姫路市立動物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
姫路市立動物園
Himeji city zoo
正面出入口
施設情報
前身 姫路城三の丸・出丸
所有者 姫路市
面積 30,759.93平方メートル[1]
頭数 365頭[1]
種数 107種[1]
開園 1951年12月1日[1]
所在地 670-0012
兵庫県姫路市本町68番地
位置 北緯34度50分12.3秒
東経134度41分39秒
テンプレートを表示
北側出入口

姫路市立動物園(ひめじしりつどうぶつえん)は、兵庫県姫路市姫路公園内、姫路城世界遺産)三の丸広場に隣接する動物園である[1]

1951年(昭和26年)12月1日サンフランシスコ講和条約調印を記念して開園。1955年(昭和30年)には博物館相当施設に指定されている。2011年(平成23年)現在、およそ120種400点の動物を飼育している。年間入園者数は約40万人。毎年12月下旬に当年から翌年への干支動物の引き継ぎ式を行っている。

施設の老朽化や狭隘化[2]、また姫路城内堀の復元計画や特別史跡内にあることから大規模な拡張が不可能なため、移転の計画があった[3][4][5]

沿革[編集]

飼育動物[編集]

飼育動物の愛称は姫路にちなんで「姫」のつくものが多い。

施設[編集]

  • 剥製展示室 - 園内で亡くなった飼育動物などを展示。骨格標本もある。
  • ふれあい広場 - モルモットヤギアヒルブタなどを直に触ることが出来る。
  • ミニ牧場など - ニワトリ乳牛などを展示。
  • 遊具施設 - 飛行機塔や観覧車、マジックハウス、モノレールなどがある。1952年(昭和27年)に設置された施設もあり、多くの施設は老朽化が進んでいるものの現在も稼働中。ゲームコーナーには平日稼働していないものがある。
  • どんぐりポスト」あり(タヌキ、モモンガ、オシドリなど)、園内で[6]

ナイトZOO[編集]

姫路お城まつり開催日やサポーター対象に夜間に入園できる「ナイトZOO」を開催している[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 観光交流 (PDF)”. 市政の概要 平成27年版. 姫路市. 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ (きょうあいか)狭くて余裕がない様子
  3. ^ 動物園のあり方に関する検討会について(姫路市立動物園サイト内)
  4. ^ 移転前提に10年間は現行通り 姫路市立動物園神戸新聞 2010/06/18 09:15(共同)
  5. ^ 和歌山公園動物園:健在!お城の中の動物園 「移転」一転「存続」へ
  6. ^ どんぐりころころ♪姫Zooぶろぐ,2009年10月28日
  7. ^ 「姫路お城まつり」開催にともなう動物園無料開放及びナイトZOOの開催について
  8. ^ 第6回サポーター限定ナイト・ズーの報告について

関連項目[編集]