妹沢克惟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
妹沢克惟
Katsutada Sezawa in 1944.jpg
生誕 1895年8月21日
石川県
死没 (1944-04-23) 1944年4月23日(48歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 地震学、弾性力学
研究機関 地震研究所
出身校 東京帝国大学
主な業績 地震波の生成伝播其の他に対する理論的研究
主な受賞歴 学士院恩賜賞(1931)
プロジェクト:人物伝

妹沢 克惟(せざわ かつただ、1895年明治28年)8月21日 - 1944年昭和19年)4月23日)は日本の地球物理学者地震学者東京帝国大学地震研究所所長。弾性力学研究者としてしられている。

経歴[編集]

石川県に生まれる[1]1921年大正10年)東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業し、翌年東京帝大助教授となり造船工学者の末広恭二のもとで振動論を研究した。航空研究所を経て後[1]、末広の招きで地震研究所にうつり、1928年(昭和3年)教授1942年(昭和17年)寺沢寛一の辞任により同研究所所長に選任された[1]。1944年(昭和19年)に死去した[注 1]

地震波伝播の数理解析が著名であるが、飛行機の機体構造に関する数理的研究も数多く残されている。また、船舶に関する振動の減衰や摩擦の研究、矩形板や薄板の振動研究など多岐に亘る論文を発表した。1924年(大正13年)に造船協会論文賞を受賞している[3]

また、著作として1932年(昭和7年)『振動学』(岩波書店〈工業物理学叢書〉)を著している。工学博士の松浦克昌は、当時の振動学の先端的世界を網羅した大著と紹介している[4]

1931年に「地震波の生成伝播其他に関する理論的研究」で学士院恩賜賞を受賞した[5]

妹沢波[編集]

1927年(昭和2年)に層がある場合のレイリー波の位相速度に分散性があること(M1系列)を発表した[6]1935年(昭和10年)には金井清と共同で、表面層を持つ場合の高次のレイリー波であるM2波の存在を理論的に示した。表面波にはレイリー波とラブ波とがあり、実際に観測される表面波は表層の効果により、均質な媒質を伝播するレイリー波とは相当に異なる性質を示す。レイリー波とラブ波の基本的な動きは上下動と水平動の振幅の違いで区別でき、ラブ波には上下の振動はない。だが上下動の振幅の小さい表面波が観測されることもあり、また振動軌跡が通常のレイリー波とは逆になることもある。M2波の発見は表層の条件に応じてこの様な波が発生することをあきらかにした[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 死因については山下文男栄養失調[2]、西澤修は肺病と述べている。また西澤は、「妹澤は死の直前には地震研究所所長の座にあり、また海軍の航空技術廠と陸軍の航空技術研究所の嘱託も兼ねていた。このような、過重な職務が妹澤の体を蝕んだであろうことは想像に難くない。」と述べており、過労死の可能性も示唆している[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 西澤修「日本の地震予知研究史— 先駆者今村明恒と当時の地震学 — (PDF) 」 、『地質ニュース』第495号、産業技術総合研究所、1995年10月、 51-53頁。
  2. ^ 山下文男「[報告]〔略年表〕「15年戦争」と日本地震学辛酸の軌跡」、『歴史地震研究会』第24号、2009年、 197頁。
  3. ^ 論文賞 受賞者一覧 - 旧日本造船学会”. 日本船舶海洋工学会. 2013年12月24日閲覧。
  4. ^ 松浦克昌 (2004年8月17日). “「機械振動学」とは何か”. 図書館情報大学附属図書館報. 2013年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月26日閲覧。
  5. ^ 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧”. 日本学士院. 2013年12月24日閲覧。
  6. ^ 工藤一嘉. “名誉会員 金井 清先生のご逝去を悼んで”. 日本地震工学会. 2013年12月24日閲覧。