  • 嘉義県立中和国小
  • 阿良鉄支路弁当
  • 奮起湖登山食堂弁当
  • 八掌渓

バス[編集]

最寄り停留所は《奮起湖終点站》

系統 事業者 区間 備考
7302 嘉義県公共汽車管理処 嘉義 - 奮起湖
7322 嘉義県公共汽車管理処 嘉義 - 阿里山 台湾好行奮起湖石棹阿里山(B1)線。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阿里山森林鉄路
阿里山線
水社寮駅 - 奮起湖駅 - 多林駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (繁体字中国語)奮起湖便當(奮起湖大飯店)
  2. ^ (日本語)県定古跡・奮起湖車庫(嘉義県文化観光局)
  3. ^ (繁体字中国語)府文資字第0980037450號(中華民国国家文化資産資料庫)
  4. ^ (繁体字中国語)阿里山小火車復駛!過年前搶開 竹崎到奮起湖首航2014年1月26日 Nownews(今日新聞)
  5. ^ 台湾・阿里山森林鉄道の竹崎-奮起湖間、4年ぶりに運転再開へ 2014年1月27日 フォーカス台湾
  6. ^ (繁体字中国語)通過臨檢 阿里山森鐵復駛至十字路站 2017年6月5日 大紀元
  7. ^ (繁体字中国語)森鐵郵輪行程阿里山森林鉄路公式
  8. ^ 阿里山森林鉄道、スイッチバックが楽しめるクルーズ列車を運行/台湾 2017年6月8日 フォーカス台湾