奴隷市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
奴隷市
監督 愛染恭子
脚本 福原彰
破野生治
原作 団鬼六『旅路の果て 倒錯一代女』
製作 木山雅仁
後藤功一
出演者 麻美ゆま
新納敏正
川瀬陽太
ほたる
高橋みほ
音楽 與語一平
撮影 中尾正人
編集 石倉慎二
製作会社 新東宝映画
オールインエンタテインメント
公開 日本の旗 2012年12月1日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

奴隷市』(どれいいち)は2012年の日本ポルノ映画である。愛染恭子監督の作品で、主演は麻美ゆま。原作は団鬼六の官能小説『旅路の果て 倒錯一代女』である。

あらすじ[編集]

温泉旅館の女将(麻美ゆま)は「奴隷市」への参加をきっかけとして、SMに目覚め、快楽の虜となっていく。

キャスト[編集]

製作[編集]

『新釈・四畳半襖の下張り』(2010年)と『阿部定 最後の七日間』(2011年)に続き、麻美ゆま愛染恭子監督の作品に主演するのは『奴隷市』で三度目となる[1]。なお、彼女は本作で初めて緊縛プレイに挑戦している[2]

脚注[編集]

  1. ^ 映画『奴隷市』SM文学の第一人者団鬼六先生最後の官能小説の映画化”. Cinema Topics (2012年10月27日). 2012年11月25日閲覧。
  2. ^ 新旧エロス女王の麻美ゆまと愛染恭子が故・団鬼六の官能小説を映画化”. Walkerplus (2012年11月25日). 2012年11月25日閲覧。