孝正皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

孝正皇后(こうせいこうごう、1600年 - 1654年)は、の桂端王朱常瀛の継室で、南明永暦帝の嫡母。姓は王氏

経歴[編集]

崇禎年間に桂王朱常瀛と結婚した。崇禎16年(1643年)、張献忠の勢力を避け、朱常瀛と共に広西へ逃亡した。

孝正太后によるローマ教皇への救援要請。卜弥格がラテン語に翻訳。

1646年、永暦帝が南明の皇帝に即位すると、嫡母の王氏が皇太后に尊された。翌年、キリスト教の洗礼を受け、ヘレナ(Helena)の洗礼名をつけられた。明晰で決断のはっきりした人物として名高かった。

永暦5年(1654年)4月、崩じた。南寧に葬られ、孝正荘翼敦仁端天恵聖皇太后のが贈られた。

伝記資料[編集]

  • 『南明史』