孝橋謙二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

孝橋 謙二(こうはし けんじ、1908年(明治41年)3月17日 - 没年不詳)は俳人文芸評論家大阪市出身。

東京帝国大学文学部宗教学科2年中退。 1940年10月、与謝野鉄幹与謝野晶子の長女の八峰(やつお、1907年3月生)と結婚。 戦時中は日本交通公社に勤め、戦後は一時出版業に従事した。

俳誌「さつき」(黒岩漁郎)による。1938年より「現代俳句作家論」を書き俳句評論家として登場した。戦後、現代俳句協会の設立に参加。1948年「天狼」(山口誓子主宰)の創刊に参加。また「氷海」(秋元不死男主宰)の創刊に参加。1957年「天狼」脱退。「萬緑」(中村草田男主宰)に同人参加。

1947年、桑原武夫の「第二芸術論」への反論(山口誓子・中村草田男・西東三鬼日野草城加藤楸邨等13名)を集めて『現代俳句の為に』(ふもと社)を編んだ。1952年の「内心のメカニズム」は論議を呼んだ。

1965年以降は俳壇から遠ざかった。没年は未詳[1]

出典[編集]

  1. ^ 『俳諧の詩学』280ページ

参考文献[編集]

主な著書[編集]

など。