女性の敵 (1923年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
女性の敵
Enemies of Women
監督 アラン・クロスランド
脚本 John Lynch (scenario)
原作 ビセンテ・ブラスコ・イバニェス
Los enemigos de la mujer』(Enemies of Women)
製作 コスモポリタン・プロダクション
出演者 アルマ・ルーベンス
ライオネル・バリモア
ペドロ・デ・コルドバ
音楽 William Frederick Peters
撮影 Ira H. Morgan
配給 ゴールドウィン・ピクチャーズ
公開
  • 1923年4月15日 (1923-04-15)
上映時間 105 min
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示

女性の敵』(じょせいのてき、Enemies of Women)は、1923年に制作されたアメリカ合衆国サイレント映画で、アラン・クロスランドが監督し、ライオネル・バリモアアルマ・ルーベンス、グラディス・ヒューレット (Gladys Hulette)、ペドロ・デ・コルドバ (Pedro de Cordoba)、ポール・パンザー (Paul Panzer) らが出演した恋愛映画。制作はウィリアム・ランドルフ・ハーストが、所有するコスモポリタン・プロダクション (Cosmopolitan Productions) を通して行なった。この映画には、当時まだ無名だったクララ・ボウやマーガレット・デュモント (Margaret Dumont) もクレジットされていない端役で出演している。

この映画は、ビセンテ・ブラスコ・イバニェスの同名の小説『Los enemigos de la mujer』に基づいた作品である。

アメリカ議会図書館が所蔵するこの映画のプリントは、不完全なものだと考えられている[1]。全11巻のうち、第3巻と第9巻は失われている[2]

キャスト[編集]

  • ライオネル・バリモア - ルビモフ公爵 (Prince Lubimoff)
  • アルマ・ルーベンス - アリシア (Alicia)
  • ペドロ・デ・コルドバ (Pedro de Cordoba) - アティリオ・カストロ (Atilio Castro)
  • ギャレス・ヒューズ (Gareth Hughes) - スパドーニ (Spadoni)
  • グラディス・ヒューレット (Gladys Hulette) - ヴィットリア (Vittoria)
  • ウィリアム・H・トンプソン (William H. Thompson) - マルコス大佐 (Colonel Marcos)
  • ウィリアム・コリアー・ジュニア (William Collier, Jr. - ガストン (Gaston)
  • マリオ・マジェローニ (Mario Majeroni - ドドリール公爵 (Duke DeDelille)
  • ベティー・ボウトン (Betty Bouton - アリシアの侍女
  • ジャンヌ・ブランドー (Jeanne Brindeau - スパドーニ夫人 (Madame Spadoni)
  • アイヴァン・リノウ (Ivan Linow) - テロリスト
  • ポール・パンザー (Paul Panzer) - コサック士官
  • クララ・ボウ - テーブルの踊り子(クレジットなし)
  • マーガレット・デュモント - フランス人の美人(クレジットなし)

脚注[編集]

関連項目[編集]