孟門県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中国地名の変遷
建置 南北朝時代
使用状況 元代に廃止
南北朝 定胡県
定胡県
定胡県
孟門県(628年)
定胡県(634年)
五代 定胡県
北宋/ 定胡県
南宋/ 孟門県
廃止

孟門県(もうもん-けん)は中華人民共和国山西省にかつて存在した県。現在の呂梁市柳林県北西部に相当する。

南北朝時代北周により設置された定胡県を前身とする。唐代になると620年武徳3年)に西定州の州治とされた。628年貞観2年)には孟門県と、634年には定胡県と改称された。1195年明昌6年)、金朝により孟門県と改称されたが、元代になると至元年間に廃止されている。