孟宏偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
孟宏偉
Meng Hongwei.jpg
国際刑事警察機構総裁時代の孟宏偉(2017年11月7日)
プロフィール
出生: 1953年11月
出身地: 中華人民共和国の旗 中華人民共和国黒竜江省ハルビン
職業: 官僚、政治家
各種表記
繁体字 孟宏偉
簡体字 孟宏伟
拼音 Mèng Hóngweǐ
ラテン字 Meng Hongwei
テンプレートを表示

孟 宏偉(もう こうい、簡体字: 孟宏伟拼音: Mèng Hóngweǐ、仮名転写:モン・ホンウェイ、1953年 - )は、中華人民共和国の官僚、政治家。2016年11月より国際刑事警察機構(ICPO)総裁を務めたが、2018年10月7日付で辞任した。

経歴[編集]

1953年11月、中華人民共和国黒竜江省ハルビンに生まれ、北京大学法学部を卒業した[1]。1975年6月に中国共産党に入党[2]。卒業後中華人民共和国公安部に入り、公安部部長助理兼交通管理局局長に昇進、2004年には副部長となった[1]。また、この年8月にはICPO中国局局長を兼務している[3]。2012年には、国家海洋局副局長、中国海警局局長を兼務した[3]。2016年11月10日、ICPO総会は全会一致で孟を国際刑事警察機構総裁に選出した[4]。この際、台湾中華民国)の参加申請がICPOから拒否された他[5][6]、孟はチベット自治区での人権弾圧とパンチェン・ラマ10世の不審死や2015年の人権派弁護士の大量逮捕にも関わったと中国の反体制派から批判されていた人物であるため[7][8][9][10][11][12]、孟の総裁就任にはアムネスティヒューマン・ライツ・ウォッチなどからICPOの政治利用を懸念する声があがった[13][14][15]。米国に事実上亡命した富豪・郭文貴国際手配の際は中国による政治利用を指摘された[16]。2017年9月に北京で開かれたICPO総会では習近平国家主席総書記とともに基調演説を行った[17][18]

失踪[編集]

2017年12月、国家海洋局副局長と中国海警局局長を解任され[3][2]、2018年1月の第13期中国人民政治協商会議には選出されたものの[19]、2018年4月には中国共産党公安委員会委員を解任された[3][1][2]

孟が最後に妻に送った刃物の絵文字

フランスから一時帰国中の2018年9月に消息不明となり、SNSや電話を通じた脅迫を受けていたことを知らされていた妻によりフランス当局に通報された[20][21][22]。失踪直前には動物の画像と刃物の絵文字で家族に危険が迫っていることを知らせており、妻はフランス警察の保護下で顔を隠して会見に応じた[23]

失踪はフランス国内で発生したものではないと判断され、ICPOは両国間の問題として不干渉を表明する一方[24][21][22]、中国政府に説明を要求した[25]。10月7日に党中央規律検査委員会国家監察委員会により取り調べ対象となっていることが明らかとなった後、辞任が伝えられた[26][27]中華人民共和国公安部は「反腐敗運動」の一環として「法律の前で特権や例外はないことを明確に示した」と述べるも[28]、10日間超もICPOの照会を無視して辞任させた中国当局の国際基準から逸脱した恣意的な法執行が批判された[29]

2019年3月27日、中央規律検査委員会は収賄や職権乱用を含む違反行為を行ったとして孟を公職から追放し、党籍剥奪の上で刑事訴追する‪ことを発表した[30]。‬同年6月20日、天津市で行われた公判で約1446万人民元賄賂を受け取ったと指摘され、孟は事実であると認めた[31]

なお、孟の妻はフランス政府により亡命を認められ[31]オランダハーグ常設仲裁裁判所で孟を保護しなかったICPOを提訴した[32]

出典[編集]

  1. ^ a b c Missing Interpol president deeply rooted in China’s security”. AP通信 (2018年10月5日). 2018年10月8日閲覧。
  2. ^ a b c 中國確認國際刑警組織主席孟宏偉涉嫌違法正接受國家監委調查”. BBCニュース・オンライン (2018年10月7日). 2018年10月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 法国警方就国际刑警组织主席孟宏伟可能在中国失踪一事展开调查”. ボイス・オブ・アメリカ (2018年10月5日). 2018年10月8日閲覧。
  4. ^ Red alert: Doubts linger over Interpol’s Chinese boss ahead of Beijing meet”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト (2017年7月16日). 2019年4月9日閲覧。
  5. ^ “台湾の参加認めなかったICPO、総裁に中国の孟氏を選出”. 産経ニュース. (2016年11月10日). http://www.sankei.com/world/news/161110/wor1611100064-n1.html 2019年4月9日閲覧。 
  6. ^ “台湾、ICPO総会に参加できず 中国から圧力か”. 日本経済新聞. (2016年11月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H43_V01C16A1FF8000/ 2019年4月9日閲覧。 
  7. ^ “インターポール総裁の失踪劇 人権団体「暴政下、誰も安全ではない」”. 大紀元. (2018年10月11日). https://www.epochtimes.jp/2018/10/36916.html 2018年10月21日閲覧。 
  8. ^ 袁紅冰︰今日的西藏 就是明日的台灣Archived 2013-10-30 at the Wayback Machine., 《自由時報》, 2013-10-24
  9. ^ 專訪節目:袁紅冰教授談其著作《殺佛》揭中共暗殺班禪喇嘛, 西藏之聲, 2013-11-17
  10. ^ 袁红冰; 安乐业 (2013) (中国語). 《殺佛——十世班禪大師蒙難真相》. 亞太政治哲學出版. ISBN 978-986-89718-3-7. http://books.google.com/books?id=TayNoAEACAAJ. 
  11. ^ 《殺佛——十世班禪大師蒙難真相》選登, 2014-8
  12. ^ 巴卓法師談逝世25週年的十世班禪喇嘛,《國際西藏郵報》,2014-1-29
  13. ^ “インターポール総裁に初の中国人 人権団体は「悪用」懸念”. 読売新聞. (2013年1月6日). http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/national/20140106-OYT1T00556.htm 2014年1月8日閲覧。 
  14. ^ “インターポール総裁に初の中国人、「世界の治安維持に全力」”. CNN. (2016年11月11日). http://www.cnn.co.jp/world/35092007.html 2016年11月14日閲覧。 
  15. ^ “中国高官が総裁のインターポール「共産党に操られている」=米VOA”. 大紀元. (2018年5月8日). https://www.epochtimes.jp/2018/05/33015.html 2014年1月8日閲覧。 
  16. ^ “中国がインターポールを政治利用”. ニューズウィーク. (2017年5月8日). http://www.newsweekjapan.jp/magazine_special/2017/05/post-4.php 2017年5月11日閲覧。 
  17. ^ “All nations have right to be involved in global security, Xi Jinping tells Interpol meeting”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト. (2017年9月26日). http://www.scmp.com/news/china/policies-politics/article/2112944/all-nations-have-right-be-involved-global-security-xi 2017年9月27日閲覧。 
  18. ^ “ICPO孟宏偉総裁、「世界での法執行に向けて安全確保に取り組む」”. 中国国際放送. (2017年9月13日). http://japanese.cri.cn/20170911/54a41877-32fd-44bb-b4ec-d4a922d15533.html 2018年10月18日閲覧。 
  19. ^ 政协第十三届全国委员会委员名单发布 新闻出版界44人”. 新華社 (2018年1月24日). 2018年10月8日閲覧。
  20. ^ Kim Willsher (2018年10月7日). “Missing Interpol chief resigns as it emerges he is being held in China”. ガーディアン. 2018年10月8日閲覧。
  21. ^ a b Interpol chief Meng Hongwei vanishes on trip to China”. BBCニュース・オンライン (2018年10月5日). 2018年10月8日閲覧。
  22. ^ a b ICPOの中国人総裁、消息不明に フランス当局が捜査に着手”. CNN (2018年10月6日). 2018年10月8日閲覧。
  23. ^ China says Interpol chief suspected ‘of violating the law’”. News Corp Australia Network (2018年10月8日). 2018年10月8日閲覧。
  24. ^ 中国出身のICPO総裁が行方不明、母国で拘束か”. AFPBB (2018年10月6日). 2018年10月8日閲覧。
  25. ^ ICPO、孟総裁の行方不明で中国政府に説明要求”. AFPBB (2018年10月7日). 2018年10月8日閲覧。
  26. ^ 消息不明の孟宏偉ICPO総裁が「辞任」 刃物の絵文字で妻にメッセージも 身に危険か”. 産経新聞 (2018年10月8日). 2018年10月8日閲覧。
  27. ^ 行方不明の中国人ICPO総裁から辞表、妻に刃物の絵文字届く”. CNN (2018年10月8日). 2018年10月8日閲覧。
  28. ^ ICPO総裁辞任の孟氏を「収賄」で調査 中国公安省「周永康の害毒を粛清」”. 産経新聞 (2018年10月8日). 2018年10月8日閲覧。
  29. ^ “ICPO総裁 辞任を強いた中国の非常識”. 読売新聞. (2018年10月17日). https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20181016-OYT1T50127.html 2018年10月18日閲覧。 
  30. ^ “中国:インターポール前総裁の孟氏を共産党から除名、公職追放”. ブルームバーグ. (2019年3月27日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-27/PP0T8A6TTDS001 2019年3月28日閲覧。 
  31. ^ a b 日本放送協会 (2019年6月20日). “ICPO前総裁 中国で2億円余り収賄と検察側が指摘”. NHKニュース. 2019年6月23日閲覧。
  32. ^ 孟前総裁の妻、ICPOを提訴 「夫を保護せず」主張”. 産経ニュース. 産業経済新聞社 (2019年7月7日). 2019年8月28日閲覧。
  • ウィキメディア・コモンズには、孟宏偉に関するカテゴリがあります。