婦人公論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
婦人公論
Fujinkōron first issue.jpg
『婦人公論』創刊号の表紙
ジャンル 女性誌
刊行頻度 毎月第2・第4火曜日
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 中央公論新社
発行人 松田陽三
編集長 三浦愛佳
雑誌名コード 610
刊行期間 1916年1月 - 現在
ウェブサイト https://fujinkoron.jp/
テンプレートを表示

婦人公論』(ふじんこうろん)は、中央公論新社読売新聞グループ)が発行する婦人・女性誌。創刊は大正5年(1916年)1月。1998年3月7日発売の3月22日号より月2回刊(毎月第2・第4火曜日発行)。サイズはA4版変型。2017年現在の編集長は三浦愛佳、発行人は松田陽三。

コンセプト[編集]

「女性の解放と自我の確立を求める時代の声」をとらえ、雑誌『中央公論』は1913年(大正2年)「閨秀十五名家一人一題」「婦人問題」特集を企画し、大いに衆目を集めた。この好評が1916年の「婦人公論」の創刊につながった。

自由主義と女権の拡張を目ざす」がコンセプトだった。これは実用記事が多かった同時代の『主婦の友』(1917年創刊)、『婦人画報』(1905年創刊)、『婦人倶楽部』(1920年10月創刊)と比べ、ひときわ異彩を放っていた。戦前はこれらと『婦人公論』を併せて4大婦人雑誌と呼ばれていた。

現在は「女性の幸せを追求する」、「年齢にとらわれない自由な生き方を応援する」としている[1]

歴代編集長[編集]

掲載作品[編集]

小説・エッセイ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『編集会議』2004年8月号(当時の編集長:瀧澤晶子コメント)
  2. ^ 『中央公論社の50年』
  3. ^ 『中央公論新社120年史』