姫路モノリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
姫路モノリス
姫路モノリス
姫路モノリス
情報
旧名称 逓信省姫路電信局別館、
NTT西日本兵庫支店姫路2号館
用途 結婚式場、レストラン
旧用途 逓信省姫路電信局別館、
NTT兵庫支店姫路2号館
設計者 上浪朗(逓信省営繕課技官)、
垂見和彦(姫路モノリス改装時)
建築主 逓信省
事業主体 逓信省→
→NTT西日本→ノバレーゼ
構造形式 鉄筋コンクリート
延床面積 2,330 m²
階数 2階
開館開所 1930年(昭和5年〉(逓信省)、2009年(平成21年)11月9日(姫路モノリス)
所在地 姫路市総社本町
座標 北緯34度49分58.5秒
東経134度41分42.7秒
文化財 姫路市都市景観重要建築物
指定・登録等日 2002年(平成14年)11月28日
テンプレートを表示

姫路モノリス(ひめじモノリス)は兵庫県姫路市総社本町にあるノバレーゼが経営するレストラン、結婚式場。旧逓信省の建物を利用して外観は当時のままに、全面に茶色のスクラッチタイルが貼られており、縦長で白枠の大窓が付設してある。姫路市都市景観重要建築物(第27号)に指定されている。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 姫路市都市景観重要建築物等
  2. ^ 築約80年の歴史的建造物、外観を残し再生:ノバレーゼ(PDF)
  3. ^ LEDなど環境への配慮と挙式に特化した照明が評価、照明デザインの世界的な賞を受賞:ノバレーゼ(PDF)

関連項目[編集]

  • 芦屋モノリス:旧逓信省芦屋別館を改装した建物。姫路モノリスと同様にノバレーゼが運営している。