嫌われ監察官 音無一六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
嫌われ監察官 音無一六
ジャンル 刑事ドラマ
脚本 山岡潤平
倉貫健二郎
監督 倉貫健二郎
出演者 小日向文世
京野ことみ
中越典子
製作
制作 テレビ東京
BSジャパン
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1 - 2作
(水曜ミステリー9〈第2期〉)
エンディング エンディングテーマを参照
放送期間 2013年12月18日 - 2014年11月5日
放送時間 水曜 21:00 - 22:48
放送枠 水曜ミステリー9
放送分 108分
回数 2
水曜ミステリー9
第3 - 4作
(水曜エンタ・水曜ミステリー9)
エンディング エンディングテーマを参照
放送期間 2016年2月24日 - 2017年1月18日
放送時間 水曜 21:00 - 22:48
放送枠 水曜ミステリー9
放送分 108分
回数 2
水曜エンタ・水曜ミステリー9
第5作
(ドラマ特別企画)
放送期間 2018年7月6日
放送時間 金曜 20:00 - 21:48
放送分 108分
回数 1
公式サイト

嫌われ監察官 音無一六』(きらわれかんさつかん おとなしいちろく)は、2013年からテレビ東京BSジャパン共同制作で放送されている刑事ドラマシリーズ。主演は小日向文世

副題は『警察内部調査の鬼』(第1作 - 第3作)。

放送枠は「水曜ミステリー9(第2期)」(第1作・第2作)、「水曜エンタ・水曜ミステリー9」(第3作・第4作)。

キャスト[編集]

主人公と相棒[編集]

音無一六
演 - 小日向文世
警視庁警務部人事第一課の監察官で、元警視庁捜査一課の刑事(階級は警視)。
厳しい性格で、刑事たちの職務怠慢や素行を決して見逃さず、事件の聞き込みや仕事の状況において徹底した目で監視し、監視していた刑事に対してちょっとでも良くない事実が分かればきつい言葉で事細かく注意を促したり、時には捜査に支障をきたすと判断して謹慎処分、もしくは退職処分を言い渡しているが、それ故にほとんどの刑事たちからはかなり疎まれており、度々悪口や嫌味を言われたり、逆恨みから怪我を負わされたこともある。刑事だった頃にストーカー被害に遭う女性から相談を受け、その時に別の事件が入った為に相手に出来ず、代わりに警視庁世田谷西警察署に相談するように促したものの、警視庁世田谷西警察署の刑事の怠慢が原因で被害女性はなんの対処もされずにストーカーに殺されてしまい、挙句の果てに保身と体裁の為に事件そのものを隠蔽しようとした警察そのものに絶望する。当時の監察官であった千住にストーカー事件を打ち明け、彼女の協力を得て事件を白日の下に晒し、結果として事件に関わった警察署の刑事たち(中には二宮満も含まれている)を処分させる事は出来た(以来は別の刑事から「仲間を売った」と陰口を叩かれ、またイソップ寓話卑怯なコウモリに因んで「コウモリ」と形容されるようになる)が、事件後は警察を内部から変える為に刑事から監察官になり、以降は嫌われる覚悟で厳しい性格を発揮するように至る。大の虫嫌い。
五月女ちとせ
演 - 京野ことみ(第1作・第2作)
第1作と第2作の一六の相棒。警視庁捜査一課 第三強行犯第五係。階級は警部補。
猪突猛進で、曲がった事を非常に嫌う程の正義感に満ち溢れているが、反面では先入観にとらわれ過ぎて目先の事ばかりを疑い、事件の真意を見逃してしまうなどの欠点があり、それを一六に指摘されている。当初は一六を嫌っており、度々反発していたものの、誰もが気付かなかった事実に一足先に気付いた一六の優秀さを評価し、また彼の過去と真意を知ったことで一六に対する考えと態度を改めるようになり、捜査を共に進めて事件を解決させたことをきっかけに完全に打ち解ける。
三条渚
演 - 中越典子(第3作 - )
経歴:警視庁湾岸北警察署 刑事課(第3作) → 警視庁西調布警察署 刑事課(第4作) → 警視庁捜査一課(第5作)
第3作と第4作の一六の相棒。階級は巡査部長。最初は一六を嫌い、彼の考えや行動に不快を示していたものの、一六と行動して捜査を進めていくうちに彼の真意を理解するに至り、事件解決後は打ち解ける。
溝呂木(こおろぎ)三花
演 - 堀内敬子(第5作)
第5作の一六の相棒。警視庁有明警察署 刑事課強行犯係。

警視庁[編集]

七尾政和
演 - 石丸謙二郎
刑事部の部長。捜査状況や刑事たちの様子を監視しては過剰に口出ししたり、素行の悪さを理由に簡単に刑事を謹慎もしくは退職処分にしている一六の事を快く思っておらず、度々本人や彼の上司である千住に抗議している。
千住遼子
演 - 田中美佐子
警務部の部長(階級は警視監)で、一六の上司。一六の事を本当に理解しており、彼の行動を正しいものと定め、捜査に支障が出るような刑事たちを容赦無く処分する事を許し、また七尾から一六の事で抗議されても彼を庇い、時には共に処分される事を望むなど、頼れる上司としての技量と強さを持つ。また、一六が刑事だった時は監察官の立場にあり、当時世田谷西警察署が隠蔽しようとしたストーカー事件を彼と協力して白日の下に晒しているが、過去の警察の行動から今でも警察の実状に不信感を抱いており、故に一六の警察を変えるといった考えに賛成し、嫌われようが自分を貫くようにも諭している。

その他[編集]

二宮満
演 - 小野武彦
居酒屋「みつる」主人で、元警視庁世田谷西警察署の署長。
当時管内で起きたストーカー事件において、当初は上層部に従ってその事件を隠蔽しようとしていたが、一六と千住によって真実を白日の下に晒されたことで退職処分となり、警察を辞めた。警察を辞めた後は自分がやってはいけない事をしたと気付き、またそれに気付かせてくれた一六を恨まずにむしろ感謝を示し、居酒屋の主人になった今でも店を訪れる一六を歓迎するなど、良好な関係を築く。

ゲスト[編集]

第1作「刑事の敵が怠慢捜査捜査にメスを入れる!“L字の指”で殺された男!? 14年沈黙した未解決事件」(2013年)
  • 羽佐間史郎(警視庁捜査一課 管理官) - 益岡徹
  • 甲山香織(甲山の妻・都議会議員) - 遠山景織子[1]
  • 島内浩司(警視庁武蔵多摩警察署 刑事課 警部) - デビット伊東
  • 正岡敦(警視庁武蔵多摩警察署 刑事課 巡査部長) - 大浜直樹
  • 松葉勝(松葉探偵事務所の探偵) - 木下ほうか
  • 川上圭太(刑事) - 木村昴[2]
  • 木村歩美(木村の娘・洋食店「クレア」店員) - 珠木ゆかり[3]
  • 伊藤武志(武蔵多摩市青年団 団長) - 生津徹
  • 甲山慎次(町おこしコーディネーター) - 今里真
  • 山崎光司郎(都議会議員) - 若林久弥
  • 酒屋 - 小林尚臣
  • 司法解剖した医師 - 伽代子
  • 2年前の「世田谷区ストーカー殺人事件」被害者 - 團遥香
  • レポーター - 奥田由美[4]
  • 甲山香織事務所 スタッフ - 橋沢進一
  • 2年前の「世田谷区ストーカー殺人事件」被害者の父 - 群馬茂平
  • 若い男性 - 練苧弘晃[5]
  • 若い女性 - 逢澤みちる[6]
  • 木村茂(洋食店「クレア」オーナーシェフ) - 志賀廣太郎
  • ご当地アイドル - 関口あゆみ[7]、寺脇真美[7]、愛海[7]ゆりあ[7]
第2作「深読み”の天才は刑事の敵!? 15年前から届いた悪魔の告発文!!“時が止まった”母子を救え!!」(2014年)
  • 植松拓実(警視庁南荒川警察署 巡査・栄作と佳代の息子) - 窪塚俊介[8]
  • 須賀慎司(レストラン「フォレスト」オーナー・若葉の元恋人) - 山中聡
  • 桜井善之(管理官) - 大谷亮介
  • 岩森剛(警視庁南荒川警察署 警部補) - やまもとまさみ[9]
  • 高木和弘(警視庁南荒川警察署 刑事) - 坂田聡
  • 村越雄也(警視庁南荒川警察署 刑事) - 芳野正朝[10]
  • 木嶋優一(15年前の「女子高生ストーカー殺人事件」容疑者 → 15年服役し出所後6日目に殺害) - 阿部亮平[11]
  • 長谷川弥生(岡崎家の家政婦) - 細野今日子
  • 植松栄作(警視庁南荒川警察署 署長) - 佐久間哲
  • 植松佳代(栄作の妻) - 桜木ひろ子[12]
  • 巡査 - 熊木聡一[13]
  • 記者 - 東條織江[14]日中泰景[15]、大沼遼平
  • 岡崎忠彦(衆議院議員・元弁護士) - 升毅
  • 岡崎若葉(光枝の連れ子・15年前の「女子高生ストーカー殺人事件」被害者〈当時高校3年生〉) - 園部莉子
  • 死体第一発見者のカップル - 設楽あず、三浦圭祐
  • 岡崎雅彦(忠彦と光枝の息子) - 秋間将汰
  • カフェ店員 - 幸野紘子[16]
  • 池田昇一郎(警視庁副総監) - 佐々木勝彦
  • 岡崎光枝(忠彦の妻) - 芦川よしみ
  • 木嶋康子(優一の義母・清掃員) - りりィ
第3作「連続殺人事件の現場に残されたのは、恋愛を詠った百人一首の札。怨恨か?それとも…?監察官・音無一六が“深読み力”で真相を暴く!」(2016年)
  • 高崎邦茂(警視庁湾岸北警察署 刑事課 巡査部長) - 松田悟志[17]
  • 真柴圭史(宗教団体「幸愛乃光」広報担当) - 尾上寛之
  • 中川孝祐(刑事 → 音無一六に暴力を奮い免職) - 田中聡元
  • 末次俊(警視庁湾岸北警察署 刑事課 刑事) - 伊与勢我無
  • 原雅義(「幸愛乃光」被害者の会 代表) - 井上高志
  • 田辺秀治(「幸愛乃光」被害者の会 前代表・私立明邦高等学校 元教師・故人) - 藏内秀樹
  • 五十嵐泰臣(弁護士・「百人一首連続殺人事件」第1被害者) - 長棟嘉道
  • 稲村朋美(芸能プロダクション社長秘書) - 安亜希子[18]
  • 私立明邦高等学校 教師 - 大月秀幸
  • 長谷部元哉(IT企業社長) - 雑賀克郎
  • 十文字みどり(芸能プロダクション社長・元女優・「百人一首連続殺人事件」第2被害者) - 宇津井香織[19]
  • 小玉道宣(東都大学病院 心臓外科医・「百人一首連続殺人事件」第3被害者) - 大家仁志
  • 山下里瑛(レポーター) - 山本英里
  • 藤代栄治(探偵・元監察官・二宮満の元部下) - 宅麻伸
  • 水守義昭(警視庁湾岸北警察署 刑事課 刑事) - 西山浩司
  • 飯塚久雄(警視庁捜査一課 管理官・警視) - 矢島健一
第4作「監察官の毒殺事件が発生。その直後に届いた一通の告発文が意味するものとは…?監察官・音無一六が“深読み力”で事件の真実を突き止める!」(2017年)
  • 中村康介(警視庁西調布警察署 刑事課 刑事) - 山崎銀之丞
  • 島岡正(野菜農園の社長) - 近藤公園
  • 岡部由美(パティシエ・旧姓「石黒」) - 西原亜希
  • 加藤和馬(警視庁西調布警察署 刑事課 刑事) - 堀井新太
  • 曽根崎和美(曽根崎の妻・半年前から別居中) - 野口かおる
  • 下柳勉(フリーライター) - 神農直隆
  • 石黒信也(由美の夫・元警視庁南麻布警察署 生活安全課 巡査部長・1年前死亡) - 山岸門人
  • 曽根崎修(警視庁警務部 人事第一課 監察官・音無一六の同僚) - 望月章男
  • 山田秀彦(元警察官・15年前転落死) - 神山大和
  • 井上心(こども食堂「もりもり」入園児) - 古川凛[20]
  • 佐藤(東京都警察学校) - 八十田勇一
  • マンション管理人 - 谷田部俊
  • こども食堂「もりもり」スタッフ - 藤本静
  • 木下(警視庁南麻布警察署 刑事) - 友寄[21]
  • 田辺(警視・音無一六の監察対象者) - 筒井巧
  • 井上(心の母) - 押田佐代子
  • 刑事 - 乙黒史誠[22]
  • ガードマン - 橋本拓也[23]
  • 警備員 - 関ヒロユキ[24]
  • 警官 - 東龍美[25]、和知龍範[26]
  • 松下亜紀子(こども食堂「もりもり」代表・元警視庁刑事・千住遼子の恩人) - 室井滋(若き日:長田涼子[27]
  • 記者 - 森戸宏明
  • 市長 - 世古陽丸
  • 警視庁西調布警察署 女性警察官 - 三木くるみ[28]
  • 15年前に万引きした主婦 - 辰巳ゆい
  • こども食堂「もりもり」スタッフ - 矢﨑初音[29]
  • 山田幹夫(秀彦の父・やまだ写真館 店主) - 小倉一郎
  • 岩瀬厚一郎(警視庁捜査一課 管理官) - 佐戸井けん太
  • 長田健次(警視庁西調布警察署 刑事課 巡査部長・来月定年) - 不破万作
第5作「監察中の“疑惑の刑事”が殺された!逃亡者は一六の実弟『二六』!? 警察内部調査の鬼が“深読み力”で衝撃の毒殺トリックに挑む!」(2018年)
  • 万丈二六(一六の弟・個人タクシードライバー) - 遠藤憲一[30]
  • 有村俊樹(警視庁組織犯罪対策第四課 警部補・二六の親友) - 大友康平
  • 室岡徹(室岡不動産 社長) - 宮川一朗太
  • 阿部志津香(室岡不動産 社員) - 青山倫子
  • 奥泉栄一郎(警視庁捜査一課 巡査長) - 鈴之助
  • 仁科修平(仁科ホテルグループ 社長) - 小林一英
  • 涌井(警視庁組織犯罪対策第四課 巡査部長) - 細見大輔
  • 警視庁捜査一課 刑事 - 足立智充
  • 竹田(刑事) - 竹内健史[31]
  • 警官 - 大水洋介ラバーガール
  • 刑事 - 名村辰
  • 戸田(解剖医) - 山元隆弘
  • 巨竜会 構成員 - 大沼智貴
  • 仁科の秘書 - 加藤慎吾
  • リポーター - 日中泰景[32]
  • 飯田正臣(警視庁組織犯罪対策第四課 課長) - 大河内浩
  • 川谷宗輔(警視庁捜査一課 管理官) - 小木茂光

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1[33] 2013年12月18日 刑事の敵が怠慢捜査捜査にメスを入れる!
“L字の指”で殺された男!? 14年沈黙した未解決事件
酒井直行
牟田桂子
倉貫健二郎
2[34] 2014年11月05日 深読み”の天才は刑事の敵!? 15年前から届いた悪魔の告発文!!“時が止まった”母子を救え!! いとう斗士八
3[35] 2016年02月24日 連続殺人事件の現場に残されたのは、恋愛を詠った百人一首の札。
怨恨か?それとも…?監察官・音無一六が“深読み力”で真相を暴く!
大浜直樹
4 2017年01月18日 監察官の毒殺事件が発生。その直後に届いた一通の告発文が意味するものとは…?
監察官・音無一六が“深読み力”で事件の真実を突き止める![36]
吉本昌弘
5 2018年07月06日 監察中の“疑惑の刑事”が殺された!逃亡者は一六の実弟『二六』!?
警察内部調査の鬼が“深読み力”で衝撃の毒殺トリックに挑む![37]
山岡潤平
倉貫健二郎

脚注[編集]

  1. ^ 水曜ミステリー - 遠山景織子オフィシャルブログ 2013年12月1日
  2. ^ プロフィール - アトミックモンキー
  3. ^ プロフィール - アール・クルー
  4. ^ プロフィール - アルファセレクション
  5. ^ プロフィール - グリーンメディア
  6. ^ プロフィール - グリーンメディア(アーカイブ)
  7. ^ a b c d -FIVEDOORS- information - ファイブドアーズ(アーカイブ)
  8. ^ 映像・舞台 - 青年座映画放送
  9. ^ “やまもとまさみが「水ミス9」でドラマ初出演”. お笑いナタリー. (2014年10月23日). http://natalie.mu/owarai/news/129401 2016年2月11日閲覧。 
  10. ^ 嫌われ監察官〜音無一六2〜 - 芳野正朝オフィシャルブログ 2014年11月4日
  11. ^ WORK HISTORY - JFCT
  12. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  13. ^ プロフィール - 五社プロダクション
  14. ^ ドラマ - 舞夢プロ
  15. ^ ドラマ - 舞夢プロ
  16. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ
  17. ^ 松田悟志 - Twitter 2016年2月24日
  18. ^ プロフィール - ウォーターブルー
  19. ^ プロフィール - アンジュ
  20. ^ プロフィール - クラージュ
  21. ^ プロフィール - 五社プロダクション
  22. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ(アーカイブ)
  23. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ(アーカイブ)
  24. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ(アーカイブ)
  25. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ
  26. ^ プロフィール - フォセット・コンシェルジュ
  27. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  28. ^ プロフィール - ハーヴェストプロダクション
  29. ^ 矢﨑初音 - Twitter 2017年1月17日
  30. ^ 小日向文世と遠藤憲一が兄弟役に!「遠藤君は本当に芝居好きで無邪気」”. ザテレビジョン (2018年6月19日). 2018年6月25日閲覧。
  31. ^ 竹内健史 - Twitter 2018年7月3日
  32. ^ ドラマ - 舞夢プロ
  33. ^ 小日向文世演じる“嫌われ監察官”が未解決事件に風穴を!『水曜ミステリー9』”. モデルプレス (2013年12月18日). 2017年1月4日閲覧。
  34. ^ 名脇役の小日向文世が2時間ドラマ主演!水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六2」あらすじと予告動画”. navicon (2014年11月4日). 2016年2月11日閲覧。
  35. ^ 小日向文世、百人一首連続殺人事件の真相を暴く!2/24水ミス「嫌われ監察官 音無一六3」あらすじと予告動画”. navicon (2016年2月24日). 2016年3月2日閲覧。
  36. ^ 水曜ミステリー9「嫌われ監察官 音無一六スペシャル」小日向文世主演シリーズ - テレビ東京
  37. ^ ドラマ特別企画「嫌われ監察官 音無一六スペシャル」小日向文世主演×遠藤憲一 - テレビ東京