妙義荒船佐久高原国定公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
荒船山

妙義荒船佐久高原国定公園(みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん)は、群馬県安中市富岡市下仁田町南牧村上野村)、長野県軽井沢町御代田町佐久市)の県境に広がる全国39番目の国定公園

指定されたのは、1969(昭和44)年4月10日面積は、群馬県側8,063ha、長野県側5,060haの合わせて13,123ha。

この公園には、妙義山・八風山・荒船山・黒滝山などの内山峠十石峠など数多くのを持ち、妙義山や内山峡に代表される奇岩・怪石の岩塊風景と、神津牧場・内山牧場などの高原牧場の風景が特徴となっている。

また、国定公園に指定されたことを受けて、地元自治体が制作した唄がある。

  • 曲名:高原がよんでいる(作詞:鈴木比呂志・作曲:服部良一・唄:水原弘
  • 曲名:妙義荒船佐久高原音頭(作詞:鈴木比呂志・作曲:服部良一・唄:水原弘/小松みどり

関連項目[編集]