如意棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

如意棒(にょいぼう、Ru Yi Bang)は、「西遊記」に登場する道具。

目次

西遊記の如意金箍棒

西遊記の主人公孫悟空が使う、両端に金色の輪がはめられた神珍鐵の棒。如意金箍棒(にょいきんこぼう)重さは一万三千五百(約8トン)という銘がある。

持ち主の意に従い(=如意)自在に伸縮し、普段孫悟空はマッチ棒ほどの大きさに縮めた如意金箍棒を耳の中にしまって携帯している。それを一でお椀ほどの太さで使用している。最大の大きさは上が三十三天(とう利天)、下は18層地獄までになった。

もとは黄河の治水に功を残したが江海を深さを測定した際のおもりという。 その後、東海竜王敖廣の竜宮の地下の蔵に「海の重り」として置いてあった物だが、孫悟空が竜王から奪い、以降武器として使い続けた。

後西遊記の如意金箍棒

『後西遊記』では孫悟空が花果山に置いておいた如意金箍棒を孫悟空と同じく石の卵から生まれた猿の孫履眞が仙人修行の後に使いこなした。

その他の如意棒

孫悟空の用いる武器としては非常に有名であるため、西遊記を題材にした作品の多くに如意棒が登場する。伸縮自在という特徴に加え、何らかの翻案を行っている例が見られる。

また、長さや大きさが変化することになぞらえて男性器の俗称として用いられることもある。

ドラゴンボールの如意棒

ドラゴンボール』においては、主人公「孫悟空」の武器として初登場した。赤色で装飾などが無く、子供の手で握れる程度の太さの円である。

カリン塔と、その頂からさらに上にある「神様」の宮殿を繋ぐことで宮殿へ行くために使用するのが本来の用途であるのだが、「亀仙人」が「カリン」に頼み込んで借り、孫悟飯 (孫悟空の育ての親)を経て孫悟空に武器として与えられた。カリン塔と宮殿が如意棒で繋がれると、本来飛行機等でたどり着くことができない宮殿に、飛行機で向かうことが可能となる。作中では神殿に到達して以降、武器としては用いられていない。アニメでは『ドラゴンボールZ』の劇場版第一作が武器として最後の登場であった。

持ち主の声により伸縮自在となるが、本来の「西遊記」のものとは異なり太さは変わらないようで、悟空は普段は1メートル程度の長さにして背中に下げていた。また、背負う時以下の長さに縮める描写も見られない。作中での描写を見る限り「西遊記」のような重量も持っていないと見られ、材質についても言及されていない。地球から月まで伸びたこともある事から、仮に月と地球の距離が現実と同じだとするなら最低約38万kmは伸ばせるということになる。

2007年7月にはバンダイから、ドラゴンボール超アイテムズの一つとして実際に販売された。長さは全長約55cmである。

スタージンガーのアストロボー

アニメ『SF西遊記スタージンガー』においては、如意棒に相当する道具としてアストロボーが登場する。SF西遊記である本作におけるアストロボーの役割は如意棒そのものだが、地球のキティ研究所のエネルギーポリマー柱を改造したものだとされている。

パタリロ西遊記!の如意棒

パタリロ西遊記!』の物語は『西遊記』の展開を忠実になぞったものであるが、作品中で孫悟空が如意棒に三蔵法師を乗せて投げ飛ばせば、天竺到着を飛躍的に早められるのではと提案するも、三蔵が耐えられない点を仲間たちに指摘されて止める描写がある。

関連項目

今日は何の日(1月22日

もっと見る

「如意棒」のQ&A