婦警さんは魔女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
婦警さんは魔女
ジャンル テレビドラマ
脚本 長野洋
江連卓
山中伊知郎
監督 江崎実生
竹本弘一
出演者 榊原郁恵
松崎しげる
国広富之
ナレーター 芥川隆行(次回予告のみ)
オープニング 松崎しげる「僕のそばにいなさい」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 春日千春 他
制作 TBS
大映テレビ
放送
放送チャンネルTBS系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1983年1月5日 - 1983年3月30日
放送時間水曜 20:00 - 20:54
放送枠TBS水曜8時枠の連続ドラマ
放送分54分
回数12回
テンプレートを表示

婦警さんは魔女』(ふけいさんはまじょ)は、1983年1月5日から同年3月30日まで、TBS系列北陸放送を除く)で放送されたテレビドラマ。全12話。

魔女と人間のハーフである婦人警官・辰巳すみれの活躍を描いた作品である。

1974年4月スタートの「事件狩り」以来、水曜20時台にTBS大映テレビが共同で制作した連続ドラマは本作品が最後となった。

2021年2月18日から25日まで毎週月曜から金曜23:00からTBSチャンネル2で2話まとめて再放送された[1]。(ただし2月24日は23:10から)

噂の刑事トミーとマツ」の松崎しげる国広富之のほか「夜明けの刑事」、「明日の刑事」などのレギュラー出演者も多数レギュラー出演しこの枠の最後を飾った。

ストーリー[編集]

植木職人の父・勇造と暮らしている辰巳勇太・すみれの兄妹は、日の出署にそれぞれ勇太は捜査員として、すみれは交通課員として勤務する警察官であった。すみれは、母・タカの遺言により、実の家族だと思っていた辰巳家と自分はアカの他人だと知る。タカはすみれと出来の悪い兄勇太との結婚を切望していた。また息を引き取る際にすみれの実母が生前に書いた手紙を手渡した。その手紙で、すみれは実母が魔女であり、自分が魔女と人間のハーフであることを知り驚く。養父・勇造には思い当たる節があった。幼い頃、悪ガキだった勇太にいじめられ泣きじゃくるすみれを慰めるが、その犯人である勇太が自力では登ることが不可能な場所に置かれて彼もまた助けを求めて泣いていたのだ。すみれの魔力によるものだった。

そんなある日、銀行強盗を目撃したすみれは犯人を追跡し、知らせで駆けつけた勇太の働きを見守っていたがそのひどさにヤキモキし、見ていられずに思わず目をつぶってしまった。すると絶体絶命の勇太が忽然と消えてしまった。初めて自分の超能力を自覚したすみれ。勇太は大手柄だが、魔力を使ったすみれには憧れの高木俊介を前に魔界からペナルティが下される。

毎回、以上のようなドタバタ劇を展開しながら、すみれと勇太、そして高木との三角関係も描いていく。

魔界側もすみれの魔力を行使せざるを得ない事情を考えるようになるが、掟は掟と条件付きで許すことを告げる。しかし、それでも義兄の危機に魔力を使ってしまう。ところが、日の出署を高木が去るという出来事にショックを受ける。そんな高木からの手紙を受け取り、実は最後に魔法を使ったのは高木だと記されていた。高木もまた魔女の子だったのだ。すみれを愛していることを手紙の中で告げ、再会した時に答えを聞かせて欲しいと書かれていた。養母の義兄との結婚をという願いは応えられないほどに、すみれの心の中には高木に対する想いが育まれていたため、心の中で想いを告げることを決意するすみれだった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

  • 主題歌:「僕のそばにいなさい」(作詞・康珍化、作曲・編曲・坂田晃一、歌・松崎しげる)
  • 挿入歌:「恋人たちのメロディー」(作詞・伊藤アキラ、作曲・坂田晃一、編曲・矢野立美、歌・榊原郁恵)

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト 視聴率
1 1983年
1月5日
必見! 日本の魔女 長野洋 江崎実生 小山明子 13.8%
2 1月12日 罰下る! あぁ恥ずかしいこのコトバ 西田良 堀礼文 草薙良一 12.3%
3 1月19日 人形が歩く! もう絶望ほとんど魔女 江連卓 竹本弘一 中原早苗 早瀬久美 北原ルミ 9.1%
4 1月26日 やばい! パトカーが空とんじゃった 長野洋 水森コウ太 永田三奈 大和撫子 辻伊万里 加地健太郎 11.4%
5 2月2日 今夜の罰は「キスして、キスして?!」 江連卓 江崎実生 坂上味和 村嶋修 浜田晃 椎谷建治 根岸一正 沖田駿一 佐々木梨里 河原さぶ 12.2%
6 2月9日 死にたい! 今夜の罰はチカンに色魔 長野洋 三浦リカ 岡本プク 本山可久子 小原秀明 岡本達哉 吉岡ひとみ 8.1%
7 2月16日 遂に魔女? うるせェこの! とひっぱたき 竹本弘一 丹古母鬼馬二 11.6%
8 2月23日 嬉しいッと言いながら背負い投げ 江連卓 江崎実生 7.9%
9 3月2日 恋のサヤ当て大衝突 4角関係大波乱 山中伊知郎 樋浦勉 14.5%
10 3月9日 キスミープリーズに喜ぶと…?! 江連卓 竹本弘一 川辺久造 吉田忍 八木昌子 8.0%
11 3月16日 見よこの魔力! 大地が割れて水がふく!! 江崎実生 三夏伸 13.1%
12 3月30日 大逆転! これが本当のハッピーエンド 長野洋 福山象三 矢野間啓治 木島一郎 中西妙子 13.9%

脚注[編集]

  1. ^ TBS. “婦警さんは魔女|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]” (日本語). TBS CS[TBSチャンネル]. 2021年2月20日閲覧。
TBS系列 水曜20時ドラマ枠(1983年1月~3月)
前番組 番組名 次番組
噂の刑事トミーとマツ
(第2シリーズ)
婦警さんは魔女
(廃枠)
TBS系列 水曜20時台(1983年1月~3月)
噂の刑事トミーとマツ
(第2シリーズ)
婦警さんは魔女