女化町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 茨城県 > 牛久市 > 女化町
女化町
女化町の位置(茨城県内)
女化町
女化町
女化町の位置
北緯35度56分51.97秒 東経140度10分22.93秒 / 北緯35.9477694度 東経140.1730361度 / 35.9477694; 140.1730361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
市町村 Flag of Ushiku Ibaraki.JPG 牛久市
人口
2017年(平成29年)8月1日現在)[1]
 • 合計 867人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
300-1214
市外局番 029[2]
ナンバープレート 土浦

女化町(おなばけちょう)は、茨城県牛久市町名郵便番号300-1214。

地理[編集]

牛久市南部に位置する。北で結束町、北東で上太田町、東で龍ケ崎市貝原塚町、南で柏田町の飛地、西で龍ケ崎市若柴町、北西でさくら台と隣接する。南に隣接して竜ヶ崎ニュータウンが出来るなど、周辺は宅地化が進んでいる。

標高25m前後の稲敷台地上にあり、かつて女化原という広大な原野だった[3]。明治初期に津田出が開拓し、この開拓によって、燕麦、小麦、落花生などが栽培されるようになり、女化原の多くが農地とされ維持されていった[3]。現在も、落花生は女化町の主要農産物のひとつになっている。

歴史[編集]

元は荒涼とした草原地帯だった。

1878年(明治11年)に和歌山県出身の士族である津田出により、大規模農場経営の第七農場として開発が始まった。津田は入植者を募り、この地で大規模な洋式大農法経営を始めた[3]。 後に経営は破綻し、土地は日本全国からの入植者に払い下げられた。

地名の由来[編集]

女化の地名は、キツネが女に化けたという民間伝承の「狐の嫁入り」から付けられたとの説がある。『利根川図志』の巻五・栗林義長傳などにも「おなばけ」の記述がある。創建は16世紀初頭とみられる女化神社祭神保食命)は女化町に囲まれた龍ケ崎市の飛地で、龍ケ崎市馴馬町女化になっている。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
女化町 351世帯 867人

交通[編集]

施設[編集]

  • 牛久市総合福祉センター
  • 牛久市在宅介護支援センター
  • 牛久市女化青年研修所
  • 女化区民会館

史跡[編集]

  • 女化稲荷神社 - 龍ケ崎市の女化神社の北側約700mにあたる。
  • 明治天皇行在所記念碑 - 明治17年の明治天皇女化原行幸の記念碑。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口(町名別・行政区別・年齢別人口等)”. 牛久市 (2017年8月7日). 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ a b c 小野寺敦 監修 『茨城「地理・地名・地図」の謎』 (2014, pp. 24-26)

参考文献[編集]

  • 小野寺敦 監修「地名と方言にまつわる不思議にせまる」『茨城「地理・地名・地図」の謎』実業之日本社〈じっぴコンパクト新書〉、2014年、初版、pp.24-26。ISBN 978-4-408-45517-4。