妻よ妻よ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

妻よ妻よ(つまよつまよ)は、折笠智津子の小説作品『妻のぬくもり蘭の虹』を原作としたドラマ化作品である。

概要[編集]

新聞社に勤める外山直と妻阿津子はお互いにナオ・アコと呼び合うほどのおしどり夫婦だった。

ある日の阿津子の誕生日に油壺へ行った帰り、自宅で料理を受けとろうとした際に直は皿を落とす。その後、手が痺れ自分でボタンをかけられなくなったり、靴の紐が結べなくなったり、物を掴むことすらできなくなった。いつまで経っても治らないので大学病院に検査入院の結果、筋萎縮性側索硬化症という原因不明で治療方法もない難病であると診断される。そのことは本人には告げられず、「神経病性関節症」と告知する。

それでも直は定期券を首から紐でぶら下げたり、箸が持てないのでサンドイッチをお弁当にして通勤していたが、ある日会社の洗面所で転倒して立ち上がれなくなったことを機に限界を感じ休職を決意する。

自宅で療養を続けるも病気の進行は止まらず、自分で起き上がることすらできなくなる。長男の春樹が父の介助を手伝うが、次第に嫌気がさし家出をするようになる。そしてついに呼吸困難に陥り救急車で搬送されることになる。

直は人工呼吸器を装着するために気管切開をすることで生命を保持することができたが、それにより声を失うことになる。

そんなある日、阿都子が僅かに動かせる直の唇の動きを読み取っていた所、直が俳句を作っていたことを知る。そしてそれが日本俳句協会の目に留まり受賞することになる。その作が「抱き起こされて 妻のぬくもり 蘭の虹」であった。

TVドラマ[編集]

1987年8月31日 - 10月30日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

『愛追えば』
作曲 - 小川寛興 / 作詞・歌 - さとう宗幸
TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
母さんと呼びたい
(1987.7.20 - 1987.8.28)
妻よ妻よ
(1987.8.31 - 1987.10.30)
誘惑
(1987.11.2 - 1987.12.29)