子連れ狼 その小さき手に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
子連れ狼 > 子連れ狼 その小さき手に
子連れ狼 その小さき手に
監督 井上昭
脚本 小池一雄
中村努
出演者 田村正和
仲代達矢
橋爪功
古手川祐子
石橋蓮司
田中邦衛
音楽 川崎真弘
撮影 藤原三郎
製作会社 小池一夫事務所
配給 日本の旗 松竹
公開 日本の旗 1993年2月6日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

子連れ狼 その小さき手に』(こづれおおかみ そのちいさきてに)は、小池一夫小島剛夕漫画子連れ狼』を原作とする田村正和主演の時代劇映画。小池一夫自らが製作にあたり[1]1993年松竹系で劇場公開された。田村正和が13年ぶりに映画に出演[2][3]、拝一刀を演じた[4]井上昭はこの作品で実に23年ぶりの映画監督を務めた[5]

概要[編集]

原作とは違い、大五郎が使用する乳母車は登場せず[5]、大五郎は一刀の手を取って歩く[6]。また旧作とはアクションシーンをガラリと変え、様式美に重きが置かれ[6][2]、またこれまでのアクション重視ではなく父子の愛情に重きを置いて製作された[3]

原作者の小池一夫が自ら企画・製作にあたっており、「この作品が酒倉の酒の様に熟成し続け、20年の歳月のうちに異なる薫りを放ち始め、その薫りを映像化したいと希ました。」、タイトルの小さき手にとは幼子の小さな手になにを握らせるのか、それは剣などではなく愛に象徴されるものであることを伝えたい。」とコメントした[6]。また田村正和は「まったく新しい子連れ狼像を作りたい。」との申し出に出演を決めた[6][3]

あらすじ[編集]

柳生一族は、拝一刀を排除して公儀介錯人の座を手に入れるべく、謀反の疑いを捏造、拝一家はこの謀略により取り潰し、切腹を命じられるが、これを拒否、拝一家を皆殺しにすべく柳生一族は拝の屋敷に刺客たちを差し向ける、拝一刀は屋敷に侵入した柳生の手の者たちを次々と切り倒すが、拝一刀の妻、あざみが柳生の手の者に殺されてしまう。河原での決闘で柳生蔵人を倒した拝一刀は、大五郎を連れて江戸を離れ、金で諸藩に雇われる刺客となるが、柳生一族は執拗に拝一刀を追う。やがて拝一刀と柳生一門を束ねる柳生烈堂は直接対峙することとなる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 子連れ狼 その小さき手に”. 松竹. 2021年7月9日閲覧。
  2. ^ a b 子連れ狼その小さき手に”. 日本映画情報システム. 2018年11月23日閲覧。
  3. ^ a b c 田村正和 追悼:テレビ界の大スターとしての栄光の奥に秘められた映画俳優としての素養”. Cinemaplus. 2021年8月16日閲覧。
  4. ^ 田村正和祭り」美剣士・腕下主丞の「乾いて候」から「子連れ狼」まで!マネのできない正和的世界”. 時代劇専門チャンネル. 2018年11月24日閲覧。
  5. ^ a b Kozure Ōkami: Sono chiisaki te ni”. 一般社団法人 日本映画製作者連盟. 2017年8月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 子連れ狼 その小さき手に 劇場パンフレット パンフレットにはページ番号記載は無し 4枚目のかいせつより