孝愍皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

孝愍皇后(こうびんこうごう、? - 建文4年6月13日1402年7月13日))は、建文帝の皇后。姓は馬氏

経歴[編集]

鳳陽洪武帝の出身地)の人。光禄少卿の馬全の娘として生まれた。洪武28年(1395年)、皇太孫朱允炆(のちの建文帝)の妃となった。

建文元年あるいは洪武32年(1399年)、建文帝が即位し、皇后に立てられた。靖難の変で建文5年(1402年)に燕王(永楽帝)軍が南京を陥落させた際、皇后は自ら火中に身を投じて亡くなった。

没後、庶人に追降した。南明において、孝愍温貞哲睿粛烈襄天弼聖譲皇后が贈られた。

子女[編集]

  • 朱文奎(太子)

伝記資料[編集]

  • 『明太宗実録』
  • 『南明史』