存在のない子供たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
存在のない子供たち
کفرناحوم
監督 ナディーン・ラバキー
脚本
  • ナディーン・ラバキー
  • ジハード・ホジェイリ
  • ミシェル・ケサルワニ
  • ジョルジュ・カッバス (共同)
  • ハーレド・ムザンナル (共同)
製作
製作総指揮
  • キャンディス・アベラ
  • レイ・バラカット
  • ジョスリン・バーンズ英語版
  • ダニー・グローヴァー
  • ジェイソン・クリオット英語版
  • チャディ・イーライ・マター
  • フアド・ミカティ
  • アイラ・リスク
  • サメール・リスク
  • スーザン・ロックフェラー英語版
  • アクラム・サファフランス語版
  • ウィサーム・スマイラ
  • シルヴィオ・シャリフ・タベット
  • ジョアナ・ヴィチェンテ英語版
音楽 ハーレド・ムザンナル
撮影 クリストファー・アウン
編集 コンスタンティン・ボック
製作会社 Mooz Films
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス[1]
日本の旗 キノフィルムズ
公開 フランスの旗 2018年5月17日 (CIFF)
レバノンの旗 2018年9月20日
日本の旗 2019年7月20日
上映時間 126分[2]
製作国 レバノンの旗 レバノン
言語
製作費 US$4 million
興行収入 US$68.6 million[3]
テンプレートを表示

存在のない子供たち』(アラビア語: کفرناحوم‎)は、ナディーン・ラバキー監督による2018年のレバノンのドラマ映画である。脚本はラバキー、ジハード・ホジェイリ、ミシェル・ケサルワニ、ジョルジュ・カッバス、ハーレド・ムザンナルにより執筆された。映画では本物のシリア難民英語版であった子役のゼイン・アル・ラフィーア英語版ベイルートのスラム街に住む12歳少年を演じている。映画はエチオピア移民であるラヒルとその息子のヨナスとの出会いを含むザインの人生に焦点を当てた回想形式で語られ、子供達が直面する様々な問題が描かれる。

2018年5月17日に第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映された後に15分のスタンディング・オベーションを受け[4][5][6]審査員賞を獲得した[7][8]。北米及び中南米での配給権のラバキーの前作『私たちはどこに行くの?』と同じくソニー・ピクチャーズ・クラシックス、国際配給権はワイルド・バンチが獲得した[9]

この映画のラバキーの演出、アル・ラフィーアの演技、「ドキュメンタリーのようなリアリズム」は批評家に絶賛され[10]、『ニューヨーク・タイムズ』とマノーラ・ダルジス英語版A・O・スコットは2018年の最高の映画の1つとして挙げた[11]。また第91回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた[12]

『存在のない子供たち』はアラブ映画及び中東映画としては史上最高額を売り上げており、製作費400万ドルに対して全世界の興業収入は6800万ドル以上に達した。最も売れた市場は中国であり、5400万ドル以上に達した。

プロット[編集]

キャスト[編集]

第71回カンヌ国際映画祭のキャストと監督
  • ゼイン - ゼイン・アル・ラフィーア英語版
  • ラヒル - ヨルダノス・シフェラウ
  • ヨナス - ボルワティフ・トレジャー・バンコレ
  • スアード - カウサル・アル・ハッダード
  • セリーム - ファーディー・カーメル・ユーセフ
  • サハル - シドラ・イザーム
  • アスプロ - アラーア・シュシュニーヤ
  • ナディーン - ナディーン・ラバキー

製作[編集]

脚本・監督のナディーン・ラバキーは映画の構想について次のように述べている:

結局のところ、...子供たちは私たちによる紛争、戦争、システム、愚かな決断、そして政府に本当に高い代償を払っている。私は問題について語る必要性を感じ、そしてこの子供たちが話すことができれば、表現することができれば、彼らは何を言うだろうかと考えた。彼らは自分たちを無視する社会について、私たちになにを言うだろうか?[13]

映画の製作費は400万ドルである[14]。プロデューサーのハーレド・ムザンナル英語版は予算を増やすために自宅の住宅ローンを借りた[15]

ベイルートのスラム街に8年住むシリア難民のゼイン・アル・ラフィーア英語版は撮影中は12歳であった[16][17]。アル・ラフィーアが演じるゼインは彼にちなんで名付けられた[13]。出演者の多くは新人であり、ラバキーは「大画面でのリアルな闘争のために必要だった」と説明した[15]。アル・ラフィーアはスラム住みの難民としての自身の経験を映画の台詞作りに反映された[18]

女優でもあるラバキー自身も出演しているが小さな役割に留まり、新人俳優たちを中心とすることを望んだ[19]。撮影は6ヶ月に及んで12時間のカットとなり、そこから2年以上にわたって編集作業が行われた[16]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは155件の批評家レビューで支持率は90%となった[10]。またMetacriticでは33件の批評家レビューで加重平均値は75/100となった[20]

ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは2018年最高の映画で9位に選び、「ベイルートのスラム街や貧民街での迷子の冒険を描いたこの悲惨で多忙な物語でナチュラリズムとメロドラマが出会う。(中略)ラバキーは最大の絶望の瞬間でさえ人々が持つ活気、闘志、ユーモアが失われないことを示している」と評した[11]。『バラエティ』のジェイ・ワイスバーグは『存在のない子供たち』が、「知性と心」をその争点にもたらすラバキーの演出を大幅に改善したと評した[21]。『ハリウッド・リポーター』のレスリー・フェルペリンは映画を効果的なメロドラマであると評した[22]Vulture.com英語版のエミリー・ヨシダはアル・ラフィーアを「驚くべき、忘れられない存在」と評し、また中絶について言及されていないが「私が今まで見た中で最も強力なプロチョイス映画の1つ」と解釈した[23]

一方で否定的な反応も一部にあり、『The A.V. Club英語版』のA・A・ダウドは「ドラマのためにノンストップで苦難が押し寄せ、あらゆる瞬間で涙を乞われる悲劇の山盛り」と評した[24]。『IndieWire英語版』のデヴィッド・エールリヒは「深刻な誤算の羅列によって希薄化(そして最終的に失敗)したソーシャル・リアリズム英語版の驚くべき作品」と評した[25]

興行収入[編集]

2019年5月26日時点で製作費400万ドルに対し全世界で6858万3867ドルを売り上げた[3][14]。これはアラブ映画英語版及び中東映画英語版としては歴代最高の成績であり[26]、またラバキーの前作『私たちはどこに行くの?』(2011年)の2100万ドルを大きく上回るものであった[27][28]

アメリカ合衆国及びカナダでは2018年12月14日に限定公開された[29]。アメリカ合衆国及びカナダでは166万1096ドル[30]、それ以外の国々で約6692万5000ドルを売り上げた[3]

中国では2019年4月29日に公開され[31]、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に次いで初登場2位となった[32]。『存在のない子供たち』は中国のソーシャルメディア(Douban英語版TikTokなどのプラットフォームを含む)での口コミもあってスリーパーヒットとなった[33]。2019年5月5日までに中国では2522万ドルを売り上げ[34]、海外作品としては『アベンジャーズ/エンドゲーム』に次いで2位の週末興行収入を記録した[35][36]。2019年5月16日までに中国では3億元(4400万ドル)を売り上げ[33]、中国興業でのサプライズヒットに発展した[37]。2019年6月29日までの中国での興行収入は5431万5148ドルに達している[3]

受賞とノミネート[編集]

第91回アカデミー賞外国語映画賞にはレバノン代表作として出品された[38][39]。2018年12月に最終選考9作品に残ったことが発表され[40]、さらに2019年1月に本戦ノミネートが確定した[12]

式典 部門 候補 結果 参照
アカデミー賞 2019年2月24日 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [41]
女性映画ジャーナリスト同盟英語版 2019年1月10日 非英語作品賞 ナディーン・ラバキー ノミネート [42]
女性監督賞 ノミネート
アジア太平洋映画賞 2018年11月29日英語版 監督賞 受賞 [43][44]
主演男優賞 ゼイン・アル・ラフィーア英語版 ノミネート
英国アカデミー賞 2019年2月19日 外国語作品賞 ナディーン・ラバキー、ハーレド・ムザンナル ノミネート [45]
英国インディペンデント映画賞 2018年12月2日英語版 国際インディペンデント映画賞 ナディーン・ラバキー、ジハード・ホジェイリ、ミシェル・ケサルワニ、ハーレド・ムザンナル、ミヒェル・メルクト ノミネート [46]
カルガリー国際映画祭英語版 2018年9月19日-30日 オーディエンス・フェイバリット賞 (米国/国際ナレーティブ作品) ナディーン・ラバキー 受賞 [47]
ファン・フェイバリット賞 受賞
カンヌ国際映画祭 2018年5月8日-19日 パルム・ドール ナディーン・ラバキー ノミネート [5]
審査員賞 受賞 [7]
エキュメニカル審査員賞 受賞
セザール賞 2019年2月22日英語版 外国映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [48]
シカゴ映画批評家協会 2018年12月8日英語版 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [49]
平和のための映画財団英語版 2019年2月11日 作品賞 ナディーン・ラバキー、ハーレド・ムザンナル、ミヒェル・メルクト 受賞 [50]
放送映画批評家協会賞 2019年1月13日 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [51]
FICFA英語版 2018年11月15日-23日 外国映画賞 ナディーン・ラバキー 受賞 [52]
観客賞 受賞
ゲント映画祭英語版 2018年10月8日-18日 北海観客賞 受賞 [53]
グローブ・ドゥ・クリスタル賞英語版 2019年2月4日 外国映画賞 ノミネート [54]
ゴールデングローブ賞 2019年1月6日 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [55]
国際アンタルヤ映画祭英語版 2018年9月29日-10月5日 男優賞 ゼイン・アル・ラフィーア 受賞 [56][57]
若手審査員賞 ナディーン・ラバキー 受賞
ロッテルダム国際映画祭 2019年1月23日-2月3日 IFFR観客賞 受賞 [58]
リーズ国際映画祭英語版 2018年11月1日-15日 観客賞 (フィクション作品) 受賞 [59]
メルボルン国際映画祭英語版 2018年8月2日-19日 観客賞 受賞 [60]
マイアミ国際映画祭英語版 2018年10月14日-18日 ジジ・ゲルモント観客賞 受賞 [61]
ミルバレー映画祭英語版 2018年10月3日-13日 観客賞 (世界映画) - 金賞 受賞 [62]
ノルウェー国際映画祭英語版 2018年8月 観客賞 受賞 [63]
サンディエゴ映画批評家協会 2018年12月10日英語版 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 次点 [64]
サン・セバスティアン国際映画祭 2018年9月21日-29日 観客賞 ナディーン・ラバキー 2位 [65]
サンパウロ国際映画祭 2018年10月18日-31日 観客賞 受賞 [66]
サラエヴォ映画祭 2018年8月10日-17日 観客賞 受賞 [67]
セントルイス映画批評家協会 2018年12月16日 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [68]
セントルイス国際映画祭英語版 2018年11月1日-11日 国際映画賞 ナディーン・ラバキー 受賞 [69]
ストックホルム国際映画祭 2018年11月7日-18日 脚本賞 ナディーン・ラバキー、ジハード・ホジェイリ、ミシェル・ケサルワニ、ジョルジュ・カッバス、ハーレド・ムザンナル 受賞 [70]
観客賞 ナディーン・ラバキー 受賞 [71]
ヴィリニュス国際映画祭英語版 2019年4月6日 観客賞 『存在のない子供たち』 受賞 [72]
ワシントンD.C.映画批評家協会 2018年12月3日英語版 外国語映画賞 『存在のない子供たち』 ノミネート [73]

参考文献[編集]

  1. ^ Keslassy, Elsa (2018年5月10日). “Sony Pictures Classics Nabs Nadine Labaki’s Palme d’Or Contender ‘Capernaum’”. Variety. 2018年5月17日閲覧。
  2. ^ Capernaum (2018)”. British Board of Film Classification. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ a b c d Cafarnaúm (2018) - Financial Information”. The Numbers. 2019年5月26日閲覧。
  4. ^ "Nadine Labaki’s ‘Capernaum’ Earns Massive Cannes Standing Ovation and Instant Palme d’Or Winner Predictions"”. 2019年8月19日閲覧。
  5. ^ a b The 2018 Official Selection”. Cannes. 2018年4月12日閲覧。
  6. ^ Cannes Lineup Includes New Films From Spike Lee, Jean-Luc Godard”. Variety. 2018年4月12日閲覧。
  7. ^ a b Steve, Pond (2018年5月19日). “‘Shoplifters’ Wins Palme d’Or at 2018 Cannes Film Festival”. SF Gate. 2018年5月19日閲覧。
  8. ^ Debruge, Peter (2018年5月19日). “2018 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. 2018年5月20日閲覧。
  9. ^ "‘Sony Pictures Classics Nabs Nadine Labaki’s Palme d’Or Contender ‘Capernaum’"”. 2019年8月18日閲覧。
  10. ^ a b Capernaum (Capharnaüm) (2018)”. Rotten Tomatoes. 2019年1月9日閲覧。
  11. ^ a b Best Movies of 2018”. The New York Times. 2019年2月27日閲覧。
  12. ^ a b Oscars 2019: The nominees in full”. BBC News. 2019年1月22日閲覧。
  13. ^ a b Grobar, Matt (2018年11月15日). “‘Capernaum’ Director On The High Price Children Are Paying For Society’s Mistakes — Awardsline Screening Series”. Deadline Hollywood. 2018年12月3日閲覧。
  14. ^ a b “Labaki’s film rights sold in 60 countries. Initial cost of Capharnaüm already covered”. BusinessNews.com.lb. (2019年5月12日). http://www.businessnews.com.lb/cms/Story/StoryDetails/6531/Labakis-film-rights-sold-in-60-countries 2019年5月12日閲覧。 
  15. ^ a b Staff (2018年11月21日). “'Capernaum' team on Cannes success and the importance of using non-professional actors”. The Los Angeles Times. 2018年12月3日閲覧。
  16. ^ a b Welk, Brian (2018年11月20日). “‘Capernaum’ Director Nadine Labaki Says Refugee Child Star Is Safe and Resettled (Video)”. The Wrap. 2018年12月3日閲覧。
  17. ^ “Child actor's journey from slums to stardom”. BBC News. (2019年2月20日). https://www.bbc.co.uk/news/av/entertainment-arts-47292484/from-slums-to-stardom-how-young-star-s-life-has-changed 2019年5月11日閲覧。 
  18. ^ “From Syrian refugee to Oscar nominee, ‘Capernaum’ star gets second chance at childhood in Norway”. Public Radio International. (2019年2月21日). https://www.pri.org/stories/2019-02-21/syrian-refugee-oscar-nominee-capernaum-star-gets-second-chance-childhood-norway 2019年5月18日閲覧。 
  19. ^ Ritman, Alex (2018年5月9日). “Cannes: Nadine Labaki on 'Capernaum' and Resisting the Lure of Hollywood”. The Hollywood Reporter. 2018年12月3日閲覧。
  20. ^ Capernaum (2018)”. Metacritic. 2019年1月15日閲覧。
  21. ^ Weissberg, Jay (2018年5月17日). “Film Review: ‘Capernaum’”. Variety. 2018年11月1日閲覧。
  22. ^ Felperin, Leslie (2018年5月17日). “'Capharnaum': Film Review Cannes 2018”. The Hollywood Reporter. 2018年11月1日閲覧。
  23. ^ Yoshida, Emily (2018年5月18日). “Prepare to Be Blown Away by the Child Actors in the Heartbreaking Capharnaüm”. Vulture.com. 2018年11月1日閲覧。
  24. ^ Dowd, A.A. (2018年5月18日). “The best movies of Cannes 2018, plus a serious Palme D’Or threat at the end of the festival”. Variety. 2018年11月1日閲覧。
  25. ^ Ehrlich, David (2018年5月18日). “‘Capernaum’ Review: Despite the Best Baby Performance Ever, Nadine Labaki’s Latest Is a Well-Intentioned Mess — Cannes 2018”. IndieWire. 2018年11月1日閲覧。
  26. ^ “'Capernaum' Director Nadine Labaki Celebrates $40M+ Chinese Box Office: "It's a Big Surprise"”. The Hollywood Reporter. (2019年5月16日). https://www.hollywoodreporter.com/news/capernaum-director-nadine-labaki-40m-chinese-box-office-1211193 2019年5月19日閲覧。 
  27. ^ “Lebanese filmmakers' movie 'Capharnaum' wins Jury Prize at Cannes Film Festival”. The Arab American News. (2018年5月25日). https://www.arabamericannews.com/2018/05/25/lebanese-filmmakers-movie-capharnum-wins-jury-prize-at-cannes-film-festival/ 2019年5月11日閲覧。 
  28. ^ Jr, Mike Fleming (2018年5月11日). “‘Capernaum’ Director Nadine Labaki Signs With CAA”. Deadline. https://deadline.com/2018/05/capernaum-director-nadine-labaki-signs-caa-1202388485/ 2019年5月11日閲覧。 
  29. ^ Cafarnaúm”. The Numbers. 2019年5月8日閲覧。
  30. ^ Capernaum (2018)”. Box Office Mojo. 2019年5月30日閲覧。
  31. ^ “Why Bollywood has failed to cash in on China market as trade deficit narrows - Global Times”. Global Times. (2019年5月3日). http://www.globaltimes.cn/content/1148324.shtml 2019年5月3日閲覧。 
  32. ^ Daily Box Office > China”. EntGroup (2019年4月29日). 2019年5月3日閲覧。
  33. ^ a b Shackleton, Liz (2019年5月16日). “How Nadine Labaki's 'Capernaum' became a $44m sleeper hit in China”. Screen. https://www.screendaily.com/features/how-nadine-labakis-capernaum-became-a-44m-sleeper-hit-in-china/5139472.article 2019年5月18日閲覧。 
  34. ^ Daily Box Office > China”. EntGroup (2019年5月5日). 2019年5月5日閲覧。
  35. ^ “'Avengers Endgame' nears global record with over $2 billion”. Houston Chronicle. (2019年5月5日). https://www.houstonchronicle.com/entertainment/article/Avengers-Endgame-nears-global-record-with-over-13820603.php 2019年5月5日閲覧。 
  36. ^ Kabboul, Tamarah. “Labaki’s Capernaum Ranks 2nd Top-Grossing Film in China Just After Avengers Endgame” (英語). www.the961.com. 2019年5月8日閲覧。
  37. ^ “INTERVIEW: Lebanese filmmaker Nadine Labaki on heading a Cannes jury and the surprise success of 'Capernaum' in China”. Arab News. (2019年5月23日). http://www.arabnews.com/node/1501206/art-culture 2019年5月27日閲覧。 
  38. ^ الثقافة: فيلم المخرجة لبكي "كفرناحوم" الى الأوسكار”. 14march.org (2018年9月18日). 2018年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月18日閲覧。
  39. ^ Kozlov, Vladimir (2018年9月18日). “Oscars: Lebanon Selects 'Capharnaum' for Foreign-Language Category”. The Hollywood Reporter. 2018年9月18日閲覧。
  40. ^ Academy Unveils 2019 Oscar Shortlists”. The Hollywood Reporter (2018年12月17日). 2018年12月18日閲覧。
  41. ^ Oscar Nominees” (2019年1月22日). 2019年1月22日閲覧。
  42. ^ 2018 EDA Award Nominees”. 女性映画ジャーナリスト同盟英語版. 2018年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  43. ^ 2018 APSA Nominees Announced”. Asia Pacific Screen Awards (2018年10月17日). 2018年10月24日閲覧。
  44. ^ Frater, Patrick (2018年10月29日). “'Shoplifters' Takes Top Prize at Asia Pacific Screen Awards”. Variety. 2018年11月29日閲覧。
  45. ^ Brown, Mark (2019年1月9日). “EE British Academy Film Awards Nominees in 2019”. British Academy Film Awards. 2019年1月9日閲覧。
  46. ^ Brown, Mark (2018年10月31日). “The Favourite dominates British independent film award nominations”. The Guardian. 2018年10月31日閲覧。
  47. ^ 2018 Audience & Fan Favourite Awards”. 2018年10月4日閲覧。
  48. ^ Liste des Nominations aux Cesar 2019”. César Award (2019年1月22日). 2019年1月23日閲覧。
  49. ^ 2018 Chicago Film Critics Association Awards”. Chicago Film Critics Association (2018年12月7日). 2018年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月7日閲覧。
  50. ^ Nominations 2019” (英語). Cinema for Peace Foundation. 2019年2月20日閲覧。
  51. ^ Harris, Hunter (2018年12月10日). “The Favourite, Black Panther Lead Critics' Choice Awards Nominations”. Vulture.com. 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月10日閲覧。
  52. ^ Les lauréats des Prix La vague 2018 sont dévoilés”. 2018年12月8日閲覧。
  53. ^ 'Capharnaüm' wins the North Sea Port Audience Award”. 2018年10月22日閲覧。
  54. ^ Les nominations pour Les Globes de Cristal 2019”. 2018年11月27日閲覧。
  55. ^ Staff (2018年12月6日). “'Vice,' 'The Assassination of Gianni Versace' lead 2019 Golden Globe nominations”. Los Angeles Times. 2018年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月6日閲覧。
  56. ^ @AntalyaFilmFestivali (2018年10月5日). "🍊 Genç Jüri Ödülü / Young Jury Award 🎬 Kefernahum / Capernaum" (ツイート) – via Twitter.
  57. ^ @AntalyaFilmFestivali (2018年10月5日). "🍊 En İyi Erkek Oyuncu / Best Actor 🎬 Zain Al Rafeea (Kefernahum / Capernaum)" (ツイート) – via Twitter.
  58. ^ @IFFR (2019年2月1日). "Congratulations to the winner of the IFFR Audience Award!" (ツイート) – via Twitter.
  59. ^ Capernaum wins the LIFF 2018 Audience Award for Best Fiction Feature”. 2018年11月16日閲覧。
  60. ^ MIFF 2018 Audience Awards”. 2018年9月25日閲覧。
  61. ^ Capernaum wins the Gigi Guermont Audience Award!”. 2018年10月15日閲覧。
  62. ^ MVFF41 Audience Favorite”. 2018年11月9日閲覧。
  63. ^ Awards presented at The 46th Norwegian International Film Festival”. 2018年9月26日閲覧。
  64. ^ 2018 San Diego Film Critics Society Award Winners”. San Diego Film Critics Society (2018年12月10日). 2018年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月10日閲覧。
  65. ^ City of Donostia / San Sebastian Audience Award”. SSIFF. 2018年10月4日閲覧。
  66. ^ 42ª Mostra de Cinema de SP: mulheres são as grandes vencedoras”. 2018年11月5日閲覧。
  67. ^ Audience Award of the 24th Sarajevo Film Festival”. Sarajevo Film Festival. 2018年9月25日閲覧。
  68. ^ Annual StLFCA Awards”. St. Louis Film Critics Association (2018年12月9日). 2018年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  69. ^ Green Book Wins Best Film, Capernaum, The Push Win Awards at 2018 St. Louis International Film Festival”. 2018年11月12日閲覧。
  70. ^ Stockholm Festival Winners Jasmin Mozaffari, Crystal Moselle Talk About Next Projects”. 2018年11月19日閲覧。
  71. ^ Här är vinnaren av årets publikpris”. 2018年11月21日閲覧。
  72. ^ Winners of the 24th Vilinus IFF”. ヴィリニュス国際映画祭英語版 (2019年4月6日). 2019年4月16日閲覧。
  73. ^ Marr, Rhuaridh (2018年12月3日). “'Roma,' 'A Star Is Born' lead winners at DC Film Critics awards”. Metro Weekly. 2018年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月4日閲覧。

関連項目[編集]