孝懿李皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
孝懿荘皇后李氏

李皇后(りこうごう、? - 嘉靖37年4月13日1558年4月30日))は、隆慶帝の最初の正室(即位前に没した)。孝懿荘皇后(こういそうこうごう)とされた。

経歴[編集]

昌平の庶民であった李銘の娘として生まれた。嘉靖32年(1553年)2月、裕王朱載垕(のちの隆慶帝)にとつぎ、裕王妃となった。夫婦仲は良く、世子と長女を産んだ。嘉靖37年(1558年)4月、李氏は早世した。2人の子供も早世した。

隆慶帝が即位すると、孝懿皇后の諡号を追贈された。父の李銘が伯爵(徳平伯)に封じられ、男子が皇太子に、女子が公主に追封された。その後、夫の諡を重ねて「孝懿貞恵順哲恭仁儷天襄聖荘皇后」と加諡された。

子女[編集]

  • 朱翊釴(憲懐太子)
  • 蓬莱公主

伝記資料[編集]

  • 『明世宗実録』
  • 『明穆宗実録』