孟表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

孟 表(もう ひょう、435年 - 515年)は、中国南北朝時代軍人官僚は武達。本貫済北郡蛇丘県。

経歴[編集]

青州徐州北魏の手に落ちると、孟表は江南に渡り、南朝斉に仕えて馬頭郡太守となった。

494年(斉の建武元年、北魏の太和18年)、馬頭郡に拠ったまま北魏に帰順し、輔国将軍・南兗州刺史に任じられた。馬頭郡太守を兼ね、譙県侯の爵位を受け、渦陽に駐屯した。498年(太和22年)、斉の豫州刺史の裴叔業に渦陽を60日あまり包囲された。城中は食糧が尽き、朽ちた革や草木の皮や葉を食べて飢えをしのぎ、防戦につとめた。北魏の鎮南将軍王粛が義陽の包囲を解いて引き返し、渦陽の救援にやってくると、裴叔業は渦陽の包囲を解いて撤退した。

孟表は防戦の功により汶陽県開国伯に封じられた。征虜将軍・済州刺史に転じ、散騎常侍・光禄大夫の位を受けた。平西将軍の号に進んだ。宣武帝の末年、平東将軍・斉州刺史に転じた。515年(延昌4年)、死去した。享年は81。安東将軍・兗州刺史の位を追贈された。は恭といった。

子の孟崇が後を嗣ぎ、昌黎済北二郡太守に上った。

伝記資料[編集]