姉とボイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
姉とボイン
ゲーム
ゲームジャンル アダルトゲーム
対応機種 Windows98/Me/2000/XP
発売元 G.J?
メディア DVD-ROM
発売日 2004年10月29日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 あり
画面サイズ 640×480 High Color
キャラクターボイス あり
OVA
監督 荒木英樹
シリーズ構成 ももいおさむ
キャラクターデザイン 荒木英樹
アニメーション制作 フレーバーズ・ソフト
製作 Milky
発表期間 2005年12月25日 - 2006年7月25日
話数 全2話
テンプレート - ノート

姉とボイン』(あねとボイン)は、2004年10月29日G.J?より発売されたアダルトゲーム、及びそれを原作としたアダルトアニメ官能小説ジュブナイルポルノ)。

解説[編集]

10人の巨乳姉に囲まれたバラ色エッチ生活を描く18禁お手軽エッチアドベンチャーゲーム。本作には元々大きい姉たちの胸をさらに大きくできる"乳(にゅー)タイプモード"のほかに、姉たちのデータを記録する「姉観察ノート」という機能が搭載されている。また、Hシーン以外の演出にも力が入っており、会話シーンをコミカルに演出する"お茶の間フラッシュタイム"も搭載されている[1]

ストーリー[編集]

花丸慶介は5人の姉たちからかわいがりをうけていた。時には性的な誘惑もある生活に嫌気がさして家出するが、1か月で連れ戻されてしまう。

帰宅早々、実は自分は拾われた子供で姉たちの血の繋がりがないことを知らされる。驚愕の事実に腰を抜かしつつ慶介、しかも姉の人数が増えており、彼女達はその理由をなかなか明かしてくれない。かくして、慶介は複雑な気持ちのまま、ハーレム生活を続ける羽目になったのだった。

登場人物[編集]

主人公[編集]

花丸慶介(はなまる けいすけ)
主人公。5人の姉達とは数々の思い出をもち、時にはストレス解消の道具に使われ、時には風呂場で背中を流され、時には誘惑されたりと性的な悪戯も受けてきた。
姉たちのかわいがりに嫌気がさして家出するが、「退屈だから」という理由でわずか1か月で連れ戻されてしまう。
連れ戻された後は姉の数が5人から10人に増えており、一軒家で10人の巨乳(姉)に囲まれる生活が始まった。

ヒロイン[編集]

旧姉妹[編集]

ももこ
花丸家長女で、炊事と洗濯を担っている。既婚者だが実家に戻ってきた。
アニメでは慶介の陰茎をゴムで縛るという射精管理によって性交できる時間を増やす。思いがけないアナルセックスを堪能した後、慶介の精液を全身に浴びた。
りんご
花丸家三女で、慶介家出前は次女。
普通の大学生のようだが、実はスリルを求めており、猥褻なウェブサイトを覗くのが趣味。
アニメではお風呂を覗いた慶介にお仕置き。彼女の自慰で興奮した慶介に挿入を許さずパイズリフェラで射精を促すというお仕置きを行った。
れもん
花丸家の五女で、慶介家出前は三女。慶介への愛情にあふれている。
アニメでは夢が叶い慶介とお風呂にはいることができた。お風呂で勃起した慶介を二つ巴によるパイズリフェラで射精させた。
みかん
花丸家の八女で、慶介家出前は四女。姉らしく振舞おうとしてよく失敗する。
アニメでは慶介とバイブレーダーを利用した痴女プレイを堪能。パイズリや騎乗位、フェラチオや手コキなどを駆使し慶介を射精させた。
びわ
花丸家の十女で、慶介家出前は五女だった。
アニメでは慶介の性根を叩き直そうとするもを慶介の勃起を見て困惑、フェラチオやパイズリを経て後背位を堪能してしまい、慶介から性交によるお仕置きをされてしまった。

新姉妹[編集]

餡禰
花丸家七女。怖いものが苦手であるにもかかわらず、小さな頃から第六感が発達しておりオカルトに詳しい。
アニメではAV撮影現場にて興奮してしまい自慰を開始、目撃した慶介と性交しつつ多くの男性陣から精液をかけられるなど慶介ならではの逆襲に遭う。
薰子
花丸家次女。
アニメでは慶介と後背位を堪能するが膣外射精を懇願するも間に合わず膣内射精となってしまう。自分の膣が気持ちよくて慶介が我慢できなかったものと判断し渋々容認した。
瑠璃栖
花丸家六女。同人サークルを運営するほどかなりのオタクである。
アニメでは慶介に同人誌を発見されてしまい、慶介に黙っていてもらうためシックスナインで慶介を射精させた。
時子
花丸家四女。得体のしれない雰囲気を醸し出す美女であり。
口癖は「中の人はいないよ?」
アニメでは慶介と後背座位によるデータ収集を試みるもデータ処理が追い付かず膣内ではなく膣外での射精になってしまい失敗、再度膣内射精に挑戦した。
琴菜
花丸家九女。勉強熱心なメガネっ娘。
アニメでは慶介と駅弁プレイを堪能、周囲にばれないよう膣内射精されても無言を貫いた。

スタッフ[編集]

  • 原画:佐野俊英
  • シナリオ:水栽培マン、コンバットH前
  • 音楽:Tutti's

関連作品[編集]

アダルトアニメ[編集]

原作と同じタイトルで、2005年から2006年にかけてMilkyより発売された。全2話。

キャスト
スタッフ
  • 原作 - G.J?
  • プロデューサー - 村上幸太郎
  • アニメーションプロデューサー - 晴倉仁
  • 絵コンテ・演出・キャラクターデザイン・作画監督 - 荒木英樹
  • 脚本 - ももいおさむ
  • 色彩設定・色指定 - 目高しげる
  • 美術監督 - 八街ケイン
  • 背景 - さくらと一郎
  • 撮影監督 - 箕輪直人
  • 撮影 - A.沖田泰章
  • 特殊効果 - 遠藤真一郎
  • 編集 - 田熊純
  • 音響監督 - 中川達人
  • 音楽プロデューサー - うずまきまさお
  • 制作担当 - 聖三平
  • アニメーション制作 - フレーバーズ・ソフト
  • 監督 - 荒木英樹(Vol.1)、中澤アユム(Vol.2)
  • 製作・発売 - Milky
  • 販売 - GPミュージアムソフト
各話リスト
  • 姉とボイン Vol.1(2005年12月25日発売)
  • 姉とボイン Vol.2(2006年7月25日発売)

ジュブナイルポルノ[編集]

  • 『姉とボイン』(パラダイム〈パラダイムノベルス252〉、2005年3月25日発売) ISBN 978-4894907522
    • 著:谷口東吾
    • イラスト:佐野俊秀
    • 監修:G.J?

脚注[編集]

  1. ^ 10人の爆乳お姉ちゃんたちのボインが君を圧殺! 『姉とボイン』10月29日発売!”. Game-Style (2004年10月5日). 2008年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月26日閲覧。

関連項目[編集]