ヒステロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒステロスコープ(Hysteroscope)は子宮鏡、子宮内視鏡とも呼ばれ、子宮腔空の内部を直視により観察、写真撮影、生検をおこなう内視鏡。生理食塩水炭酸ガスで子宮腔を広げて挿入する。子宮頸管癌、子宮頸管筋腫、子宮内膜ポリープなど、適用範囲は広い。

プローブを除いた基本的な構造は他の医療用内視鏡と大差ないが、オリンパス消化器呼吸器などが中心。婦人科産科用としてはカール・ツァイス持田シーメンスメディカルシステムペンタックスのOEM)、ライカ三鷹光器のOEM)などがある。

関連項目[編集]