女体の神秘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女体の神秘
Helga
監督 エリック・F・ベンデル
出演者 ルート・ガスマン
撮影 クラウス・ベルナー
フリッツ・ベーダー
配給 東京第一フィルム
公開 西ドイツの旗 1967年9月22日
日本の旗 1968年3月19日
上映時間 77分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
配給収入 2億1080万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

女体の神秘』(にょたいのしんぴ、原題:Helga)は、1967年の西ドイツドキュメンタリー映画である。

タイトルどおり女性の身体の神秘を捉えた内容であり、マイクロレンズで胎児をとらえた映像が話題となった。素人女性であるヘルガという女性の身体を通して妊娠の仕組み、構造、出産、家族計画、性知識、避妊に至るまで網羅した性科学映画ブームの火付け役になった作品であり、医学的観点から見た至って真面目で少々堅い内容の映画であった。

なお、1982年にはリバイバル公開もされた。リバイバル時のタイトルは『受精から出産まで女体の神秘

スタッフ[編集]

  • 監督:エリック・F・ベンデル
  • 撮影:クラウス・ヴェルナー、フリッツ・ベーダー
  • 特殊マイクロ・カメラ担当:エルウィン・ブルチック博士

協力

  • ヴォルフガング・フリッチェ博士(西ドイツ保健教育中央研究所長)
  • ゲルハルト・デーリング博士(ミュンヘン産婦人科病院)

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)251頁

関連項目[編集]