存採叢書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
續修東大寺正倉院文書

存採叢書』(ぞんさいそうしょ)とは、岡崎藩の儒者近藤瓶城が編纂した江戸時代までの日本の国史叢書。1885年(明治18年)ごろ、東京で刊行。和装活字本。

『存採叢書』初版の収録文献一覧 [1][編集]

通番 資料名 編著者 備考
1 6冊 『續修東大寺正倉院文書』
2 1冊 『新抄格勅符題十巻抄神諸家封戸一巻事』
3 1冊 『逸伝六種』
3 明細 『文應皇帝外記』 師錬
3 明細 『上宮皇太子菩薩傳』 思託撰
3 明細 『恒貞親王傳(残欠)』
3 明細 『菅家御傳記』 菅原陳経謹
3 明細 『橘逸勢傳』
3 明細 『藤原保則傳』
4 3冊 『真本曽我物語』
5 7冊 『帝王編年記』
6 1冊 『戴恩記』
7 6冊 『国造本紀考』
8 5冊 『皇居年表』
9 12冊 『和名抄諸国郡郷考』 富永春部撰
10 5冊 『御本日記附注・御本日記続録・御寫本譜 ; 慶長勅版考』
11 4冊 『松蔭之日記』 柳沢吉保正親町氏
12 1冊 『配所残筆』 山鹿甚五左衛門
13 1冊 『道之幸』 屋代弘賢
14 1冊 『屠竜工随筆』 百万先生遺稿
15 1 冊 『昔々物語』 財津種莢翁
16 1冊 『春湊浪話』 土肥経平著
17 2冊 『白河結城氏歴世事実』 広瀬典著
18 1冊 『寓簡』 無名氏編
19 15冊 『古今要覧稿』 屋代弘賢等撰
20 2冊 『水の一すじ』 吉田令世著
21 1冊 『国文句読考』 権田直助稿
22 5冊 『長等の山風』 伴信友稿
23 6冊 『比古婆衣』 伴信友稿
24 23冊 嬉遊笑覧 北村信節
25 5冊 『歴代和歌勅撰考』
26 9冊 『洽聞録』 無名氏編
27 4冊 『四述奇 : 附航海述奇』 清国長徳彜著
28 1冊 『時変吉凶』
29 1冊 『翁草』
30 1冊 『存採叢書目録』

注釈[編集]

  1. ^ 出典:東北文教大学 図書館 貴重書