妻島芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妻島 芳郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都中野区
生年月日 (1938-10-09) 1938年10月9日(79歳)
身長
体重
178 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1962年
初出場 1962年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

妻島 芳郎(つまじま よしろう、1938年10月9日 - )は、東京都中野区出身の元プロ野球選手投手)。 

来歴・人物[編集]

日大二高では、1955年秋季関東大会都予選決勝に進出するが、日大三高のエース並木輝男に抑えられ敗退。翌1956年夏の甲子園都予選では4回戦で成蹊高に敗れ、甲子園には出場できなかった。

卒業後は日本通運浦和に入社。1958年都市対抗に出場。1回戦でエース堀本律雄を好リリーフ、優勝候補の日本生命を降す。1961年都市対抗では2回戦(初戦)に先発で起用されるが、電電九州に敗退[1]。この時のチームメートに渋谷誠司がいた。

1962年大毎オリオンズに入団し、翌年に初勝利を記録。1964年に56試合に登板し、勝利数はわずか6勝、奪三振93と少なかったが、防御率は2.15でパリーグ最優秀防御率のタイトルを獲得した。翌1965年もチーム最多の57試合に登板、先発陣の一角として初の二桁となる10勝を記録する。1967年からは主として中継ぎに回るが、1969年以降は登板機会が減り、1970年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 大毎
東京
ロッテ
7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 40 9.1 10 2 3 0 0 4 0 0 4 4 3.60 1.39
1963 27 8 0 0 0 2 3 -- -- .400 264 64.0 61 5 10 1 1 25 0 0 21 16 2.25 1.11
1964 56 14 2 2 0 6 5 -- -- .545 598 151.1 117 13 39 1 3 93 0 0 48 36 2.15 1.03
1965 57 19 5 3 2 10 9 -- -- .526 784 194.0 184 15 40 4 1 94 0 0 61 52 2.41 1.15
1966 27 14 4 2 1 6 8 -- -- .429 453 112.0 98 11 24 3 0 52 0 1 39 33 2.65 1.09
1967 30 4 0 0 0 1 5 -- -- .167 304 73.2 77 7 20 1 1 31 1 0 34 32 3.89 1.32
1968 38 1 0 0 0 4 1 -- -- .800 267 66.0 60 7 14 1 0 16 0 0 36 29 3.95 1.12
1969 4 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 36 7.2 10 2 4 0 0 0 0 0 8 7 7.88 1.83
1970 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 33 7.2 8 1 2 0 0 1 0 0 4 4 4.50 1.30
通算:9年 250 60 11 7 3 29 32 -- -- .475 2779 685.2 625 63 156 11 6 316 1 1 255 213 2.80 1.14
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1962年 - 1970年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]