半保護されたページ

子鹿物語 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

子鹿物語
ジャンル 児童文学
アニメ:子鹿物語 THE YEARLING
原作 マージョリー・キナン・ローリングス
監督 おおすみ正秋
シリーズ構成 雪室俊一
脚本 雪室俊一
キャラクターデザイン 関修一
音楽 すぎやまこういち
神山純一
アニメーション制作 ビジュアル80
製作 講談社
放送局 NHK総合テレビジョン
発表期間 1983年11月8日 - 1985年1月29日
話数 全52話
テンプレート - ノート

子鹿物語 THE YEARLING』は、1983年11月8日から1985年1月29日まで、NHK総合テレビジョンで毎週火曜19:30 - 19:58(JST)に全52話が放送された、講談社エムケイ制作のテレビアニメである。

概要

アメリカの作家マージョリー・キナン・ローリングスによる同名小説を原作としており[1]、制作は原作の翻訳書を当時出版していた講談社エムケイである。

オープニング・エンディングは当時としては珍しく、作画工程をコンピュータグラフィックス(CG)で自動作成するとともにデジタル彩色を実用化したデジタルアニメで製作された。特に第2話に関しては、世界初となる全編がフルデジタルで製作されたため、最初期のデジタルアニメとして知られる[2]。そのCG製作には、制作会社エムケイの関連会社として当時存在していたジャパン・コンピュータ・グラフィック・ラボ(JCGL)が担当した[3]。それ以外はセルアニメ製作だが、通常より多い1話に1万2千枚のセルを使用し製作されている[4]

本放送時には、AパートとBパートの間のインターミッション部分に、実写による自然・生態系のドキュメンタリー映像が挿入されていた。

放映当時、1946年の映画制作によって原作の映像化権利を有していたMGMとのライセンス契約を講談社が締結して放映されたため、オープニングテーマクレジットの最初に、原作者名と併せてMGM映画のオープニングで知られる「レオ・ザ・ライオン」ロゴが表記されている(1996年のアニメ『名犬ラッシー』もMGMが『子鹿物語』に先だって映像化した作品であるため、ライセンスについてエンディングクレジットで英文表記されている)。テレビアニメ版の共同提供は、ワーナー ブラザース ジャパンNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、講談社が担当している。

1990年にはNHK衛星第2テレビジョンの「衛星アニメ劇場」枠にて再放送され、1995年にCSLET'S TRYチャンネル(現:ヒストリーチャンネル)での放送以降は、現在まで再放送が一度も行われていない。また、ソフト化に関しては1990年に全話収録のVHS(全13巻)がNHK通信販売限定で発売されたのみであり、現在では視聴が困難な作品となっている。

フォダウィング役は当初野沢雅子が演じる予定だったが、仕事がダブルブッキングしていることが収録前日に判明したことから演じられなくなったため、急遽戸田恵子に変更された[5]

ストーリー

声の出演

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ - 「ハロートゥモロー」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - すぎやまこういち / 歌 - 戸田恵子キャニオン・レコード
みんなのうた』でも1983年8月・9月に放送された。『スプーンおばさん』の「リンゴ森の子猫たち」と同じく映像はアニメ。この実績から、2008年にポニーキャニオンより発売された2枚組CD『決定盤 NHKみんなのうた』に収録されている。
エンディングテーマ - 「空から星が降りてくる」
作詞 - 山川啓介 / 作曲・編曲 - すぎやまこういち / 歌 - 高梨雅樹(キャニオン・レコード)

各話リスト

話数 放送日 サブタイトル
1 1983年
11月8日
子鹿に会った日
2 11月15日 鳥になった親友
3 11月22日 ぼくたちの先生
4 11月29日 町から森へ
5 12月6日 世界一小さな教室
6 12月20日 雨の日が日曜日
7 1984年
1月10日
家出犬ダッシュ
8 1月17日 大きな木の小さな家
9 1月24日 トゥインク先生馬にのる
10 1月31日 イノシシ坊や
11 2月7日 ぼくのおとうと
12 2月14日 瞳のなかの風車
13 2月21日 出席をとられたフラッグ
14 2月28日 二人の残されぼうず
15 3月6日 ハシカをありがとう
16 3月13日 生き返りパーティー
17 4月3日 ボストンからの宿題
18 4月10日 ボストンだってアメリカだ
19 4月17日 小さなふたりの大学生
20 4月24日 夢のなかの噴水
21 5月8日 ボストン発フラッグゆき
22 5月15日 バックにいさんのネックレス
23 5月22日 いたずらフラッグ
24 5月29日 エラリーのペット
25 6月5日 まぼろしの隣の家
26 6月12日 町からきた少年
27 6月26日 雨を呼ぶポスト
28 7月3日 あらしの中の3人
29 7月10日 小さな冒険旅行
30 7月17日 ぼくがあにきでおとうとで
31 7月24日 森の花嫁さん
32 7月31日 オオカミになったお父さん
33 8月14日 十二匹の子熊
34 8月28日 消された贈りもの
35 9月4日 スルーフットとの対決
36 9月11日 ひとりオオカミ
37 9月18日 十一歳の老犬
38 9月25日 母さんの演奏会
39 10月2日 ジョディが荒馬に乗った日
40 10月9日 大人になりたくない
41 10月16日 エラリーに春の風
42 10月30日 フラッグと灰色の子ギツネ
43 11月13日 夜空の太陽
44 11月20日 ぼくたちは名付け親
45 11月27日 さよならの汽笛
46 12月4日 よろこび二倍 かなしみ半分
47 12月11日 二歳からの親友
48 12月18日 幻のスペイン人
49 12月25日 消えたとうもろこし畑
50 1985年
1月8日
空かけるフォダウィング
51 1月22日 フォダウィングの贈り物
52 1月29日 虹のなかのフラッグ

書籍

脚注

  1. ^ “NHK放送のアニメ『子鹿物語』、心揺さぶる悲劇的な結末 もう見ることは難しい…”. マグミクス. https://magmix.jp/post/40210 2021年1月15日閲覧。 
  2. ^ 日本のCGヒストリー(CGプロダクションと国産3DCGハードウェア&ソフトウェア)”. EnhancedEndorphin. 2021年1月15日閲覧。
  3. ^ 大友克洋最新作『SHORT PEACE』公開記念(2)『GAMBO』安藤裕章監督インタビュー”. CGWORLD.jp (2013年8月16日). 2021年1月15日閲覧。
  4. ^ “子鹿物語”. 月刊OUT 1983年11月号 (みのり書房): 39. 
  5. ^ 野沢雅子 (1995). ボクは、声優。. オプトコミュニケーションズ. ISBN 978-4072178867 
  6. ^ a b c 実写映画版の日本語吹替でも同役を担当した。

関連項目

NHK総合 火曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
子鹿物語
自然ナイスキャッチ