女王陛下のお気に入りの受賞とノミネートの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
女王陛下のお気に入り』の受賞とノミネートの一覧
オリヴィア・コールマンエマ・ストーンレイチェル・ワイズの3人は演技が絶賛され、多くの受賞・ノミネートを受けた。
受賞とノミネート総数
総数 115 247

女王陛下のお気に入り』(The Favourite)は、2018年合作の歴史コメディドラマ映画。監督はヨルゴス・ランティモス。脚本はデボラ・デイヴィスとトニー・マクナマラ英語版。主演はオリヴィア・コールマン。共演はエマ・ストーンレイチェル・ワイズニコラス・ホルトジョー・アルウィン英語版ジェームズ・スミス英語版マーク・ゲイティスら。話は18世紀初頭のイギリスの王宮を舞台に、スペイン継承戦争下、女王のアン (オリヴィア・コールマン)のお気に入りになるために現側近のレディ・サラ (レイチェル・ワイズ)と、サラの従妹のアビゲイル・メイシャム (エマ・ストーン)が激しい闘争を繰り広げるというものである。

本作は2018年8月30日の第75回ヴェネツィア国際映画祭で世界初上映され、審査員大賞女優賞(コールマン)を受賞した。アメリカではフォックス・サーチライト・ピクチャーズによって、2018年11月23日に公開された[1][2]。一館あたりの平均オープニング興収は10万5603ドルとなり、その年最高の平均オープニング興収を叩き出した[3]。製作費は1500万ドルだが、興収は5310万ドルを超え、興行的に成功した。さらに、批評家からも絶賛を受け、特に脚本と演出、撮影、衣装デザイン、音楽、そして、主演3人(コールマン、ストーン、ワイズ)の演技が絶賛された。Rotten Tomatoesでは、344個の批評家レビューのうち94%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.5点となった[4]MetacriticではMetascoreが53個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中90点となり、サイトは本作の評価を「世界的な絶賛」と示し、[5]。2018年のMetacriticで12番目に評価の高い作品となった[6]

本作は英国インディペンデント映画賞でその年最多となる13部門でノミネートに挙がり、作品賞を含む10部門を受賞した[7][8][9]第72回英国アカデミー賞でもその年最多の12部門でノミネートされ、7部門を受賞した[10]第91回アカデミー賞では『ROMA/ローマ』と共に、その年最多タイとなる10部門にノミネートされ[11]第76回ゴールデングローブ賞では5部門にノミネートされた。オリヴィア・コールマンはアカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴールデングローブ賞で主演女優賞を受賞した。

受賞とノミネート[編集]

日付 部門 対象 結果 出典
オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞 2019年1月4日 監督賞 (国際部門) ヨルゴス・ランティモス ノミネート [12]
[13]
脚本賞 (国際部門) デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ英語版 受賞
主演女優賞 (国際部門) オリヴィア・コールマン 受賞
大人のための映画賞 2019年2月4日 脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート [14]
アカデミー賞 2019年2月24日 作品賞 セシ・デンプシー、エド・ギニー英語版、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス ノミネート [15]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル[注釈 1] ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞英語版 2018年12月11日 作品賞トップ10 女王陛下のお気に入り 8位 [16]
女性映画ジャーナリスト同盟賞英語版 2019年1月9日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [17]
[18]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブルキャスト - キャスティング賞 ディクシー・チャセイ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
女性脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
勇気ある演技賞 オリヴィア・コールマン 受賞
アメリカ映画編集者協会賞 2019年2月1日 編集賞 (ミュージカル・コメディ部門) ヨルゴス・マヴロプサリディス 受賞 [19]
[20]
AFI賞 2019年1月4日 トップ10 『女王陛下のお気に入り』 受賞 [21]
[22]
全米撮影監督協会賞 2019年2月9日 撮影賞 (劇場公開映画部門) ロビー・ライアン ノミネート [23]
全米美術監督組合賞 2019年2月2日 美術賞 (歴史映画部門) フィオナ・クロンビー 受賞 [24]
[25]
オースティン映画批評家協会賞 2019年1月7日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [26]
[27]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
作品賞トップ10 『女王陛下のお気に入り』 3位
ボストン映画批評家協会賞 2018年12月16日 監督賞 ヨルゴス・ランティモス 次点 [28]
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 次点
英国アカデミー賞 2019年2月10日 作品賞 セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス ノミネート [29]
[30]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
英国作品賞 セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス、デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
美術賞 フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン 受賞
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル[注釈 1] 受賞
メイクアップ&ヘア賞 ナディア・ステイシー 受賞
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
BFI賞 2018年12月11日 『Sight & Sounds』誌が選ぶ今年最高の映画ランキング 『女王陛下のお気に入り』 7位[注釈 2] [31]
英国インディペンデント映画賞 2018年12月2日 作品賞 ヨルゴス・ランティモス、デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ、セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ 受賞 [32]
[33]
[34]
[35]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス 受賞
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ 受賞
キャスティング賞 ディクシー・チャセイ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン 受賞
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル 受賞
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
メイクアップ&ヘアデザイン賞 ナディア・ステイシー 受賞
美術賞 フィオナ・クロンビー 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
音響賞 ジョニー・バーン ノミネート
Camerimage英語版 2018年11月17日 金蛙賞 ロビー・ライアン ノミネート [36]
[37]
観客賞 ロビー・ライアン 受賞
Chéries-Chéris英語版 2018年11月17日 グランプリ 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [38]
[39]
[40]
特別賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
シカゴ映画批評家協会賞 2018年12月8日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [41]
[42]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
助演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
美術賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
コーク映画祭英語版 2018年11月18日 Spirit of the Festival Award 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [43]
衣裳デザイナー組合賞英語版 2019年2月19日 衣装デザイン賞 (歴史映画部門) サンディ・パウエル[注釈 1] 受賞 [44]
放送映画批評家協会賞 2019年1月13日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [45]
[46]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル[注釈 1] ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
コメディ映画賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
コメディ女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 2018年12月17日 作品賞トップ10 『女王陛下のお気に入り』 3位 [47]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン 2位
レイチェル・ワイズ} 3位
監督賞 ヨルゴス・ランティモス 3位
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン 2位
デトロイト映画批評家協会賞 2018年12月3日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート [48]
[49]
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
ドリアン賞英語版 2019年1月12日 今年の映画 『女王陛下のお気に入り』 受賞 [50]
[51]
今年の監督 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
今年の映画演技 - 女優 オリヴィア・コールマン 受賞
今年の映画助演演技 - 女優 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
今年のLGBTQ映画 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
今年の脚本 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
Visually Striking Film of the Year 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
ヘント国際映画祭英語版 2018年10月19日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [52]
[53]
フロリダ映画批評家協会賞 2018年12月21日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞 [54]
[55]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
ジョージア映画批評家協会賞英語版 2019年1月12日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [56]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン 受賞
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン 受賞
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
ヒホン国際映画祭 2018年11月24日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [57]
[58]
女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
ゴールド・ダービー賞英語版 2019年2月20日 作品賞 セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス ノミネート [59]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
アンサンブル演技賞 ジョー・アルウィン英語版オリヴィア・コールマンマーク・ゲイティスニコラス・ホルト、ジェニー・レインズフォールド、ジェームズ・スミス英語版エマ・ストーンレイチェル・ワイズ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル[注釈 1] ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
メイクアップ/ヘア賞 ナディア・ステイシー ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー ノミネート
ゴールデングローブ賞 2019年1月6日 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [60]
[61]
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
ゴールデン・トマト賞 2019年1月11日 ベスト・レビューコメディ映画賞 『女王陛下のお気に入り』 2位 [62]
2019年1月25日 ファンが選ぶ2018年の最高の映画 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [63]
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2018年11月26日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [64]
[65]
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
特別賞 オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ 受賞
観客賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
ハリウッド映画賞 2018年11月4日 助演女優賞 レイチェル・ワイズ 受賞?[注釈 3] [68]
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル 受賞
ヒューストン映画批評家協会賞 2019年1月3日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞 [69]
[70]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
インディペンデント・スピリット賞 2019年2月23日 外国映画賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート [71]
インディワイア批評家投票英語版 2018年12月17日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 4位 [72]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス 4位
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン 3位
レイチェル・ワイズ 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン 5位
国際シネフィル賞英語版 2019年2月3日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 11位 [73]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 レイチェル・ワイズ 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
ラ・ロッシュ=シュル=ヨン映画祭英語版 2018年10月21日 特別賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞[注釈 4] [74]
[75]
ロンドン映画批評家協会賞 2019年1月20日 今年の映画 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [76]
[77]
今年の英国映画 『女王陛下のお気に入り』 受賞
今年の監督 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
今年の脚本 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
今年の女優 オリヴィア・コールマン 受賞
今年の助演女優 レイチェル・ワイズ 受賞
今年の英国女優 オリヴィア・コールマン ノミネート
レイチェル・ワイズ[注釈 5] ノミネート
ブレイクスルー英国映画製作者 デボラ・デイヴィス ノミネート
今年の視覚的業績 フィオナ・クロンビー ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2018年12月9日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞 [78]
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 2位
美術賞 フィオナ・クロンビー 2位
Motion Picture Sound Editors英語版 2019年2月17日 長編映画 – 対話部門 ジョニー・バーン ノミネート [79]
長編映画 - 効果部門 ジョニー・バーン ノミネート
全米映画批評家協会賞 2019年1月5日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞 [80]
[81]
助演女優賞 エマ・ストーン 3位
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 3位
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2018年12月9日 脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞 [82]
[83]
アンサンブル・キャスト賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
作品賞トップ10 『女王陛下のお気に入り』 受賞
ネバダ映画批評家協会賞 2018年12月19日 助演女優賞 レイチェル・ワイズ 受賞 [84]
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
美術賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
オンライン映画批評家協会賞 2019年1月2日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 5位 [85]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
パームスプリングス国際映画祭 2019年1月3日 Desert Palm Achievement Award オリヴィア・コールマン 受賞 [86]
[87]
全米製作者組合賞 2019年1月19日 作品賞 セシ・デンプシー、エド・ギニー、リー・マジデイ、ヨルゴス・ランティモス ノミネート [88]
[89]
サンディエゴ映画批評家協会賞 2018年12月10日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [90]
[91]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル 受賞
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー 受賞
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 2位
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2018年12月9日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [92]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
サテライト賞 2019年12月17日 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [93]
[94]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) オリヴィア・コールマン 受賞
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー ノミネート
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル 受賞
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
全米映画俳優組合賞 2019年1月27日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート [95]
[96]
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
シアトル映画批評家協会賞英語版 17 December 2018 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [97]
[98]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブル・キャスト賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
衣装デザイン賞 サンディ・パウエル[注釈 1] ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン 受賞
セントルイス映画批評家協会賞 2018年12月17日 監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート [99]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン 次点
レイチェル・ワイズ ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 次点
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
美術賞 フィオナ・クロンビー 次点
コメディ映画賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
テルライド映画祭 2018年9月3日 銀賞 エマ・ストーン 受賞 [100]
トロント映画批評家協会賞 2018年12月10日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞 [101]
助演女優賞 エマ・ストーン 次点
レイチェル・ワイズ 次点
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞[注釈 6]
ユタ映画批評家協会賞 2018年12月17日 主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞 [102]
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 次点
バンクーバー映画批評家協会賞英語版 2018年12月17日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [103]
[104]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞[注釈 7]
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ 受賞
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ ノミネート
ヴェネツィア国際映画祭 2018年9月8日 金獅子賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [105]
[106]
[107]
審査員大賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
クィア獅子賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート
女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 2018年12月3日 作品賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート [108]
監督賞 ヨルゴス・ランティモス ノミネート
主演女優賞 オリヴィア・コールマン ノミネート
助演女優賞 エマ・ストーン ノミネート
レイチェル・ワイズ ノミネート
アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞
撮影賞 ロビー・ライアン ノミネート
編集賞 ヨルゴス・マヴロプサリディス ノミネート
脚本賞 デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ 受賞
美術賞 フィオナ・クロンビー ノミネート
女性映画批評家協会賞英語版 2018年12月15日 女性映画賞 『女王陛下のお気に入り』 受賞 [109]
[110]
主演女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
コメディ女優賞 オリヴィア・コールマン 受賞
女性の作品 / アンサンブル演技賞 『女王陛下のお気に入り』 ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f パウエルが衣装を手掛けた『メリー・ポピンズ リターンズ』とのWノミネート。
  2. ^ ビューティフル・デイ』とのタイ受賞。
  3. ^ ワイズは2018年10月11日に、ハリウッド映画賞助演女優賞を受賞すると発表された[66][67]。だが、最終的な受賞者リストの中に、ワイズの名前は無かった[68]
  4. ^ Profile』とのタイ受賞
  5. ^ Disobedience』の演技との共同ノミネート。
  6. ^ 魂のゆくえ』のポール・シュレイダーとのタイ受賞。
  7. ^ ある女流作家の罪と罰』のメリッサ・マッカーシーと『Support the Girls』のレジーナ・ホールとのタイ受賞。

出典[編集]

  1. ^ Anderson, Ariston (2018年7月25日). “Venice to Kick Off Awards Season With New Films From Coen Brothers, Luca Guadagnino and Alfonso Cuaron”. The Hollywood Reporter. 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ Vivarelli, Nick (2018年7月25日). “Venice Film Festival Lineup: Heavy on Award Hopefuls, Netflix and Star Power”. Variety. 2018年7月25日閲覧。
  3. ^ Brooks, Brian (2018年11月25日). “'The Favourite' Reigns With Year's Highest Opening Average; Palme d'Or Winner 'Shoplifters' Solid: Specialty Box Office”. Deadline Hollywood. 2018年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月17日閲覧。
  4. ^ The Favourite (2018)”. Rotten Tomatoes. 2018年12月15日閲覧。
  5. ^ The Favourite”. Metacritic. 2018年12月15日閲覧。
  6. ^ Dietz, Jason (2019年1月4日). “Best Movies of 2018”. Metacritic. 2019年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  7. ^ Nordine, Michael (2018年10月31日). “'The Favourite' Is the Favorite At the British Independent Film Awards, Picking Up 13 Nods”. IndieWire. 2018年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月31日閲覧。
  8. ^ Desta, Yohata (2018年12月3日). “The Favourite Cleans Up at British Independent Film Awards with Record-Breaking Wins”. Vanity Fair. 2019年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月31日閲覧。
  9. ^ Wiseman, Andreas (2018年12月2日). “British Independent Film Awards: 'The Favourite' Wins A Record Ten Awards”. Deadline Hollywood. 2018年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月2日閲覧。
  10. ^ “Bafta Film Awards 2019: Olivia Colman's The Favourite leads nominations”. BBC News. (2019年1月9日). オリジナルの2019年1月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190115104338/https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-46807535 2019年1月9日閲覧。 
  11. ^ Barnes, Brooks (2019年1月22日). “Oscar Nominations 2019: 'Roma' and 'The Favourite' Lead With 10 Nods Each”. The New York Times. 2019年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月22日閲覧。
  12. ^ “Australian Academy announces nominations for the 8th AACTA International Awards” (プレスリリース), AACTA International Awards, (2018年12月11日), オリジナルの2018年12月13日時点によるアーカイブ。, https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/aacta-org/Uploads/8th-AACTA-International-Awards-Nominations-Announced-For-Web.pdf 2018年12月11日閲覧。 
  13. ^ “Australian Academy announces winners for the 8th AACTA International Awards” (プレスリリース), Los Angeles & Australia: AACTA International Awards, (2019年1月4日), オリジナルの2019年1月5日時点によるアーカイブ。, https://s3-ap-southeast-2.amazonaws.com/aacta-org/Uploads/Australian-Academy-announces-winners-for-the-8th-AACTA-International-Awards-For-Immediate-Release.pdf 2019年1月4日閲覧。 
  14. ^ Appelo, Tim (2019年1月3日). “2018 Movies for Grownups Awards Nominees”. AARP. 2019年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月3日閲覧。
  15. ^ Oscar Winners 2019: The Complete List”. Variety (2019年2月24日). 2019年2月24日閲覧。
  16. ^ “The African American Film Critics Association (AAFCA) Announces Its Award Winners and Top Ten Films of 2018” (プレスリリース), Los Angeles: African-American Film Critics Association, (2018年12月11日), オリジナルの2018年12月12日時点によるアーカイブ。, https://www.shootonline.com/spw/african-american-film-critics-association-aafca-announces-its-award-winners-and-top-ten-films 2018年12月11日閲覧。 
  17. ^ 2018 AWFJ EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists (2018年12月20日). 2018年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月20日閲覧。
  18. ^ Merin, Jennifer (2019年1月10日). “2018 AWFJ EDA Award Winners”. Alliance of Women Film Journalists. 2019年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  19. ^ Tapley, Christopher (2019年1月7日). “'Bohemian Rhapsody,' 'Crazy Rich Asians,' 'Escape at Dannemora' Among ACE Editing Nominees”. Variety. 2019年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月7日閲覧。
  20. ^ Giardina, Carolyn (2019年2月1日). “'Bohemian Rhapsody,' 'The Favourite' Top Editors' ACE Eddie Awards”. The Hollywood Reporter. 2019年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月1日閲覧。
  21. ^ Announcing the AFI Awards 2018 Honorees”. American Film Institute (2018年12月4日). 2018年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月4日閲覧。
  22. ^ “American Film Institute Announces AFI Awards 2018 Honorees” (プレスリリース), Los Angeles, CA: American Film Institute, (2018年12月4日), オリジナルの2018年12月5日時点によるアーカイブ。, http://afi.com/about/releases/2018/AFI_Awards_2018_Announcement.aspx 2018年12月4日閲覧。 
  23. ^ “ASC Awards Feature and Television Nominees Revealed” (プレスリリース), American Society of Cinematographers, (2019年1月7日), オリジナルの2019年1月8日時点によるアーカイブ。, https://theasc.com/news/asc-awards-feature-and-television-nominees-revealed 2019年1月7日閲覧。 
  24. ^ “Nominations Announced For Art Directors Guild 23rd Annual Excellence In Production Design Awards” (プレスリリース), Hollywood: Art Directors Guild, (2019年1月7日), オリジナルの2019年1月8日時点によるアーカイブ。, https://assets.adg.org/media/press/2019-01-07_08-26-04/ADG__Nominations_2019_-FINAL_5.pdf 2019年1月7日閲覧。 
  25. ^ “'Crazy Rich Asians,' 'Black Panther,' 'The Favourite' And 'Isle Of Dogs' Motion Picture Winners At The 23rd Annual Art Directors Guild 'Eexcellence In Production Design' Awards” (プレスリリース), Hollywood: Art Directors Guild, (2019年2月2日), オリジナルの2019年2月3日時点によるアーカイブ。, https://assets.adg.org/media/press/2019-02-03_00-54-15/ADG_Winners_Final2.pdf 2019年2月2日閲覧。 
  26. ^ Whittaker, Richard (2018年12月28日). “Austin Film Critics Release 2018 Awards Nominee Lists”. Austin Chronicle. オリジナルの2018年12月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181229031453/https://www.austinchronicle.com/daily/screens/2018-12-28/austin-film-critics-release-2018-awards-nominee-lists/ 2019年1月4日閲覧。 
  27. ^ Stoddard, Elizabeth (2019年1月7日). “2018 Awards: If Beale Street Could Talk leads the 2018 Austin Film Critics Association Awards”. Austin Film Critics Association. オリジナルの2019年1月8日時点によるアーカイブ。. http://archive.today/2019.01.08-051141/https://austinfilmcritics.org/2018-awards-9e6d354eb8ed?gi=d848af4f3fd7 2019年1月7日閲覧。 
  28. ^ 2018 Winners”. Boston Society of Film Critics. 2018年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月16日閲覧。
  29. ^ “Nominations announced: EE British Academy Film Awards in 2019” (プレスリリース), British Academy Film Award, (2019年1月9日), オリジナルの2019年1月9日時点によるアーカイブ。, http://www.bafta.org/media-centre/press-releases/film-awards-nominations 2019年1月9日閲覧。 
  30. ^ EE British Academy Film Awards Nominees in 2019”. British Academy Film Award (2019年1月9日). 2019年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月9日閲覧。
  31. ^ Sight & Sound's best films of 2018”. Sight & Sound. British Film Institute (2018年12月11日). 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  32. ^ “Element Pictures' The Favourite Leads British Independent Film Awards 2018 Nominations” (プレスリリース), Dublin, Ireland: Element Pictures, (2018年10月31日), オリジナルの2018年10月6日時点によるアーカイブ。, https://elementpictures.ie/news/element-pictures-the-favourite-leads-british-independent-film-awards-2018-nominations/ 2018年10月31日閲覧。 
  33. ^ “Craft Winners Announced” (プレスリリース), London: British Independent Film Awards, (2018年11月15日), オリジナルの2018年11月15日時点によるアーカイブ。, https://www.bifa.film/news/craft-winners-announced/ 2018年11月15日閲覧。 
  34. ^ Clarke, Stewart (2018年12月2日). “'The Favourite' Reigns at British Independent Film Awards”. Variety. 2018年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月3日閲覧。
  35. ^ “The Favourite Wins 10 Including Best British Independent Film” (プレスリリース), London: British Independent Film Awards, (2018年12月3日), オリジナルの2019年1月31日時点によるアーカイブ。, https://www.bifa.film/news/winners-2018/ 2018年12月3日閲覧。 
  36. ^ Energacamerimage 2018 Main Competition Line-up”. Camerimage (2018年10月19日). 2018年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月19日閲覧。
  37. ^ Tizard, Will (2018年11月17日). “Kim Ji-yong Wins at EnergaCamerimage With 'The Fortress'”. Variety. 2018年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月17日閲覧。
  38. ^ Chéries-Chéris 2018: Compétition Longs Métrages” [Chéries-Chéris 2018: Feature Films Competition] (French). Chéries-Chéris. 2018年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月28日閲覧。
  39. ^ Palmarès du 24e festival Chéries-Chéries 2018”. Chéries-Chéris. 2018年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月9日閲覧。
  40. ^ “Chéries-Chéris sacre 'Les moissonneurs'” (French). Le Film français. (2018年11月28日). オリジナルの2018年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181130060330/http://www.lefilmfrancais.com/cinema/139793/cheries-cheris-sacre-les-moissonneurs 2018年11月28日閲覧。 
  41. ^ “'Roma,' 'The Favourite' and 'A Star is Born' lead 2018 CFCA nominations” (プレスリリース), Chicago Film Critics Association, (2018年12月7日), オリジナルの2018年12月9日時点によるアーカイブ。, https://chicagofilmcritics.org/blog/2018/12/7/roma-the-favourite-and-a-star-is-born-lead-2018-cfca-nominations 2018年12月7日閲覧。 
  42. ^ “'Roma' The Big Winner Among Chicago Film Critics” (プレスリリース), Chicago Film Critics Association, (2018年12月8日), オリジナルの2018年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181209104015/https://chicagofilmcritics.org/blog/2018winners 2018年12月8日閲覧。 
  43. ^ The 63rd Cork Film Festival Award Winners”. Cork Film Festival. 2018年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月19日閲覧。
  44. ^ Kepley, Kristopher (2019年1月10日). “'Mary Poppins Returns,' 'A Wrinkle in Time,' 'Star Trek: Discovery' Among Costume Designers Guild Nominees”. Variety. 2019年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  45. ^ “'The Favourite' Leads Film Nominations For The 24th Annual Critics' Choice Awards” (プレスリリース), Los Angeles, CA: Broadcast Film Critics Association/Broadcast Television Journalists Association, (2018年1月10日), オリジナルの2018年12月10日時点によるアーカイブ。, http://archive.today/2018.12.10-162934/http://www.criticschoice.com/critics-choice-awards/ 2018年1月11日閲覧。 
  46. ^ “'Roma' Named Best Picture, Takes Four Awards At 24th Annual Critics' Choice Awards” (プレスリリース), Los Angeles, CA: Broadcast Film Critics Association/Broadcast Television Journalists Association, (2019年1月13日), オリジナルの2019年1月14日時点によるアーカイブ。, http://archive.today/2019.01.14-091257/http://www.criticschoice.com/critics-choice-awards/ 2019年1月13日閲覧。 
  47. ^ Jorgenson, Todd (2018年12月17日). “DFW Film Critics Name 'A Star Is Born' Best Picture Of 2018”. Dallas–Fort Worth Film Critics Association. 2018年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月17日閲覧。
  48. ^ The 2018 Detroit Film Critics Society Awards Nominations”. Detroit Film Critics Society (2018年11月30日). 2018年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月30日閲覧。
  49. ^ The 2018 Detroit Film Critics Society Awards”. Detroit Film Critics Society (2018年12月3日). 2018年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月3日閲覧。
  50. ^ Kilkenny, Katie (2019年1月3日). “'The Favourite,' 'Pose,' 'Killing Eve' Lead Dorian Award Nominations”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2019年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190104060713/https://www.hollywoodreporter.com/news/dorian-award-nominations-favourite-pose-lead-1173113 2019年1月3日閲覧。 
  51. ^ Kilday, Gregg (2019年1月8日). “Dorian Awards: 'The Favourite' Named Film of the Year”. The Hollywood Reporter. 2019年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月8日閲覧。
  52. ^ Programma 45e Film Fest Gent bekend!” [Program 45th Film Fest Gent known!] (Dutch). Film Fest Gent (2018年9月20日). 2018年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月11日閲覧。
  53. ^ 'Cold War' by Paweł Pawlikowski and 'High Life' by Claire Denis victorious at 45th Film Fest Gent”. Film Fest Gent (2018年10月19日). 2018年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月19日閲覧。
  54. ^ “'The Favourite' Leads 2018 Florida Film Critics Awards Nominations” (プレスリリース), Miami, FL: Florida Film Critics Circle, (2017年12月19日), オリジナルの2017年12月20日時点によるアーカイブ。, http://www.floridafilmcritics.com/2018/12/19/the-favourite-leads-2018-florida-film-critics-awards-nominations/ 2017年12月19日閲覧。 
  55. ^ “Florida Film Critics Circle Proclaims 'The Favourite' Their Favorite Film Of 2018” (プレスリリース), Miami, FL: Florida Film Critics Circle, (2018年12月21日), オリジナルの2018年12月24日時点によるアーカイブ。, http://www.floridafilmcritics.com/2018/12/21/2018-ffcc-winners/ 2018年12月24日閲覧。 
  56. ^ 2018 Awards”. Georgia Film Critics Association (2019年1月12日). 2019年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月12日閲覧。
  57. ^ “Diecisiete largometrajes compiten en la Sección Oficial del 56 FICX” (Spanish). Gijón International Film Festival. (2018年10月18日). オリジナルの2018年11月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181113135415/http://www.gijonfilmfestival.com/noticias/show/40595-diecisiete-largometrajes-compiten-en-la-seccion-oficial-del-56-ficx 
  58. ^ “List Of Winners Of The 56th Edition Of Gijón International Film Festival”. Gijón International Film Festival. (2018年11月24日). オリジナルの2018年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181128095244/http://en.fic.gijon.es/page/19030-awards-56th-edition 
  59. ^ Montgomery, Daniel (2019年1月30日). “Gold Derby Film Awards nominations 2019: 'The Favourite' and 'A Star is Born' come out on top”. Gold Derby. 2019年1月30日閲覧。
  60. ^ Golden Globe: The Favourite”. Hollywood Foreign Press Association (2018年12月7日). 2019年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月7日閲覧。
  61. ^ All the Winners of the 76th Golden Globes”. Hollywood Foreign Press Association (2019年1月6日). 2019年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月6日閲覧。
  62. ^ Golden Tomato Awards: Best-reviewed Movies 2018 > Comedies”. Rotten Tomatoes (2019年1月11日). 2019年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月11日閲覧。
  63. ^ Fans' Choice: Vote for Your Favourite Movie of 2018”. Rotten Tomatoes (2019年1月10日). 2019年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月11日閲覧。
  64. ^ Mandinach, Zach (2018年10月18日), “Nominations Announced for the 28th Annual IFP Gotham Awards” (プレスリリース), New York, NY: Independent Filmmaker Project, オリジナルの2018年10月18日時点によるアーカイブ。, http://www.ifp.org/press/nominations-announced-for-the-28th-annual-ifp-gotham-awards 
  65. ^ Mandinach, Zach (2018年11月26日), “28th Annual IFP Gotham Awards Winners Announced” (プレスリリース), New York, NY: Independent Filmmaker Project (27 November 2018発行), オリジナルの2018年11月28日時点によるアーカイブ。, http://www.ifp.org/press/28th-annual-ifp-gotham-awards-winners-announced/ 
  66. ^ “Timothée Chalamet and Rachel Weisz to be Honored at the 22nd Annual 'Hollywood Film Awards'” (プレスリリース), Hollywood, CA: Hollywood Film Awards, (2018年10月11日), オリジナルの2018年10月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181017150152/https://www.hollywoodawards.com/2018/10/timothee-chalamet-and-rachel-weisz-to-be-honored-at-hfas/ 2018年10月17日閲覧。 
  67. ^ Kilday, Gregg (2018年10月11日). “Timothee Chalamet, Rachel Weisz Tapped for Hollywood Film Award Honors”. The Hollywood Reporter. 2018年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月11日閲覧。
  68. ^ a b “The 22nd Annual 'Hollywood Film Awards®' Marked The Launch Of Awards Season With A Star-Studded Evening” (プレスリリース), Hollywood, CA: Hollywood Film Awards, (2018年11月4日), オリジナルの2018年11月6日時点によるアーカイブ。, https://www.hollywoodawards.com/2018/11/hollywood-film-awards-marked-the-launch-of-awards-season/ 2018年11月4日閲覧。 
  69. ^ Haar, Pete Vonder (2018年12月17日). “Houston Film Critics Society Announces 2018 Awards Nominations”. Houston Press. 2018年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月17日閲覧。
  70. ^ Darling, Cary (2019年1月4日). “'The Favourite,' 'Roma' tie as Houston Film Critics' favorite films”. Houston Chronicle. 2019年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月4日閲覧。
  71. ^ “34th Film Independent Spirits Nominations Announced” (プレスリリース), Los Angeles: Independent Spirit Awards, (2018年11月15日), オリジナルの2018年11月17日時点によるアーカイブ。, https://s3.amazonaws.com/PressReleasesSA/2019_SA_NomineeOnesheet_111618.pdf 2018年11月17日閲覧。 
  72. ^ 2018 Critics Poll: The Best Films and Performances According to Over 200 Critics From Around the World”. IndieWire. pp. 1–3 (2018年12月17日). 2018年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月18日閲覧。
  73. ^ Stevens, Beth (2019年1月20日). “Zama Awaits its Fate, While Burning Catches Fire at ICS Awards”. International Cinephile Society. 2019年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月20日閲覧。
  74. ^ “Palmarès du 9e Festival International du Film de La Roche-sur-Yon!” (プレスリリース), La Roche-sur-Yon International Film Festival, (2018年10月21日), オリジナルの2018年10月26日時点によるアーカイブ。, http://www.fif-85.com/fr/palmares-2018 2018年10月21日閲覧。 
  75. ^ La Roche-sur-Yon. Le festival du film dévoile son palmarès.” [La Roche-sur-Yon. The film festival unveils its record.] (French). Ouest-France. Groupe Ouest-France (2018年10月21日). 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月21日閲覧。
  76. ^ Cline, Rich (2018年12月18日), “The Favourites Leads Nominees For CC Film Awards” (プレスリリース), London: The Critics' Circle, オリジナルの2018年12月18日時点によるアーカイブ。, http://www.criticscircle.org.uk/the-favourite-leads-nominees-for-critics-circle-film-awards/ 2018年12月18日閲覧。 
  77. ^ Cline, Rich (2019年1月20日), “London Critics Name Roma as Film of the Year” (プレスリリース), London: The Critics' Circle, オリジナルの2019年1月21日時点によるアーカイブ。, http://www.criticscircle.org.uk/london-critics-name-roma-as-film-of-the-year/ 2019年1月20日閲覧。 
  78. ^ The 44th Annual Los Angeles Film Critics Association Awards”. Los Angeles Film Critics Association (2018年12月9日). 2018年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月9日閲覧。
  79. ^ Tapley, Kristopher (2019年1月18日). “'A Quiet Place,' 'Roma,' 'Jack Ryan' Among Golden Reel Nominees for Sound Editing”. Variety. オリジナルの2019年1月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190118214926/https://variety.com/2019/film/awards/golden-reel-nominees-2019-a-quiet-place-roma-jack-ryan-1203111987/ 2019年1月18日閲覧。 
  80. ^ 'The Rider' is voted Best Picture of 2018”. National Society of Film Critics (2019年1月5日). 2019年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月6日閲覧。
  81. ^ National Society of Film Critics Names 'The Rider' Best Picture”. Variety (2018年1月5日). 2019年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月6日閲覧。
  82. ^ 2018 New York Film Critics Online Awards”. New York Film Critics Online (2018年12月9日). 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月9日閲覧。
  83. ^ Nordyke, Kimberly (2018年12月9日). “'Roma' Voted Best Picture by New York Film Critics Online”. The Hollywood Reporter. 2018年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月9日閲覧。
  84. ^ “[www.nevadafilmcriticssociety.org/index.php/nevada-film-critics-society-awards/112-the-nevada-film-critics-society-s-2018-awards-for-achievement-in-film The Nevada Film Critics Society's 2018 Awards for Achievement in Film]”. Nevada Film Critics Society (2018年12月19日). 2019年3月1日閲覧。
  85. ^ 22nd Online Film Critics Society Awards Nominations Announced”. Online Film Critics Society (2019年1月2日). 2019年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  86. ^ Feinberg, Scott (2018年12月13日). “Palm Springs Film Fest: 'The Favourite' Star Olivia Colman Tapped for Desert Palm Achievement Award”. The Hollywood Reporter. 2018年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月13日閲覧。
  87. ^ Palm Springs International Film Festival – 2019 Awards Gala”. Palm Springs International Film Festival. 2018年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月15日閲覧。
  88. ^ “All Motion Picture and TV Nominations for 30th Annual Producers Guild Awards presented by Cadillac” (プレスリリース), Los Angeles: Producers Guild of America, (2019年1月4日), オリジナルの2019年1月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190105025847/https://www.producersguild.org/news/432578/All-Motion-Picture-and-TV-Nominations-for-30th-Annual-Producers-Guild-Awards-presented-by-Cadillac.htm 2019年1月4日閲覧。 
  89. ^ “Results: 30th Annual Producers Guild Awards presented by Cadillac” (プレスリリース), Producers Guild of America, (2019年1月18日), オリジナルの2019年1月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190120173133/https://www.producersguild.org/blogpost/923036/316465/Results-30th-Annual-Producers-Guild-Awards-presented-by-Cadillac 2019年1月18日閲覧。 
  90. ^ 2018 San Diego Film Critics Society's Award Nominations”. San Diego Film Critics Society (2018年12月7日). 2018年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月7日閲覧。
  91. ^ 2018 San Diego Film Critics Society's Award Winners”. San Diego Film Critics Society (2018年12月11日). 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  92. ^ 2018 San Francisco Film Critics Circle Awards”. San Francisco Film Critics Circle (2017年12月9日). 10 December 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月9日閲覧。
  93. ^ “International Press Academy The 23rd Annual Satellite Awards™ 2018 Nominations Ballot” (プレスリリース), International Press Academy, (2018年11月29日), オリジナルの2018年11月30日時点によるアーカイブ。, http://www.pressacademy.com/wp-content/uploads/2018/11/2018_Press_Academy_NOMINATIONS.pdf 2018年11月29日閲覧。 
  94. ^ “'Roma', 'A Star is Born' Set for Top Honors at 23rd Satellite™ Awards” (プレスリリース), International Press Academy, (2019年1月3日), オリジナルの2019年1月4日時点によるアーカイブ。, http://www.pressacademy.com/news/the-international-press-academy-announces-nominations-for-the-23rd-annual-satellite-awards-copy/ 2019年1月3日閲覧。 
  95. ^ “Nominations Announced for the 25th Annual Screen Actors Guild Awards®” (プレスリリース), Los Angeles: Screen Actors Guild Awards, (2018年12月12日), オリジナルの2018年12月13日時点によるアーカイブ。, http://www.sagawards.org/media/news/releases/nominations-announced-25th-annual-screen-actors-guild-awards%C2%AE 2018年12月12日閲覧。 
  96. ^ “Outstanding Film And Television Performances Honored At The 25th Annual Screen Actors Guild Awards” (プレスリリース), Los Angeles: Screen Actors Guild Awards, (2019年1月27日), オリジナルの2019年1月30日時点によるアーカイブ。, http://www.sagawards.org/media/news/releases/outstanding-film-and-television-performances-honored-25th-annual-screen-actors 2019年1月27日閲覧。 
  97. ^ “'The Favourite' Leads the 2018 Seattle Film Critics Society Nominations” (プレスリリース), Seattle, WA: Seattle Film Critics Society, (2018年12月10日), オリジナルの2018年12月10日時点によるアーカイブ。, http://seattlefilmcritics.com/2018/12/10/the-favourite-leads-the-2018-seattle-film-critics-society-nominations/ 2018年12月10日閲覧。 
  98. ^ “'Roma' Named Best Picture of 2018 by Seattle Film Critics Society” (プレスリリース), Seattle, WA: Seattle Film Critics Society, (2018年12月17日), オリジナルの2018年12月17日時点によるアーカイブ。, http://seattlefilmcritics.com/2018/12/17/roma-named-best-picture-of-2018-by-seattle-film-critics-society/ 2018年12月17日閲覧。 
  99. ^ 2018 StLFCA Annual Award Winners”. St. Louis Film Critics Association (2018年12月11日). 2018年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  100. ^ “45th Telluride Film Festival Announces 2018 Program Lineup” (プレスリリース), Telluride, CO: Telluride Film Festival, (2018年8月30日), オリジナルの2018年10月17日時点によるアーカイブ。, http://telluridecms-production.s3.amazonaws.com/assets/pdfs/45thTFFProgramAnnounceFINAL.pdf 2018年10月11日閲覧。 
  101. ^ Toronto Film Critics Association Announces 2018 Awards”. Toronto Film Critics Association (2018年12月10日). 2017年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月20日閲覧。
  102. ^ 2018”. Utah Film Critics Association (2018年12月17日). 2019年3月1日閲覧。
  103. ^ The Favourite Leads Vancouver Film Critics Circle International Nominations List With Six Nods” (プレスリリース), Vancouver, B.C.: Vancouver Film Critics Circle, (2018年12月14日), オリジナルの2018年12月15日時点によるアーカイブ。, https://vancouverfilmcritics.com/2018/12/14/2019-nominees-announced/ 2018年12月14日閲覧。 
  104. ^ “Roma Named Best Picture by VFCC” (プレスリリース), Vancouver, B.C.: Vancouver Film Critics Circle, (2018年12月17日), オリジナルの2018年12月17日時点によるアーカイブ。, https://vancouverfilmcritics.com/2018/12/17/roma-named-best-picture-by-vfcc/ 2018年12月17日閲覧。 
  105. ^ Biennale Cinema 2018 – Venezia 75 Competition”. Venice Biennale. 2018年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月9日閲覧。
  106. ^ Official Awards Of The 75th Venice Film Festival”. Venice Biennale (2018年9月8日). 2018年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月8日閲覧。
  107. ^ Collateral Awards Of The 75th Venice Film Festival”. Venice Biennale (2018年9月7日). 2018年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月8日閲覧。
  108. ^ “'Roma' Feels the Love with D.C. Film Critics” (プレスリリース), Washington, D.C.: Washington D.C. Area Film Critics Association, (2018年12月3日), オリジナルの2018年12月4日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181204033013/http://wafca.com/awards/ 2018年12月4日閲覧。 
  109. ^ Women Film Critics Circle Nominations 2018”. Critical Women On Film. Women Film Critics Circle (2018年12月10日). 2018年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月12日閲覧。
  110. ^ Butler, Karen (2018年12月15日), “Women Film Critics Circle: 'Favourite' is 2018's Best Film About Women” (プレスリリース), Women Film Critics Circle, オリジナルの2018年12月17日時点によるアーカイブ。, https://www.upi.com/Women-Film-Critics-Circle-Favourite-is-2018s-Best-Film-About-Women/7881544878897/ 2018年12月15日閲覧。