孔慶東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孔 慶東
生誕 (1964-09-22) 1964年9月22日(53歳)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国 黒竜江省ハルビン市
住居 北京市
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
民族 漢族
出身校 北京大学
職業 北京大学教員、作家
政党 中国共産党
孔慶東
各種表記
繁体字 孔慶東
簡体字 孔庆东
拼音 Kǒng Qìngdōng
英語名 Kong Qingdong
テンプレートを表示

孔慶東(こう けいとう、1964年9月22日—)は、中華人民共和国の作家。現在は北京大学の教授。研究分野は、中国現代文学。孔子の第73代子孫[1][2]孔子平和賞選考委員[3]

経歴[編集]

1964年9月22日、黒竜江省ハルビン市に生まれた。本籍地は山東省費県

ハルビン市第三中学を卒業した後、北京大学中文系に入学、銭理群·厳家炎に師事。1996年、北京大学中国語文学博士課程修了。

2005年、中国中央テレビのレクチャー番組「百家講壇」で『孔慶東看武侠小説』などの講師を務めた。[4]

2012年に、中国人の香港地下鉄車内でマナーが指摘され、「香港人は犬」とののしる場面があった。これを孔慶東香港人侮辱事件中国語版という。これに対して、香港ではデモが行われた。[5][6][7]

現職は北大中文系教授。

著書[編集]

  • 『青楼文化』、1995年、中国経済出版社
  • 『超越雅俗:抗戦時期的通俗小説』、1998年、北京大学出版社
  • 『誰主沉浮:1921年的文学』、1998年(合著)、山東教育出版社
  • 『空山瘋語』、2000年、中国映画出版社
  • 『自己的園地:関於周作人』、2000年、北京広播学院出版社
  • 『中国現代文学史』、2000年(合著)、中国人民大学出版社
  • 『井底飛天』、2001年、中国社会科学出版社
  • 『独立韓秋』、2002年、京華出版社
  • 『黒色的孤独』、2003年、中国友誼出版公司
  • 金庸評伝』、2004年、鄭州大学出版社
  • 『口号万歳』、2004年、華齢出版社
  • 『酔眼看金庸』、2005年、中国社会科学出版社
  • 『四十不坏』、2005年、華文出版社
  • 『孔慶東看武侠小説』、2005年、中国国際電視総公司
  • 『20世紀中国通俗文学史』、2005年(合著)、高等教育出版社
  • 『笑書神侠』、2006年、中国海関出版社
  • 『江湖·侠客·情:走进金庸的笑傲江湖』、2007年、北京師範大学出版社
  • 『正説魯迅』、2007年、中国海関出版社
  • 『膾炙英雄』、2009年、重慶出版社
  • 『千夫所指』、2009年、中国長安出版社
  • 『无限江山』、2011年、雲南人民出版社
  • 『国文国史三十年』、2011年、中華書局

脚注[編集]