女子相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

女子相撲(じょしすもう)は、1996年に誕生した女子が行うアマチュア相撲競技である。新相撲ともいわれる。

概要[編集]

相撲を世界のスポーツとするためにオリンピックの正式競技にすることを目標にしている公益財団法人日本相撲連盟が、オリンピック競技となるには女子での普及実績が重要なため、女子相撲の普及促進を目指すこととした。しかしながら女子が相撲を行うことに抵抗感[1]がある人が日本には多いこともあり、これを「新相撲」と名づけ、相撲とは違う競技かの様に装い、1996年に連盟の加盟団体として日本新相撲連盟(後の日本女子相撲連盟)を発足させた。

1996年に大阪で第1回全国新相撲選手権大会が行われたのが日本における新相撲の全国大会の最初で、以降第2回と第3回は1月に、それ以降は第11回まで毎年9月に、第12回は10月に大阪府堺市で全国大会が開催された。これ以降は全国での持ち回り開催へ移行し、第13回は静岡県、第14回は富山県、第15回は大阪府堺市に戻り、第16回は愛媛県、第17回は佐賀県、第18回は兵庫県で開催された。なお、2007年開催の第12回大会から名称が「全日本女子相撲選手権大会」に変更されており、それ以降は競技自体も「女子相撲」と呼称される。また女子相撲は日本より、むしろ海外の方で熱心に行われており、特にヨーロッパにおいて盛んである。1999年にはドイツで初めての国際大会が開催された。現在では毎年秋に世界女子相撲選手権大会(旧名:世界新相撲選手権大会)が開催されており、ワールドゲームズ相撲競技にも採用されている。

ルール等[編集]

競技ルールは、基本的に男子が行う相撲と同一であるが、ぶちかましや顔への突っ張り張り手)などが禁止されている。服装は、裸体に廻しのみと言うわけではなく、廻しが一体となったグラップリングパンツレオタードを組み合わせた競技服を着用する。

競技場は、土の土俵ではなく、体操用マットウレタンなどで出来たを取り付けた相撲専用マット(土俵マット)で行われるのが一般的であったが、前述の世界大会や、ヨーロッパの大会、 また日本国内でも近年は土の土俵で行われるようになっている。

著名な選手[編集]

  • 野崎舞夏星

脚注[編集]

  1. ^ 『相撲』2014年2月号108頁から110頁の記述には立命館大学相撲部女子部員の山中未久の証言が掲載されており、概して「高校時代には相撲をやっていることを話すと嫌な顔をされた。立命館大学相撲部に入部した当初は女子部員と相撲の稽古をしたことがないものも多く、初めは戸惑うものも多かった。」という内容であった。

関連項目[編集]