女護島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

女護島(にょごのしま、にょごがしま)は、日本に伝わる伝説上の地名である。海上にある女性のみが暮らしているであるとされる。女護ヶ島などとも表記される。

概要[編集]

女護国(にょうごこく)[1]とも。女護島では女性のみしか生まれない、または育たないとされており、漂着するなどして男性が足を踏み入れると容易に帰ることは出来ないなどといわれる。

井原西鶴による浮世草子好色一代男』では、主人公である世之介が最終的に向かう土地として登場している。江戸時代を通じて、物語や絵画にたびたび描写されている。映画『フランキー・ブーチャンの続あゝ軍艦旗 女護が島奮戦記』(日活1957年)でも題材に使われており、女性だけの一族「ワンワン族」の住む島として登場する。

慣用句[編集]

伝説を受け、遊里あるいは男子禁制の場所などを「女護島」と言い表したりする。また、明治期にはアマゾーン(Amazónes)のことも「女護島」あるいは「女護国」と翻訳されていた[2]

題材および名称を使用した創作[編集]

  • 『怪島探険』 鹿島桜巷の小説(1907年
  • 『モダン女護ヶ島物語』 皆川美彦の小説(1932年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤鶴吉『元禄文学辞典』 藝林舎 1976年(再版。初版は1928年) 465頁
  2. ^ 梶山彬『才媛と逸話』 春畝堂 1910年 77 - 78頁

関連項目[編集]