妙法寺 (横浜市磯子区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
妙法寺
Myōhōji (Isogo-ku, Yokohama).jpg
所在地 神奈川県横浜市磯子区杉田5丁目
位置 北緯35度22分52.2秒
東経139度37分15.5秒
座標: 北緯35度22分52.2秒 東経139度37分15.5秒
山号 牛頭山
宗旨 日蓮宗
もと真言宗
創建年 文和元年(1352年
開山 弘法大師宝亀5年(774年) – 承和2年(835年))
日祐(中山法華経寺3世)
開基 妙法(日荷、荒井因幡守光善)
正式名 牛頭山 妙法寺
別称 杉田妙法寺
文化財 日祐筆 題目曼荼羅
法人番号 8020005000696 ウィキデータを編集
妙法寺 (横浜市磯子区)の位置(横浜市内)
妙法寺 (横浜市磯子区)
テンプレートを表示

妙法寺(みょうほうじ)は、神奈川県横浜市磯子区杉田にある日蓮宗の寺院。山号は牛頭山。旧本山は中山法華経寺、達師法縁。中本寺格。

歴史[編集]

六浦上行寺(横浜市金沢区)と並ぶ日祐開山、妙法開基になる寺院。室町時代以降、間宮家の菩提寺となり、間宮林蔵ほか一族の墓所がある。

日蓮宗改宗以前は弘法大師開創の真言宗寺院であったといわれ、奥の院に牛頭天王をまつり、山号を牛頭山とする。付近には梅林が広がり、江戸時代から杉田梅林として知られたが、現在は境内にわずかに残るだけである。開基の日荷上人は、独りで仁王像をかついで身延山に奉納したという伝説から、足腰の守護神として崇拝されている。

境内[編集]

文化財[編集]

  • 日祐筆 題目曼荼羅

妙法寺のビャクシン[編集]

ビャクシンの古木

山門前には、樹齢約600年と推定されるビャクシン(イブキ)の古木が鎮座する。この木はかながわの名木100選にも選定されている[2]

旧末寺[編集]

日蓮宗は昭和16年に本末を解体したため、現在では、旧本山、旧末寺と呼びならわしている。

  • 頂龍山了源寺(川崎市幸区北加瀬)
  • 法性山隨縁寺(横浜市磯子区上中里町)

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 磯子区のみどころ 杉田周辺”. 磯子区役所 (2015年2月23日). 2018年1月21日閲覧。

参考資料[編集]

  • 日蓮宗寺院大鑑編集委員会『宗祖第七百遠忌記念出版 日蓮宗寺院大鑑』大本山池上本門寺1981年
  • 『横浜市史稿・仏寺編』横浜市役所(1932年

関連項目[編集]

脚注[編集]