妻をめとらば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妻をめとらば
ジャンル 青年漫画恋愛漫画
漫画:妻をめとらば
原作・原案など 柳沢きみお
作画 柳沢きみお
出版社 小学館
掲載サイト 週刊ビッグコミックスピリッツ
レーベル ビッグスピリッツコミックス
発表号 1987年**号 - 1990年**号
発表期間 1987年 - 1990年
巻数 全15巻
話数 206話
テンプレート - ノート

妻をめとらば』(つまをめとらば)は、柳沢きみおによる日本漫画[1]。『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載された。1989年テレビ東京でテレビドラマ化されている。新人証券マンの高根沢八一を主人公とし、最高の妻に出会うために奔走する、社会人を描いた作品である。

ストーリー[編集]

西北大学を卒業して大手証券会社に就職した主人公の高根沢八一は、大学の寮歌の一節に影響を受け、最高の女性を見つけて結婚することを夢見て社会人人生をスタートさせる。同僚やホステス、結婚相談所で知り合った女性など、八一は最終的に10人以上に及ぶさまざまなタイプの女性と付き合うことになるが、その優柔不断な態度によってことごとく破局する。そんな迷走をしているうち、残業の多い不規則な生活によって身も心もボロボロになっていく。

主要人物[編集]

竹下証券[編集]

高根沢八一(たかねざわ やいち)
本編の主人公。西北大学商学部を卒業後、竹下証券に入社した証券マン。
村雨秀一郎(むらさめ しゅういちろう)
竹下証券での八一の同僚。一橋大学商学部卒。マザコン。
原沢(はらさわ)
竹下証券での八一の同僚。東京大学卒。見かけによらず積極的。
美空智子(みそら ともこ)
竹下証券での八一の同僚。本社秘書課勤務。青山学院女子短期大学卒。『ミス竹下証券』。
田所(たどころ)
竹下証券での八一の上司(竹下証券渋谷支店次長)。慶應義塾大学法学部卒。自宅は千葉のとあるベッドタウン(4200万円で購入。渋谷支店への通勤時間95分)。
安竹(やすたけ)
竹下証券での八一の上司(竹下証券渋谷支店営業課長)。金沢大学理工学部卒。
色部やよい(しきべやよい)
竹下証券での八一の先輩(竹下証券渋谷支店店頭課長)。昭和女子大学卒。セールストップを取ったこともあり、最年少の課長に。
古都美鈴(こと みすず)
竹下証券での八一の先輩(竹下証券渋谷支店店頭主任)。共立女子大学卒。
小糸道代(こいと みちよ)
竹下証券での八一の同僚(竹下証券渋谷支店店頭営業)。東洋英和女学院大学短期大学部卒。
青柳(あおやぎ)
竹下証券での八一の上司(竹下証券渋谷支店長)。高崎経済大学卒。
八木直道(やぎ なおみち)
竹下証券での八一の先輩(竹下証券渋谷支店)。西北大卒。全社レベルのトップセールスだったが、ノルマ達成のために客の株を、承諾なしに勝手に売買し当てが外れ、補てんのめどが立たず、失踪。
池上皆子(いけがみ みなこ)
竹下証券での八一の同僚(竹下証券渋谷支店店頭営業)。山脇学園短期大学卒。あだ名『バストちゃん』。
神崎めぐみ(かんざき めぐみ)
竹下証券での八一の後輩(竹下証券渋谷支店店頭営業)。川村短期大学卒。

西北大学[編集]

金田(かねだ)
西北大学で八一の同級生。神宮銀行員。妻は日本女子大学卒の同僚。
秀彦(ひでひこ)
西北大学で八一の同級生。出版社員。

同年代[編集]

青山わたる(あおやま わたる)
豊産自動車員(渋谷営業所)。学習院大学経済学部卒。
広木田(ひろきだ)
八一がブライダルマンで出会ったOL。

周辺[編集]

山根広美(やまね ひろみ)
区立中学3年。
宇部保奈子(うべ ほなこ)
大学時代の八一の彼女。一応女子短大卒。
計屋玄吾(はかりや げんご)
八一いきつけのおでん屋の主人。
平沼香代(ひらぬま かよ)
日本橋デパート勤務。人妻。富山県出身。地元短大卒。
高林もとこ(たかばやし もとこ)
中堅出版社勤務。日本女子大学卒。金田の妻の大学時代の友人。八一とは、金田の結婚式で出会う。
大島沙織(おおしま さおり)
八一の顧客の娘。花嫁修業中。中央大学文学部卒。
桃木亜美(ももき あみ)
八一、村雨、青山が入院した病院のアーパーナース。

ドラマ版[編集]

テレビ東京日曜9時連続ドラマの第1作として、1989年10月8日から11月12日まで放映された(全6回)。主人公を古尾谷雅人が演じている。

スタッフ[編集]

  • 脚本:岩松了
  • プロデューサー:渡辺つとむ(チーフプロデューサー)、森下和清、不破敏之
  • 音楽:三宅一徳

出典[編集]

  1. ^ 著者紹介-柳沢きみお”. コミックプラス. 講談社. 2016年6月28日閲覧。