婁底市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中華人民共和国 湖南省 婁底市
曽国藩故居
曽国藩故居
婁底市の位置
婁底市の位置
中心座標 北緯27度44分 東経112度00分 / 北緯27.733度 東経112.000度 / 27.733; 112.000
簡体字 娄底
繁体字 婁底
拼音 Lóudî
カタカナ転写 ロウディイ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
湖南
行政級別 地級市
建置
建市 1999年
市委書記
市長
面積
総面積 8,107 km²
人口
総人口(2006) 412.04 万人
経済
電話番号 0738
郵便番号 417000
ナンバープレート 湘K
公式ウェブサイト http://www.hnloudi.gov.cn/

婁底市(ろうてい-し)は中華人民共和国湖南省に位置する地級市。婁底市の総面積は8117 km2、2019年の人口数は394.13万人、人口密度は約486人/km²である。[1]

地理[編集]

湖南省の中部に位置し、益陽市長沙市湘潭市衡陽市邵陽市懐化市に接する。湘江の支流である漣水が市域内を流れている。婁底市の平均海抜は170m、最高地点の新化九龍池の海抜は約1622mであり,最低地点の江口峡谷は64mである。両者の間に1558mの差がある。[2]

人口[編集]

2019年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると,1.14%増の394.13万人である。2019年度の出生率は1.037%、死亡率は0.527%、自然増加率は0.510%である。[1]

歴史[編集]

1999年1月に地級市として婁底市が成立した。

経済[編集]

婁底市統計局によると,2019年域内総生産は1640.58億元。前年度より8.1%が増加した。[3]

気候[編集]

婁底市の気候区分は亜熱帯モンスーン気候に属する。特徴としては,四季の変化が明瞭であり,夏季は高温,冬季は低温となる日が多い。年間平均温度は6.5~17.5℃で,雨が降りやすい時期は4-7月の間である。[4]

行政区画[編集]

1市轄区・2県級市・2県を管轄下に置く。

婁底市の地図

年表[編集]

漣源地区[編集]

  • 1977年9月29日 - 湖南省邵陽地区冷水江市漣源県双峰県邵東県新邵県新化県を編入。漣源地区が成立。(1市5県)
  • 1980年7月15日 - 漣源県の一部が分立し、婁底市が発足。(2市5県)
  • 1982年12月11日 - 漣源地区が婁底地区に改称。

婁底地区(1982年-1983年)[編集]

  • 1983年2月8日
    • 婁底市・双峰県・漣源県が湘潭市に編入。
    • 冷水江市・邵東県・新邵県・新化県が邵陽市に編入。

婁底地区(1983年-1999年)[編集]

  • 1983年7月13日 - 湘潭市双峰県漣源県婁底区、邵陽市新化県冷水江区を編入。婁底地区が成立。(2市3県)
    • 冷水江区が市制施行し、冷水江市となる。
    • 婁底区が市制施行し、婁底市となる。
  • 1984年7月11日 - 漣源県の一部が婁底市に編入。(2市3県)
  • 1987年6月10日 - 漣源県が市制施行し、漣源市となる。(3市2県)
  • 1999年1月20日 - 婁底地区が地級市の婁底市に昇格。

婁底市[編集]

  • 1999年1月20日 - 婁底地区が地級市の婁底市に昇格。(1区2市2県)
    • 婁底市が区制施行し、婁星区となる。
  • 2017年1月24日 - 漣源市・双峰県の各一部が婁星区に編入。(1区2市2県)

交通[編集]

鉄道

道路

  • 滬端高速道路

観光スポット[編集]

  • 曽国藩故居 - 清代の両江総督・直隷総督曽国藩の生家である[5]
  • 梅山龍宮
  • 紫鵲界梯田

脚注[編集]

  1. ^ a b 人口紅黑庫によると2019年の人口は前年度と比べて1.14%増の394.13万人である。
  2. ^ 婁底市人民政府(自然地理概要)
  3. ^ 婁底市2019年国民経済と社会発展統計公報(婁底市統計局)
  4. ^ People’s Government of Loudi Municipal (婁底市気候)
  5. ^ 曽国藩故居(ウィキペディア)