女子教育奨励会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

女子教育奨励会(じょしきょういくしょうれいかい)は、「日本の貴婦人に欧米諸国の貴婦人と同等なる佳良の教化及び家事の訓練を受けさせる」ことを目的に1887年明治20年)に設立された団体[1]学校法人東京女学館の母体となった組織である。

概要[編集]

創立委員長は、内閣総理大臣であった伊藤博文帝国大学教授の外山正一の、欧米人に見劣りしないために日本人女性に対する高度な教育が必要という意見に、伊藤のほか、渋沢栄一岩崎弥之助ら実業界の著名人からも賛同が示され、本会が発足した[1]

1888年、女子教育奨励会は「諸外国の人々と対等に交際できる国際性を備えた、知性豊かな気品ある女性の育成」を目指して東京女学館を開校した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 沿革 - 学校法人東京女学館