女流最強戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京精密杯女流プロ最強戦(じょりゅうさいきょうせん)は、囲碁女流棋士による棋戦。主催の東京精密が棋戦を行う余裕がなくなったことにより、2008年(第10期)を持って終了し、10期優勝者は、優勝決定から1年後の2009年8月25日まで女流最強位を名乗れた。

  • 主催 東京精密日本棋院
  • 特別協賛 碁ワールド(日本棋院発行)
  • 優勝賞金 450万円(2008年終了時)

方式[編集]

  • 第9期まで32名、第10期のみ16名のトーナメント方式で争われた。
  • コミは、第四期まで5目半、第五期以降は6目半。
  • 第9期まで持時間は各30分、使い切ってから1分の秒読み式。第10期のみ各1時間、使い切ってからの1分の秒読み式。
  • 決勝戦は第9期まで一番勝負、第10期のみ三番勝負。

歴代優勝者[編集]

左が優勝者

  1. 1999年 新海洋子 - 矢代久美子
  2. 2000年 加藤朋子 - 青木喜久代
  3. 2001年 青木喜久代 - 吉田美香
  4. 2002年 岡田結美子 - 梅沢由香里
  5. 2003年 鈴木歩 - 中澤彩子
  6. 2004年 新海洋子 - 岡田結美子
  7. 2005年 小林泉美 - 小西和子
  8. 2006年 謝依旻 - 小西和子
  9. 2007年 鈴木歩 - 青木喜久代
  10. 2008年 加藤啓子 2 - 0 謝依旻

記録[編集]

  • 最多優勝 新海洋子・鈴木步 2回
  • 最年少優勝 謝依旻 17歳1ヶ月(第8期女流最強戦)☆女流棋士史上最年少タイトル獲得記録(2014年、会津中央病院杯で藤沢里菜が更新)