女の顔 (石坂洋次郎の小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

女の顔』(おんなのかお)は、石坂洋次郎による小説。これを原作とした映画・テレビドラマが多数製作されている。

小説[編集]

映画[編集]

1949年11月28日公開。東京映画配給(現在の東映)配給。

キャスト[編集]

すべてキネマ旬報社出典の作品データからの参考[1]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

1961年10月21日(土曜) 20:30 - 21:29 (日本標準時)にNHK総合テレビの『テレビ指定席』枠で放送[2]。全1話。

キャスト[編集]

すべて日本放送協会がNHKクロニクルで公開している番組データからの参考[2]

スタッフ[編集]

すべて日本放送協会がNHKクロニクルで公開している番組データからの参考[2]

1964年版[編集]

1964年5月20日にフジテレビの『一千万人の劇場』枠で放送。

キャスト[編集]

すべてテレビドラマデータベースからの参考[3]

1966年版[編集]

1966年5月2日から同年7月29日まで東海テレビの15分昼ドラマ枠で放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1968年版[編集]

1968年6月2日にTBSの『東芝日曜劇場』枠で放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1976年版[編集]

石坂洋次郎シリーズ 女の顔』のタイトルで、1976年4月19日から同年4月30日までNHK総合テレビの『銀河テレビ小説』枠で放送[4][5]。全10話。放送時間は毎週月曜 - 金曜 21:40 - 22:00 (日本標準時)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 女の顔(1949)”. Movie Walker. 2019年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c テレビ指定席 「女の顔」”. 日本放送協会 (1961年10月21日). 2019年2月26日閲覧。
  3. ^ 女の顔”. テレビドラマデータベース. 2019年2月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 女の顔 (1) 〜石坂洋次郎シリーズ〜 ―銀河テレビ小説―”. 日本放送協会 (1976年4月19日). 2019年2月26日閲覧。
  5. ^ 女の顔 (10) <最終回> 〜石坂洋次郎シリーズ〜 ―銀河テレビ小説―”. 日本放送協会 (1976年4月30日). 2019年2月26日閲覧。
フジテレビ系列 東海テレビ制作昼の帯ドラマ
前番組 番組名 次番組
午後の微笑
(1966年1月31日 - 1966年4月29日)
女の顔
(1966年5月2日 - 1966年7月29日)
愛しの太陽
(1966年8月1日 - 1966年10月28日)
NHK総合テレビ 銀河テレビ小説
石坂洋次郎シリーズ 乳母車
(1976年4月12日 - 1976年4月16日)
石坂洋次郎シリーズ 女の顔
(1976年4月19日 - 1976年4月30日)
石坂洋次郎シリーズ 居酒屋
(1976年5月3日 - 1976年5月28日)