女王のレースのハンカチーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

女王のレースのハンカチーフ』(ドイツ語: Das spitzentuch der Königin)は、ヨハン・シュトラウス2世が作曲した全3幕のオペレッタである。

初演[編集]

1880年10月1日アン・デア・ウィーン劇場で初演された。

  • 指揮:ヨハン・シュトラウス2世
  • 監督:フランツ・シュタイナー

構成[編集]

  • 序曲
  • 第1幕
  • 第2幕
  • 第3幕

登場人物[編集]

  • セバスティアン王
  • マリア王妃
  • ドンナ・イレーナ
  • ヴィラレアル侯爵夫人
  • セルバンテス
  • ヴィラロボス・ロドリゲス伯爵
  • ドン・サンチョ
  • ラ・マンチャ・ヴィラレアル侯爵
  • 大臣
  • 女官
  • ブラジル大使
  • その他 宮廷関係者など多数

近年の上演状況[編集]

1935年ミュンヘンのゲルトナープラッツ劇場で上演されて以来、まったく上演されていなかったが、2006年にドイツのコーブルク劇場で、演奏会形式ではあるが実に71年ぶりに演奏された。2008年5月ドイツ、ケルンのフィルハーモニーで上演され、CD化もなされている。