威海衛占領軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
威海衛占領軍
創設 1895年明治28年)4月5日
廃止 1898年(明治31年)5月23日
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 威海衛
最終位置 威海衛
テンプレートを表示

威海衛占領軍(いかいえいせんりょうぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

日清戦争の講和条約(下関条約)締結に伴い、威海衛の保障占領を行うため、1895年(明治28年)4月に編成され、1898年(明治31年)5月に復員した。司令部は同年5月30日に帰着し、同月31日より東京市九段坂偕行社で事務を開始[1]。同年6月13日に解散した[2]。同年8月22日、元威海衛占領軍司令部残務所は、その業務が完了し閉鎖した[3]

軍概要[編集]

司令部構成[編集]

創設時隷下部隊[編集]

※1896年6月、混成第2旅団と交代。

  • 混成第2旅団:西寛二郎 少将

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4474号、明治31年6月1日。
  2. ^ 「威海衛占領軍司令部解散に伴う同条例自然消滅の件通牒」
  3. ^ 『官報』第4546号、明治31年8月24日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]