出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

: こ、漢音: し、呉音: じ[要出典]唐音: す、普通話: ツー・ツ)

以下、読み方によって節を分ける。

[編集]

[編集]

  • 親に対する子
    • 本人の直系卑属、すなわち実子もしくは養子のこと。主に息子のこと。は、子の他に女(おんな)と呼び分けられることも。
    • 比喩的な用法。多くは文脈中で「親」の語も併用し、たがいに対置的な概念を表現する。接頭辞的な用例が多い。「子機」「子プロセス」「子集合」など。トランプ麻雀などで親以外のプレイヤー。
  • 子ども(大人に対する)。やや文語的な表現で、「見知らぬ子」「子らの遊ぶ声」など。また接尾辞的に「いじめっ子」「鍵っ子」「はみだしっ子」など。人間以外の動物では「仔」とも書く。「すずめの子」「虎の子(比喩表現)」「鳥の子(卵の意)」「竹の子(筍)」など。 また接頭辞として、「子猫」「子牛」「子だぬき」「子象」など。
  • 、または
  • 子 (人名)。主に女性名の末尾に使う。
  • 方言または方言的表現で、名詞の後ろにつける接尾辞。「花こ」(はな)、「茶碗こ」(茶碗)、「石こ」(石)など。

[編集]

  • 十二支の子。漢語・漢文等以外では「ね」と読むことが多い。いわゆる生まれ年のほか、方角や時刻にも使われる。本来「ネズミ」の意であることから、日本語では「ね」の音をあてた。
  • その後「子」を「ね」と読むことが一般的になり、近代まで、「子」は一種の変体がなとして「ね」「ネ」と同じように使われた。

[編集]

通常は漢音で「し」と読む。漢字の部首として子部(部首の第39)。

名詞[編集]

助数詞[編集]

人物を表す称[編集]

  • 中国人の(あざな)に使う文字。「子〜」という形で使う。「子貢」など。
  • 「〜子」の形で使うもの

名詞接尾辞[編集]

中国語では元来ほとんどの語彙が単音節語だったのが、のちに接尾辞・接頭辞が発達した。「子」はもっとも多用される接尾辞のひとつである。日本語に入った経路・時期が複数あったため読み方は多様である。

  • シと読むもの…骨子、冊子獅子、種子、女子、男子、帽子、など
  • ス(ズ)と読むもの…杏子、椅子、扇子、様子、柚子、など
  • ザと読むもの…餃子
  • ツと読むもの…面子

造語成分としての接尾辞[編集]

[編集]

  1. ^ 「すいてつし」と読み、日本神話ヒルコとは無関係。

関連項目[編集]